多くの魚のタンクメイトとして

混泳されることが多いコリドラス。

 

他の魚が食べ残た餌を

食べてくれるコリドラスは、

タンクメイトとしてうってつけなんです。

 

そこで今回は、コリドラスと混泳可能な

魚について見ていきましょう。

 

コリドラスと混泳させる魚選びのポイントは?

まず初めに、コリドラスと混泳がしやすい

魚の特徴について見ていきます。

 

水槽の中層から上部で活動する魚

コリドラスは水槽の下の方で活動する、

“底層魚”です。

 

コリドラスを他の魚と混泳させる場合でも、

その魚が水槽の上部で泳ぐのであれば

互いにストレスが掛かりません。

 

逆に同じ活動層の魚を混泳させてしまうと、

どちらかが危害を加えたり、

ストレスがたまってしまうかもしれません。

 

そのため、

コリドラスと混泳させる魚を選ぶ時は

活動層が水槽の中層から

上層にかけての種類を選びましょう。

 

 

体が小さい魚

体の大きな魚を水槽に入れれば、

当然コリドラスが活動できるエリアが

狭まってしまいます。

 

また、体が大きくて肉食の魚は、

コリドラスを食べてしまう恐れも。

 

このため、コリドラスと混泳させる時は

体の小さな魚を選ぶようにしましょう。

 

 

温厚な性格の魚

コリドラスは水槽の底で

ひっそりとしていることが多いので、

他の魚に危害を加えることは少なく

多くの魚と混泳可能だとされています。

 

しかし、逆に混泳相手が

気性の荒い場合は、注意が必要。

 

たとえ活動層が異なるとしても、

気性の荒い魚は水槽の底にいる

コリドラスに危害を加える可能性があるためです。

 

コリドラスと混泳させる魚は

温厚な種類を選ぶようにしましょう。

 

 

コリドラスと混泳させるおすすめ種類は?

コリドラスと混泳ができる生き物には

どのような種類がいるのでしょうか?

 

続いて、コリドラスと混泳するのに

おすすめな種類の魚やエビ、貝類を

それぞれご紹介していきます。

 

グッピー

オスは大きなヒレを持ち

美しいカラーになる『グッピー』は、

コリドラスとの混泳が可能な魚です。

 

グッピーは体が小さく、

水槽の中層から上層にかけて活動するため、

コリドラスに危害を加える心配はありません。

 

美しいカラーが特徴のグッピーですから、

コリドラスの水槽を

華やかにしたい場合におすすめです。

 

 

ネオンテトラ

ネオンテトラ

続いて紹介する『ネオンテトラ』も、

グッピーと似た生態であるため

コリドラスとの混泳可能ですよ。

 

鮮やかな青いラインが体に入っており、

温厚な性格のネオンテトラはコリドラスと

混泳させやすいでしょう。

 

 

ハチェット

 

『ハチェット』

変わった体の形をしている

珍しい熱帯魚です。

ハチェット

このハチェットは小型のものが多く、

活動層が水槽の上部であるため、

コリドラスと鉢合わせする心配が少ない魚です。

 

性格も温厚ですので、

コリドラスに危害を加えることもないでしょう。

 

ただ、ハチェットは水槽から

飛び出してしまうことが多々あるので、

水槽には必ず蓋をするようにしてくださいね。

 

 

オトシンクルス

こちらの『オトシンクルス』

コリドラスと同じくナマズの魚で、

コケを食べてくれるため

水槽を綺麗にする役割を持ちますよ。

オトシンクルス

オトシンクルスは

コリドラスと活動層が同じ底層魚なのですが、

混泳は可能だとされています。

 

この場合、できるだけ

広い水槽を用意してあげると良いでしょう。

 

同じナマズの仲間ですが、

実は食べるものは異なるので

必ず餌はそれぞれのものを

用意してあげてくださいね。

 

 

ベタ

赤や青のカラーが美しく、

優雅なヒレを持つことで人気な『ベタ』ですが、

実は縄張り意識が強い魚の一種。

 

そんなベタと混泳できる数少ない魚が、

コリドラスなんですよ。

 

