グッピーは他の魚の稚魚と違って飼育しやすいので

熱帯魚を飼い慣れている方は

この飼育しやすさを気に入ってグッピーを飼う方もいます。

 

なぜ他の熱帯魚と比べて簡単かと言うと、

グッピーは卵を産卵するのではなく

稚魚を出産するタイプの魚なので繁殖が容易なんです。

 

しかしいくら簡単といっても

稚魚を上手に育てるにはそれなりのコツが必要。

 

今回はその中でもグッピーの餌をどのようなタイミングで

どんな種類与えればいいかをまとめていきます。

 

ぜひ最後までご覧になってくださいね。

グッピーの稚魚にはいつから餌を与えればいいの?

グッピーの稚魚エサやり

 

グッピーの稚魚は他の熱帯魚と違って

卵で生まれてくるのではなく、

稚魚の状態で出産されるので

生まれた状態でそこそこサイズがあります。

 

なので出産された段階で

色々な種類の餌を与えることができます。

 

最初はなにもあげない方がいいと

思ったという方もいますが実はその逆です。

 

生まれたらすぐお腹いっぱいご飯を食べさせてあげましょう。

 

生まれてきてすぐは今後の成長にも関わる期間ですので、

少し餌を与えすぎるくらいがちょうどいいです。

 

なので、グッピーの繁殖の時にはあらかじめ

餌を確保しておくようにしておきましょう。

 

 

 

グッピーに餌を与える時の注意点は?

グッピー1

 

グッピーの稚魚に餌を与える時に

注意するのはサイズです。

 

他の魚の稚魚に比べてサイズがあるとはいえ

大きすぎる餌は食べられません。

 

よく魚の餌にはフレークタイプのものが使用されていますが、

その他にもブラインシュリンプという餌がよく使用されます。

 

これは魚の食いつきが非常に良いですが、

やはり商品によってサイズが違うので

そこを注意して与えないといけません。

 

なので、グッピーの稚魚に餌を与えるときは

サイズに気をつかっていれば大丈夫です。

 

まさか魚の餌以外のものを

与える方はいないと思いますので、

グッピーの稚魚には大きすぎない魚の餌を

あげていれば基本的に大丈夫です。

 

すごく簡単ですよね。

 

 

グッピーの稚魚に餌を与える回数や頻度は?

 

グッピー水槽

 

上記でも、ふれましたが、

生まれてすぐの稚魚には

お腹いっぱい餌を食べさせてあげましょう。

 

そのあとは1日三回を目安に餌をあげるようにしましょう。

 

最初のうちはお腹いっぱいの量が

どれくらいかわからないという方も多いですよね。

 

そういう時は一回の餌やりの量を小分けにして

どれくらい食べるかをチェックしましょう。

 

何回か繰り返していると

どのくらいグッピーの稚魚が餌を食べるのか

わかるようになります。

 

ただそのまま水槽の水を放置しておくと

余した餌のせいで水質が低下してしまいます。

 

なのでこの方法をとる場合は

水替えもこまめにしてあげましょう。

 

 

 

グッピーの稚魚が餌を食べない時の対処法は?

 

グッピーの稚魚が餌を食べない時の原因は

いくつか考えられます。

 

1つ目は餌を見ても食欲が沸かないこと。

 

大体の人が魚の餌にはフレークタイプという

ひらひらした餌を使用していると思います。

 

しかし、それでは食欲が沸かないこともあります。

 

そこでおすすめしたいのが

ブラインシュリンプという餌です。

 

生きた餌であればグッピーの稚魚も

食欲を刺激されます。

 

実際、ブラインシュリンプの方が

食いつきがいいと言われています。

 

2つ目は飼育している環境が良くない。

 

水質や、水温のチェックは大丈夫ですか?

グッピーに適した水温は25℃前後です。

 

水質に対してはかなり耐性があるので、

そうとう悪化していない限り大丈夫ですが

水温は気にしてあげないと体調を崩す原因になっています。

 

なので、グッピーの稚魚が餌を食べない理由は

水温の状態が悪くて元気がないことにあるかもしれません。

 

以上2つが大体のケースですので、

まずはこれらを気を付けてみましょう。

 

 

 

グッピーに与えてはいけない餌は?

