飼いやすく、美しい見た目をしていることから

観賞魚として人気のグッピー。

 

グッピーを飼育していると

他の魚と混泳させたくなる人も

いるかもしれません。

 

しかし、グッピーの混泳には

さまざまな注意点が存在します。

 

そこで今回は、

グッピーと混泳可能な魚の特徴、

また混泳不可な生き物について

ご紹介していきます。

 

グッピーと混泳させる魚選びのポイントは?

グッピーと他の魚を混泳をさせる際、

どのような点に気をつけて

選ぶと良いのでしょうか?

 

ここでは、グッピーとの混泳させるのに

向いている魚の特徴について

解説していきます。

 

活動する層が異なる魚

グッピーは水槽の中層から

上層にかけて泳ぐことが多いです。

 

もし混泳させる魚が同じ層で活動する種類だと

両者が頻繁に顔を合わせることに

なってしまいます。

 

広い海や川であれば問題ありませんが、

狭い水槽の場合、異なる種類と共存することは

魚たちにとってストレスとなるんです。

 

しかし、互いが互いに存在を認識する

機会が少なければ、混泳したとしても

魚たちに負担が少なくなりますね。

 

そのため、グッピーと混泳させるならば、

活動層が異なる、

底層魚を選ぶのが良いでしょう。

 

 

温厚な性格の魚

グッピーは大きなヒレを持つ小型の魚。

 

気性が荒い魚と混泳させると、

グッピーはヒレをつつかれたり

追われて弱ってしまうことがあります。

 

グッピーのような小さな魚は、

自然界では多くの魚に狙われます。

 

水槽内でむやみに攻撃されると、

それはやはり大きなストレスに

なってしまうのです。

 

このため混泳させる魚は、

グッピーに対し攻撃しないような

大人しい性格の種類がベストですよ。

 

 

大きさがグッピーと同じくらいの魚

実はグッピーは雑食性の魚で、

口に入るものならば他の魚であろうと

食べてしまいます。

 

だからといって混泳させる魚が大きすぎると、

逆にグッピーが食べられてしまうことも

考えられますね。

 

したがって、グッピーと混泳できる魚は、

グッピーとサイズが

同じくらいの種類に限られてきます。

 

ただし、草食性の魚であれば

グッピーよりサイズが大きくても

問題ありません。

 

グッピーと混泳させるおすすめ種類は?

続いて、グッピーと混泳できる

魚の種類をご紹介していきます。

 

コリドラス

ここで紹介する『コリドラス』

ナマズの仲間の魚です。

 

活動する層は水槽の底であるため、

グッピーとの混泳にぴったり。

 

性格も温厚で、グッピーに

攻撃してしまう心配もありません。

 

また、グッピーの食べ残しの餌を

食べてくれるため、

水槽を綺麗に保つことも可能ですよ。

 

 

コリドラスピグミー

 

参照元:クログ水草水槽

続いて紹介するのは、

上記のコリドラスの一種である

『コリドラスピグミー』です。

 

コリドラスピグミーは

最大でも3センチほどにしかならない、

小さな魚です。

 

グッピーとの体格差が

あまりありませんから、

混泳に向いていますよ。

 

また、コリドラスピグミーの活動層は

底層であるため、グッピーと

鉢合わせする機会も少ないです。

 

性格も温厚ですので、

グッピーの混泳相手として最適でしょう。

 

 

ネオンテトラ

続いて紹介する『ネオンテトラ』は、

鮮やかな見た目をしている魚です。

 

サイズは3センチくらいで、

適した水温や水質がグッピーと似通っており、

混泳させやすいです。

 

ただし、ネオンテトラは

群れで生活する魚。

 

混泳させるときはグッピーと半々か

それ以上の数を飼育することが推奨されています。

 

 

プレコ

 

『プレコ』はコリドラスと同様、

水槽の底を泳ぐ底層魚。

 

水槽の掃除屋としても

活躍してくれる種類です。

 