ベタは水槽の底ではあまり活動しませんから

コリドラスと出会ってしまうことが少ないです。

 

そしてベタは他の魚には

あまり興味を持たないといいます。

 

鉢合わせしなければ、

同じ水槽で飼育しても問題ありません。

 

 

ヤマトヌマエビ

続いて紹介する『ヤマトヌマエビ』は、

他の魚の食べ残しや水槽内の微生物を

食べるエビです。

ヤマトヌマエビ

水槽の掃除屋と称されることもあり、

多くの魚と混泳可能。

 

コリドラスも例外ではありません。

 

コリドラスがヤマトヌマエビを

食べてしまうことは基本的にはありません。

 

ヤマトヌマエビがコリドラスに

ちょっかいを出すこともないでしょう。

 

互いにそれぞれの生活を守りながら、

共存することができます。

 

 

イシマキガイ

最後に紹介するのが

『イシマキガイ』です。

 

イシマキガイはコケを食べてくれるため、

多くの人が水槽に導入しています

石巻貝

貝であるため水槽レイアウトの

邪魔にもなりませんし、

コリドラスもイシマキガイを気にしません。

 

混泳、というより生物濾過に近い存在の

イシマキガイですから、

コリドラスとの混泳の難易度は低いでしょう。

 

 

 

コリドラスと混泳させるのに向かない種類は?

では続いて、コリドラスとの混泳に向かない

生き物の種類について見ていきましょう。

 

エンゼルフィッシュ

まずはじめに紹介する

『エンゼルフィッシュ』は、

大きくて平たい体を持つ観賞魚です。

 

可愛らしい見た目をしていますが、

その反面気が荒く、

他の魚に攻撃することも。

 

そのため、コリドラスと混泳させると

コリドラスが攻撃される可能性があります。

 

混泳は避けた方が良いでしょう。

 

 

アロワナ

肉食魚として有名な『アロワナ』も、

コリドラスとの混泳には向いていません。

 

両者を同じ水槽に入れてしまうと、

高確率で体の小さなコリドラスが

食べられてしまいます。

 

厄介なのが、

コリドラスの硬い背びれによって

食べた側のアロワナも死んでしまう

可能性があるということ。

 

どちらの命も危険となりますので、

コリドラスとアロワナの混泳は

絶対にやめましょう。

 

 

プレコ

続いて紹介する『プレコ』は、

コリドラスと同じ底層魚であるため

混泳はおすすめできません。

 

混泳可能なオトシンクルスも底層魚でしたが、

プレコは気性が荒いため

コリドラスと相性が良くないんです。

 

この二種類の組み合わせは、

混泳が難しいことを覚えておいてください。

 

 

スマトラ

最後に紹介するのが、

コイ科の魚『スマトラ』です。

 

スマトラは底層魚ではありませんが、

気性が荒く混泳相手の魚に攻撃を加えるため、

混泳には向いていません。

 

しかし広い水槽であれば、

コリドラスとの混泳が

可能なケースがあります。

 

コリドラスとスマトラを

混泳させたい場合は、

様子を見てから行うようにしましょう。

 

 

コリドラスと混泳させる時におすすめな用品は?

コリドラスを混泳させるとき

ぜひ用意してもらいたいアイテムがあります。

 

続いては、

コリドラスを混泳させるときに

おすすめな用品を見ていきましょう、

 

水草付き流木がおすすめ!

まずはじめに紹介するおすすめな用品は、

水草付き流木です。

 

コリドラスを混泳させるときに、

なぜ水草がおすすめなのかご存知ですか?

 

異なる種類の生き物を混泳させる場合、

互いの存在が見えないほど

ストレスを緩和することができます。

 

水槽内に水草があれば

他の魚の姿が目に入りにくいですし、

臆病な魚にとっては隠れ家にもなります。

 

また、なぜ流木付きなのかというと、

コリドラスが水底を泳いだときに

底床をかき回してしまうため。

 

コリドラスの水槽には、

通常の水草は使用できないんです。

 

流木に付けられている水草であれば、

コリドラスによって

被害を受けることもありません。

 

コリドラスを他の魚と混泳させる時は、

ぜひ水草付き流木を用意してあげてくださいね!

