熱帯魚の入門種としても知られる

ネオンテトラは、温厚な性格を持つことから

多くの魚や貝、エビとの混泳が可能です。

 

しかし、中には一緒に飼育することで

ネオンテトラを危険な目に遭わせるものも

少なからず存在するため、

混泳させる生物を選ぶときは注意が必要。

 

この記事では、ネオンテトラとの混泳に

おすすめな魚、貝、エビを紹介するとともに

相性が悪い種類についてもお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク





 

ネオンテトラと混泳できる魚選びのポイントは?

ネオンテトラと混泳させる生物は

数多くありますが、どのような点に注意して

強制する魚選びをすれば良いのでしょうか?

 

以下にネオンテトラと混泳させる魚を選ぶ

際、初心者の方にも参考になる、

失敗しない為の魚選びのポイントを

3つ紹介していきます。

 

ネオンテトラと同じ大きさの魚を選ぶ!

 

ネオンテトラと混泳させる魚を選ぶ場合、

大きさがあまりに異なるものは避け

同程度のものを選ぶようにしましょう。

 

ネオンテトラの体長は3cm程度ですので

中型~大型の熱帯魚と混泳させると

餌にされてしまう可能性があります。

 

 

縄張り意識の強い魚は避ける!

ネオンテトラ

 

ネオンテトラは群れを作って

水槽の中層域を泳ぎ回る習性があります。

 

そのため縄張り意識の強い魚は

自分のテリトリーを侵害されたと感じて

攻撃的になってしまう恐れがあるのです。

 

こうなると、

縄張りを害されたと感じた魚も

追いかけられるネオンテトラも

ストレスを感じるため、

縄張り意識の強い魚との混泳は

避けるようにしましょう。

 

 

遊泳能力が高い種類を選ぶ!

ネオンテトラは遊泳能力が高く、

餌に対する反応も優れるため、

動きが遅い魚は餌を食べることができずに

飢えてしまうことがあります。

 

また、水槽の下層で生活する魚に

餌が行き渡らない可能性もあるため、

動きの遅い魚や食べ残しを餌とする魚と

混泳させる場合は、

全員が餌を食べられているのか

注意するようにしましょう。

 

スポンサーリンク





 

ネオンテトラと混泳させるおすすめ魚!エビや貝の種類は?

ネオンテトラと混泳させることができる

生物は多く存在しますが

具体的にはどのようなものがよいのでしょうか?

 

以下にネオンテトラと混泳させるのに

おすすめな魚、貝やエビを7種類紹介して

いきます。

 

プラティ

プラティ

 

最初に紹介するネオンテトラとの混泳に

おすすめの種はプラティです。

 

温厚な性格で丈夫なプラティは、

ネオンテトラ同様に

初心者でも飼育可能な熱帯魚のひとつ

 

外見もミッキーマウス

パンダといったように

可愛らしいものが多く、人気の種ですが

繁殖力が高く、増えやすいので

繁殖は計画的に行うように注意しましょう。

 

 

コリドラス

コリドラス

 

2番目に紹介するネオンテトラとの混泳に

おすすめの種はコリドラスです。

 

水底で餌の食べ残しなどを

栄養にするコリドラスは、

非常に穏やかな性格をしていることから

多くの生物と混泳することが可能ですよ。

 

生活域が異なることから

ネオンテトラとも混泳ができますが、

ネオンテトラが全て水面の餌を

食べてしまった場合は、

コリドラスまで餌が

行き渡らないことがあります。

 

そのため、沈下性のタブレットなどの餌を

用意するといいでしょう

 

 

石巻貝

イシマキガイ

 

3番目に紹介するネオンテトラとの混泳に

おすすめの種は石巻貝です。

 

ネオンテトラには貝を突いて攻撃するといった

習性がないため、石巻貝を始め

様々な貝類との混泳が可能です。

 

特に石巻貝は汽水で増えるために

水槽内で数が増えすぎる心配がないので

おすすめですよ。

 

 

レッドファイヤー・シュリンプ

レッドファイヤーシュリンプ

4番目に紹介するネオンテトラとの混泳に

おすすめの種はレッドファイアー・シュリンプです。

 

ネオンテトラは小型のエビを襲う習性がなく

小型のエビもネオンテトラに干渉しないため

問題なく混泳が可能ですよ。

 

レッドファイアー・シュリンプ以外でも

ミナミヌマエビヤマトヌマエビ

少し大型のロックシュリンプとも共生ができます。

 

 

カージナルテトラ

カージナルテトラ

 

5番目に紹介するネオンテトラとの混泳に

おすすめの種はカージナルテトラです。

 

ネオンテトラと同じく、

カラシンの仲間であるカージナルテトラや

ホワイトダイヤモンド・ネオンテトラは、

性格も穏やかで体も丈夫なため

問題なく混泳ができます。

 

ただ、同じ小型のカラシンでもブルーテトラは

縄張り意識が強く、攻撃的な面を持つため

ネオンテトラとの混泳は避けるようにしましょう。

 

 

オトシンクルス

オトシンクルス

 

6番目に紹介するネオンテトラとの混泳に

おすすめの種はオトシンクルスです。

 

オトシンクルスは、水槽の壁面についた

苔を食べてくれることから、

水槽の掃除屋として人気の高い魚です。

 

温和でゆったりした性格ですので

ネオンテトラとの混泳も問題なく行えるでしょう。

 

水槽内に苔がなくなった場合は、

コリドラス同様に

水底に落ちた食べ残しを餌にするため

十分な食事が確保できていない様子ならば

沈下性のタブレットなどを

与える必要があります。

 

 

クーリーローチ

クーリーローチ

7番目に紹介するネオンテトラとの混泳に

おすすめの種はクーリーローチです。

 

クーリーローチもコリドラス同様に

水底で生活する習性があるため

ネオンテトラを含む様々な魚と生活域が被らず

上手に棲み分けをすることが可能です。

 

コリドラス同様に食べ残しが落ちてこないと

飢えてしまう可能性があるため

餌が足りていない様子であれば

沈下性のタブレットを与えるようにしてください。

 

スポンサーリンク





 

ネオンテトラとの混泳で相性の悪い種類は?