コリドラスと同じナマズ科の魚であり

生態も似ているためこちらも

グッピーとの混泳に向いていますよ。

 

このプレコは体の大きな魚との混泳には

向いていませんが、

グッピーならば問題ありません。

 

ちなみにプレコには体の大きさが異なる

さまざまな種類がいますが、

その中でグッピーと混泳させやすいのは、

小さな種類のプレコです。

 

 

メダカ

 

次に紹介するのが、

おなじみの『メダカ』

 

メダカとグッピーは体の大きさや

生態が似通っているため、混泳可能です。

 

ただしメダカはグッピーに

餌を取られて栄養不足に

陥ってしまう場合もあります。

 

グッピーは水に浮く餌を食べるため、

メダカ用に沈下性の餌を

用意すると良いでしょう。

 

 

ヤマトヌマエビ

 

こちらは魚ではなくエビの仲間の

『ヤマトヌマエビ』です。

 

ヤマトヌマエビは体長5センチほどであり、

グッピーを攻撃するほどの

殺傷力を持ったハサミはありません。

 

よって、グッピーと

混泳させることが可能なエビです。

 

 

イシマキガイ

石巻貝

 

続いて紹介するのが

『イシマキガイ』という貝の仲間です。

 

イシマキガイは当然

グッピーを襲うこともありません。

 

コケを食べてくれるため、

水槽を綺麗に保つことができます。

 

グッピーだけでなく、

さまざまな魚との混泳に

向いている生き物ですよ。

 

 

ヒメタニシ

 

ヒメタニシ

 

最後にご紹介するのが、

『ヒメタニシ』です。

 

ヒメタニシもイシマキガイと同様、

水槽の掃除屋として活躍してくれるので、

ぜひ混泳させたい生き物です。

 

このヒメタニシは他の貝とは違い、

濾過摂食という機能を持つため、

水質浄化の役目も果たしてくれます。

 

グッピーの水槽を綺麗にしたい、

という場合には特に

このヒメタニシがおすすめですよ。

 

 

 

グッピーと混泳させるのに向かない種類は?

続いてはこれまでとは真逆である、

グッピーとの混泳に向かない

種類について見ていきましょう。

 

ベタ

 

『ベタ』といえば大きなヒレと

美しい色が特徴の観賞魚ですね。

 

しかしベタは気性が荒く

縄張り意識が強いため、

グッピーとの混泳はできません。

 

混泳させてしまうと

グッピーが攻撃されて弱ってしまいます。

 

 

エンゼルフィッシュ

 

エンゼルフィッシュ

 

こちらの『エンゼルフィッシュ』

観賞魚としては有名ですが、

グッピーとの混泳は不可。

 

なぜなら、意外にも気性が荒く、

グッピーを追いかけ回したり

ヒレをつついたりする危険性があるためです。

 

また、エンゼルフィッシュは

肉食の魚であるため、

体の小さなグッピーを

食べてしまう恐れもありますよ。

 

 

金魚

ペットとしてメジャーな『金魚』も、

グッピーとの混泳には不向き。

 

金魚はグッピーよりもサイズが大きいため、

グッピーを食べてしまうからです。

 

また、金魚が小さくても

グッピーのヒレをつついたりするので、

混泳は避けた方が良いでしょう。

 

 

ビーシュリンプ

 

エビの仲間である

『ビーシュリンプ』も、

残念ながらグッピーとの混泳には

向いていません。

 

ビーシュリンプは体が小さいエビであるため、

稚エビはグッピーに

食べられてしまうことでしょう。

 

しかし大人のエビであれば

食べられる可能性は低いです。

 

ビーシュリンプの繁殖を

考えていなければ、

混泳させても大丈夫ですよ。

 

 

グッピーと混泳させる時におすすめな用品は?

グッピーを混泳させるとき

どのようなアイテムを

用意しておくと良いのでしょうか?

 

続いて、グッピーと

ほかの生き物を混泳させるとき

おすすめな用品についてご紹介していきます。

 

90センチ水槽がおすすめ!