 

 

コケ付き流木がおすすめ!

続いて紹介するのが、

コケ付き流木です。

 

こちらも水草と同様、

魚たちにとって隠れ家となりますよ。

 

また、水質浄化効果もありますので、

水槽内の環境を保つためにもおすすめ。

 

水槽レイアウトにも使用できますから、

ぜひ用意してもらいたいアイテムですね。

 

なぜ流木なのかは、

先程お伝えした水草の場合と同じで、

コリドラスによる被害を避けるため。

 

その中でも特におすすめなのが、

”チャーム楽天市場店”から販売されている

『ウィローモス 流木 S』です。

 

こちらはコケの一種であるウィローモスを

流木に活着させた商品。

 

苔むした流木の趣を味わうことができ、

小さな息もんの隠れ家にもなります。

 

エビの仲間などは、

ウィローモスの表面にいる

微生物をツマツマして食べます。

 

ヤマトヌマエビなどと混泳させるときに

特におすすめですね。

 

無農薬で育てられたコケであるため

コリドラスたちの健康にも

気遣うことができますよ。

 

 

隠れ家がおすすめ!

シェルター1

コリドラスを混泳させるときに

おすすめなのが、隠れ家の商品です。

 

これはコリドラスの隠れ家となるだけでなく、

混泳相手の魚の隠れ家にもなりますよ。

 

特に臆病な性格の魚の場合、

このような隠れ家がなければ

ストレスで弱ってしまうこともあるんです。

 

水槽レイアウトにも使用でき、

コリドラスが安心して

生活するためにおすすめな商品ですね。

 

 

置き石がおすすめ!

隠れ家

次に紹介するコリドラスを

混泳させるときにおすすめな用品は

水槽に置く石の商品です。

 

こちらも、コリドラスと

他の魚が鉢合わせしてしまわないように

おいてあげましょう。

 

また、石を使用することで

水槽を美しくレイアウトすることも

可能ですね。

 

ただし、あまり大きな石を置くと

コリドラスの活動スペースが

狭くなってしまいます。

 

また、必ずしも

本物の石である必要もありませんよ。

 

人工石であっても、

魚たちが隠れることができれば

問題ありません。

 

上記画像のような、アーチ型の石でしたら、

魚が潜って泳ぐ姿を

見ることができるでしょう。

 

アーチ型であるため、

コリドラスのスペースを

あまり奪わないこともポイント。

 

コリドラスにとっても

混泳する魚にとってもGOODです。

 

人工石で作られたものなら、導入しても

水質が大きく変化することもなく、

安心です。

 

水槽レイアウトとしても見栄えしますから、

コリドラスを混泳させる際は

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

ワイド水槽がおすすめ!

最後に紹介するのが、

ワイド水槽の商品です。

 

コリドラスは底層魚ですから

水槽の底が広い、

横長タイプのワイド水槽が良いでしょう。

 

また、異なる種類の魚を混泳させる時は、

通常よりも大きな水槽を

用意してあげることがおすすめ。

 

なぜなら、水槽が大きいほど、

両者が互いの存在を

認識せずに済むからです。

 

その中でもおすすめなのが、

“GEX”から販売されている

『グラステリア スリム900』

 

こちらはオールガラス水槽であるため

魚たちの姿がはっきりと見えます。

 

フレームがないため

水槽の底にたたずむコリドラスを

観察しやすいですよ。

 

90センチと大きな水槽ですから

コリドラスを混泳させても

問題ありません。

 

コリドラスたちをストレスなく混泳させるために

このような大きなワイド水槽を

用意してあげてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

コリドラスは他の魚の食べ残しを食べるため、

水槽の掃除屋として混泳相手に

選ばれることも多いです。

 

しかし混泳に向かない種類の魚はいますので

実際に混泳を行う前に

知識を蓄えておくことが必要。

 

適切な環境を用意してから

コリドラスたちの混泳に臨んで下さいね。

 

以上、『コリドラスと混泳できる魚やエビ、貝の種類って?相性が悪い種類もご紹介!』の記事でした!