様々な種類の生物と

混泳ができるネオンテトラですが

相性が悪い生物も当然います。

 

以下にネオンテトラと混泳させるのに

向かない生物を4種類紹介していきます。

 

グラミー

ドワーフグラミー

 

最初に紹介する

ネオンテトラとの混泳に向かない種類は、

グラミーです。

 

グラミーは外見も美しいうえに

性格も穏やかで一見すると

ネオンテトラの混泳も可能に感じられます。

 

しかし、泳ぐのが遅いことから

ネオンテトラに餌を取られてしまい、

飢えてしまうことがあります。

 

お互いが攻撃しあうという心配はないので

絶対混泳ができないわけではありませんが

同居させるには注意が必要ですよ。

 

 

エンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュ

 

2番目に紹介する

ネオンテトラとの混泳に向かない種類は、

エンゼルフィッシュです。

 

エンゼルフィッシュは口に入るものを

なんでも食べてしまう習性があるため、

ネオンテトラ程度の大きさの小型の魚は

食べられてしまう危険があります。

 

ただ、エンゼルフィッシュを入れると

逃げようとするネオンテトラが群泳する様子が

見られるため、わざと混泳させることもあるそう。

 

ですが、それはネオンテトラにとって

非常にストレスを受ける行為ですので、

一緒に水槽には入れないでくださいね。

 

 

エンペラーテトラ

エンペラーテトラ

 

3番目に紹介する

ネオンテトラとの混泳に向かない種類は、

エンペラーテトラです。

 

ブルーテトラ同様、縄張り意識が強く

攻撃的な性格を持つエンペラーテトラ

ネオンテトラと混泳しない方が良いでしょう。

 

追い立てられるネオンテトラだけではなく、

エンペラーテトラ自身も縄張りを侵害されて

ストレスで弱ってしまう可能性があります。

 

 

金魚

金魚

 

4番目に紹介する

ネオンテトラとの混泳に向かない種類は、

金魚です。

 

どこのペットショップでも必ず販売されていて

入手しやすい金魚ですが

こちらも口に入ったものを

食べてしまう癖があるため、

ネオンテトラのような小型の魚との

混泳は避けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク





 

ネオンテトラと混泳させる時におすすめな物は?

ネオンテトラは丈夫な魚で

水質への対応能力も高いため、

飼育にもそこまで神経質になる必要がありません。

 

また、ネオンテトラと相性の良いカラシンや

ラスボラ、コリドラスや小型のエビも

飼育環境にうるさい種ではないので

水槽の立ち上げは比較的楽に行えるでしょう。

 

以下にネオンテトラを混泳させたい場合に

おすすめな飼育用品を5つ紹介していきます。

 

大きめの水槽

最初に紹介するネオンテトラの混泳に

おすすめは60cm幅の水槽です。

 

ネオンテトラ単体で飼育する場合は

30cmのキューブ水槽でも問題ありませんが

他にも複数の生物を飼育したい場合

45cmや60cmの水槽を用意した方が

魚にストレスがかかりません。

 

60cmのものを用意しておけば、

もし水槽内の魚が繁殖した場合も安心ですよ。

 

 

エアーポンプ

2番目に紹介するネオンテトラの混泳に

おすすめはエアーポンプです。

 

ネオンテトラは強い水流を好むこともあり

単体飼育の場合でも

エアレーションは必要です。

 

更に他の魚と混泳させる場合は酸素量が不足する

可能性も高いため、エアーポンプは

必ず用意するようにしてください。

 

パワーが強力で

静音性にも配慮されているポンプが

ネオンテトラのいる水槽におすすめですよ。

 

 

ヒーター

3番目に紹介するネオンテトラの混泳に

おすすめはヒーターです。

 

ネオンテトラにとっての適正水温は

25℃前後であるため、冬場はヒーターの利用が

必須となってきます。

 

水温が上昇しすぎると

アラームが鳴ったりと

安全に配慮した設計になっている

ヒーターがお勧めです。

 

 

水換え用のホース

5番目に紹介するネオンテトラの混泳に

おすすめは水換え用のホースです。

 

多種の魚が混泳している水槽では

どうしても糞や食べ残し、苔が原因で

水が汚れてしまいがちですので

定期的な水換えや掃除が必要となりますよね。

 

ポンプは排水機能だけではなく

底石の中に差し込めば、

砂利やソイルの中のゴミも

吸い上げてくれます。

水槽の掃除機として使うことができます。

 

水槽のレイアウトを崩すことなく

また水槽に魚を残したまま掃除ができるので

メンテナンスが楽にできますよ。

スポンサーリンク






この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

ネオンテトラは小型の魚やエビ、貝であれば

だいたいの種類と混泳できるほど

飼育しやすい熱帯魚です。

 

初めての熱帯魚にネオンテトラを選んだ方も

同じく穏やかで丈夫な魚であれば

比較的簡単に混泳を成功させられますので

是非混泳にチャレンジしてみてくださいね。

 

以上『ネオンテトラと混泳できる魚やエビ、貝の種類って?相性が悪い種類もご紹介!』の記事でした!

スポンサーリンク