 

まず初めに紹介するのが

大型90センチ水槽です。

 

グッピーは小さな魚ですから

小さめの水槽でも飼育することはできますが、

他の魚と混泳させるときは

小さい水槽は避けるべきです。

 

なぜなら、水槽が小さければ小さいほど

他の魚とグッピーの生活圏が被ってしまうから。

 

そうなるとケンカが発生することもありますし

そうでなくともストレスが溜まりやすいです。

 

従って、グッピーを混泳させる場合は

90センチ以上の大きさの水槽を

用意するようにしましょう。

 

 

アヌビアスナナがおすすめ!

アヌビアスナナ

 

続いて紹介するのが

”アヌビアスナナ”という水草の商品です。

 

グッピーを他の魚と混泳させるときは

ぜひ水草を用意してあげてください。

 

水草を水槽に入れると

グッピーが身を隠すことができます。

 

また、他の魚の姿が

見えにくくなるため、

ストレスを感じにくいでしょう。

 

水草の中でも”アヌビアスナナ”を

おすすめする理由は

アヌビアスナナが丸い葉をしているため。

 

丸い葉であれば

グッピーの長いヒレが

絡まりにくいからです。

 

グッピーを混泳させるときは

グッピーに優しいアヌビアスナナを

選んであげてくださいね。

 

 

マツモがおすすめ!

マツモ

 

続いて紹介するのが

”マツモ”という水草の商品です。

 

こちらも先ほどの”アヌビアスナナ”と同様に、

グッピーたちの隠れ家となるアイテムです。

 

マツモは成長スピードが

非常に早いことが特徴。

 

草食性の強い魚の

おやつにもなります。

 

その他にもメダカの産卵床となるなど、

グッピー以外の魚にとっても良い水草が、

マツモなんです。

 

このように、混泳させる魚の種類に合わせて

水草も探してみてくださいね。

 

 

流木がおすすめ!

シェルター1

 

次に紹介するのが

水槽レイアウトにもなる流木です。

 

流木も、グッピーやそのほかの魚の

隠れ家になります。

 

グッピーが安心して暮らすために

ぜひ用意してもらいたいアイテムですね。

 

使用する流木は本物の木でも

人工の物でも構いません。

 

特におすすめな流木の商品は

”スドー”から販売されている

『かくれ流木 L』です。

 

トンネル状となっているため

グッピーや魚たちがくぐって

遊ぶ姿が見られるでしょう。

 

人工物ですがとてもリアルな質感の商品ですから

スタイリッシュな水槽を作れますよ。

 

 

メダカ用には沈下性の餌がおすすめ!

 

最後にご紹介するのが、

メダカとグッピーを混泳させるときに

おすすめな沈下性の餌です。

 

グッピーとメダカを混泳させる場合

餌やりがポイントとなってきます。

 

グッピーは人懐っこいため

人間が餌をやるとすぐに近寄って

餌を食べます。

 

一方、メダカは臆病なことから物陰に

隠れてしまうこともしばしば。

 

このため、メダカが餌を食べられず

弱ってしまう事態が発生します。

 

それを避けるため、

メダカ用に沈下性の餌を

用意してあげてください。

 

グッピーは水面に浮いた餌を食べるため

餌を変えることで

どちらにも餌が行き届きます。

 

グッピーだけでなく混泳させる魚も

しっかりと餌が食べられるような

配慮をしてあげてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

さて、今回はグッピーの

混泳事情について見ていきました。

 

グッピーだけでなくさまざまな魚が

仲良く泳ぐ姿を見てみたい!

という方も多いと思いますが、

すべての魚とグッピーが

混泳できるわけではありません。

 

混泳可能な種類を知り、

グッピーたちにとって

良い環境を提供してあげて下さいね!

 

以上、『グッピーと混泳できる魚やエビ、貝の種類って?相性が悪い種類もご紹介!』の記事でした!