 

グッピーに与えてはいけない餌は

基本的にありません。

 

というのも、グッピーに魚用以外の餌を

与えている方はいませんよね?

いるとしたら今すぐやめましょう。

 

ものすごく当たり前なことを言っている気がしますが

それぐらいのことさえ気にしていれば

基本的に餌の種類に困ることはありません。

 

それぐらいグッピーの餌選びは簡単です。

 

グッピー用の餌もお店に置いてあるので

それを買っていれば間違いないです。

 

あえて注意するなら

先ほども言ったサイズの問題です。

 

稚魚の内は食べられないサイズの餌もあるので

そこにだけ注意しましょう。

 

 

グッピーの稚魚におすすめな餌は?

グッピーの餌の種類に困ることはありませんと言いましたが、

与えたほうがいいものはたくさんあります。

 

せっかくグッピーの稚魚の食事について知ってもらったので

おすすめの餌についても紹介していきます。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

ブラインシュリンプ


まず最初に紹介するのは

ブラインシュリンプの餌です。

 

ここまでずっとブラインシュリンプを紹介してきましたが

どういう餌か知っていますか?

 

ブラインシュリンプというのは塩湖に住む甲殻類で、

その卵を餌として使用したものです。

 

他の餌と比べて生きている餌なので

すごく魚の食いつきが良いです。

 

なので、特に成長をさせなければいけない稚魚の頃だったり、

食欲不振の魚に使用すると効果が大きいです。

 

ブラインシュリンプを

何度も紹介しているのはそういう理由でした。

 

グッピーの稚魚を繁殖させるなら

餌にもこだわって従来の餌とは違った

ブラインシュリンプをぜひ使ってみてくださいね。

 

 

稚魚専用フード

 

コメットから販売されている

グッピー稚魚』です。

 

このグッピー専用フードは、餌やりに手間が

かからないことが特徴です。

 

もともと餌やりには、手間がかからない?

ように感じますが、この餌は

稚魚が餌を食べ残しても、水質を悪くしません。

 

具体的には、12時間経過しても形が

崩れないです。

そのため、水中に餌が分散するのを防いで

水を汚すことになりません。

 

なので、餌やりをした後も手入れが簡単

という点が、この餌のいいところです。

 

超微粒子状なので

稚魚が食べる時にもソフトで消化吸収が良いです。

 

餌の中の栄養バランスが均一なので

飼い主さんが分量をしっかりと計って与えていれば

栄養のバランスが悪くなることもありません。

 

ですので、餌を少し多めにあげて

一度に食べる餌の量を、チェックするときにも

使用しやすいので、

稚魚の餌にはこの餌がおすすめですよ。

 

 

フレークフード

 

こちらは、『テトラ グッピー』と言う

スタンダートなフレークタイプの餌です。

 

稚魚でも食べやすいように少し小さめに作られています。

 

グッピーの体色の維持と成長に必要な栄養成分を

バランスよく配合しています。

 

成長に栄養が必要なのはもちろんですよね。

 

その他にも体色の維持にも気を使っている点が

この商品のいいところです。

 

グッピーは熱帯魚なので体色にも気を使いましょう。

 

熱帯魚は歳を重ねるごとに体色が変化してしまいます。

 

せっかくきれいなグッピーを飼うのであれば

しっかりと栄養を与えてきれいな色を保ってあげましょう。

 

また、与え方さえ守っていれば

水質の悪化と水の透明感を保つ

クリーン&クリアウォーター製法を使用して

作られています。

 

グッピーも水槽もきれいに保ってくれる

便利な餌としておすすめですよ。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

飼いやすい魚ランキング!初心者でも簡単なおすすめの熱帯魚は?

水草の種類で初心者でも育てやすいものやおしゃれなものは?

水槽のメーカーでおすすめは?人気のサイズや値段、素材は?

 

いかがでしたでしょうか?

 

グッピーの稚魚の飼育がどれだけ簡単か

ご理解いただけたかと思います。

 

しかし、注意しなければいけないことはあるので

ちゃんとした餌を飼っているグッピーに合わせて

与えてあげてくださいね。

 

以上、『グッピーの稚魚の餌はいつから?回数や頻度、食べない時の対処法は?』 の記事でした。