メスうさぎを飼っていて、うさぎが妊娠したはずがないのに

巣作りをしているような様子を見たことはありますか?

 

実はそれは偽妊娠という、

うさぎの習性に関係した状態である可能性があります。

 

今回は、そんなうさぎの偽妊娠についてをメインに

紹介していきます。

 

うさぎの偽妊娠ってなに?

 

まず、『偽妊娠』という言葉を聞いたことはありますか?

 

偽妊娠は、その名の通り妊娠していないのに

妊娠したかのような行動をとることです。

 

巣作りを行ったり性格が攻撃的になるだけでなく、

乳首が目立ってくるなど、実際に体にまで変化が出てくることも!

 

実は、うさぎはこの偽妊娠が

起こりやすい生き物だといわれています。

 

交尾をしなくとも、場合によっては

おしりに触れられただけで

偽妊娠になってしまうこともあるんだとか。

 

この偽妊娠は体が妊娠したと勘違いしてしまう現象のため、

うさぎの体にも負担がかかります。

 

そのため、メスうさぎを飼う際はこの偽妊娠に

注意しなくてはなりません。

 

 

 

うさぎの偽妊娠の兆候って?

 

うさぎの偽妊娠の兆候は、どのようなものなのでしょうか?

 

うさぎの偽妊娠の特徴的な行動をしてあげられるのが

先ほどもお伝えした巣作りです。

 

メスうさぎは妊娠すると赤ちゃんを育てるため、巣を作ります。

 

その巣のために、うさぎは自分の毛をむしって

巣箱に敷き詰め産室を用意するのです。

 

この他にも、以前よりも性格が神経質になり、

飼い主に対しても攻撃をするような素振りを見せることもあります。

 

メスうさぎが交尾していないにもかかわらず、

このような兆候が見られたら

うさぎの偽妊娠を疑ってみても良いでしょう。

 

 

 

うさぎの偽妊娠と妊娠の見分け方って?

 

当然ですが、メスうさぎが交尾をしていないのに

妊娠したような素振りが見られたら、間違いなく偽妊娠でしょう。

 

では、交尾が確認できた場合はどうでしょうか。

 

まず、うさぎが妊娠した場合は、妊娠期間は約1ヶ月です。

 

巣作りなどの行動は、出産の約1週間前ほどから

子うさぎが生まれるまで行われます。

 

一方、偽妊娠による巣作りなどの行動は、

普通は2週間程度で収まることが多いとのこと。

 

この期間の違いから、

偽妊娠なのか妊娠しているのかを見分けてくださいね。

 

例え偽妊娠であっても乳首が膨らむなどの

体の変化は起こりますから、

偽妊娠か妊娠かをうさぎの外見から見極めることは

難しいと言えるでしょう。

 

〈関連記事〉

・うさぎの妊娠期間って?見分け方や確認の方法、兆候はあるの?

 

 

 

うさぎの偽妊娠の期間って?

 

うさぎの偽妊娠はどのくらいの期間続くのでしょうか?

 

メスうさぎが餌を食べる量が変化したり、

毛をむしるなどの巣作り行動をするような偽妊娠の状態は

1週間から2週間続くことが多いようです。

 

ただし、偽妊娠の期間はうさぎによって個体差がありますから、

長く見積もって2週間は続くと考えた方が良いでしょう。

 

この偽妊娠の期間はうさぎにとって特別な期間で、

気が立ってしまい、攻撃的になる子もいます。

 

そのことを理解し、できるだけうさぎに

負担がかからないような環境を整えてあげてくださいね。

 

 

うさぎが偽妊娠した時に注意することは?

 

うさぎが偽妊娠すると、多くの場合巣作り行動が見られます。

 

この巣作りの際、うさぎは自分の毛をむしり

巣箱などに敷き詰めるのですが、

このとき誤って口に加えた自分の毛を

飲み込んでしまうことも!

 

その飲み込んだ毛がうさぎのお腹の中で詰まり、

『毛球症』と呼ばれる病気になってしまうことがあります。

 

また、それでなくとも自分の毛をむしることは

うさぎの負担にもなりますよね。

 

ですから、できるだけうさぎに

自分の毛を抜かないようにさせることが大切です。

 

ために、うさぎが巣箱に敷き詰めた毛は

取り除くようにしてください。

 

その代わり、毛の代用ができそうな長い干し草を入れてあげると、

毛をむしる頻度が減る場合がありますよ。

 

 

 

うさぎが偽妊娠する原因は?

 

そもそも、うさぎはなぜ偽妊娠してしまうのでしょうか?

 

その原因は、ホルモンバランスにあります。

 

うさぎはホルモンのバランスが崩れてしまうと

自分が妊娠したと勘違いし、

偽妊娠を起こしてしまうことがあるのです。

 

それだけでなく、飼い主がおしりを触ったりすると

発情期になったタイミングで偽妊娠になるケースもあります。

 

このように、うさぎはふとしたきっかけで

偽妊娠を起こしてしまいやすい動物なんです。

 

そのため飼い主が気を付けているだけでは

偽妊娠を防ぐことが難しい、ということを覚えておきましょう。

 

 

 

うさぎが偽妊娠しないための対策方法は?

 

うさぎの偽妊娠を防ぐための一番良い方法が、

『避妊手術を受けさせる』ことです。

 

当然ですが、子宮などの生殖器を取り除けば、

うさぎは妊娠することができません。

 

そのためホルモンにも変化が起きて

偽妊娠を防ぐことができるのです!

 

また、避妊手術を受けさせることで、

将来に掛かるかもしれない

『子宮系の病気の発症を未然に防ぐことができる』

というメリットもありますよ。

 

メスうさぎは年を重ねるとと80%以上もの確率で

子宮の病にかかるとされています。

 

このような病気を防ぐ為にも、

うさぎの避妊手術を検討してみても良いでしょう。

 

 

うさぎが偽妊娠した時の対処法は?

 

毛をむしることはうさぎの体にも良くありませんから、

まずは毛の代わりになりそうな長い草をいれてあげます。

 

その後で、うさぎが作った巣は

できるだけ撤去してしまうのが良いでしょう。

 

ただし注意しなくてはいけないのが、

巣に触れるタイミングです。

 

偽妊娠中のうさぎは気が立っていますから、

せっかく作った巣を壊そうとする者がいれば、

それが例え飼い主であろうと攻撃してくるかもしれません。

 

うさぎの巣を撤去するのは、

うさぎが近くにいない時にしてくださいね。

 

また、大好きなおやつなどがあるうさぎの場合には

そのおやつは頻繁に与えるなどして

巣作りのことを忘れさせてしまうのも手ですよ。

 

 

 

うさぎが偽妊娠した時のおすすめアイテムは?

うさぎが偽妊娠した場合、

うさぎの体に思わぬ影響が出ることもあります。

 

そのため偽妊娠した際に用意しておいた方が良いものがあります!

 

ここでは、そんなうさぎの偽妊娠時に

おすすめなアイテムをご紹介していきますね。

 

毛球症対策フード

 

うさぎが偽妊娠した場合、よく見られるのが巣作り行動です。

 

先ほどもお伝えしましたが、巣作り行動の

際に、うさぎは自分の毛を口に加えますが

その時に毛を飲み込んでしまうことがあります。

 

飲み込んだ気の量が多いと、毛球症という

お腹の中に毛が詰まってしまう病気になってしまう可能性があり

とても危険です。

 

上記の、『毎日野菜14種』は、そんな

毛球症を防ぐのに役立つフードなんですよ!

 

野菜の栄養がギュッと詰まったフードです

ので、うさぎの健康を維持するのにも役立ちます。

 

病気が気になる方は、ぜひ毎日野菜14種

を主食として与えてみてくださいね。

 

 

おもちゃ

偽妊娠中のうさぎに、おもちゃや

おやつなどの気を引くものを与えると、

偽妊娠の症状が落ち着くことがあります。

 

そのため、ケージ内に置くことのできる

サイズのおもちゃがあれば、とても重宝

するでしょう。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

さて、今回はうさぎの偽妊娠について書かせていただきました。

 

メスのうさぎはふとしたことがきっかけで

偽妊娠を起こしてしまうことをおわかりいただけたかと思います。

 

偽妊娠が原因で乳腺炎などを発症するケースもあるため、

メスうさぎが偽妊娠したら

その後の健康状態にも注意してあげてくださいね。

 

以上、『うさぎの偽妊娠って?症状や期間、原因、対策、対処法をご紹介!』の記事でした。