今回は数多く種類のあるうさぎの中から、

特に飼いやすいうさぎをピックアップしてご紹介していきます!

 

これからうさぎをペットとして

飼ってみたいなという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

飼いやすいうさぎ『第8位』

●ドワーフホト
ドワーフホト

 

ドワーフホトはドイツ原産のうさぎで、

体が真っ白なのが特徴的なうさぎです。

 

元々は中型のホトとネザーランドドワーフ、

白うさぎを品種改良して生まれたうさぎだと言われています。

 

上述の3種類のうさぎの良いところを

とって集めたようなうさぎですので、

性格も飼いやすいように改良されています。

 

体重は1kg程度と小柄で丸っこい体型、

耳が短いのも特徴的です。

 

性格は人懐っこいため、

うさぎを飼うことが初めての方でも

飼いやすいうさぎとしておすすめですよ。

 

販売価格は4万円から7万円と差があります。

 

主に毛のつやの整い具合により

値段が左右するようです。

 

 

 

飼いやすいうさぎ『第7位』

●ダッチ

ダッチ

 

白と黒の体色が特徴的なダッチは

オランダ原産のうさぎです。

 

オランダで生まれてヨーロッパに広まったうさぎで、

日本でも昔から飼われていたと言われています。

 

性格は非常に温和で、

初めてうさぎを飼う方にはぴったり

飼いやすいうさぎです。

 

お子さんやほかのペットを飼っていても

安心して飼うことができるのでおすすめですよ。

 

オランダで生まれて以来、

日本でも長く飼われてきた理由は

その人懐っこさにあります。

 

ほかのうさぎと比較しても、

かなり人懐っこい性格をしています。

 

体重は1kg前後と、

ドワーフホトと同じく小柄で飼いやすいですね。

 

ダッチの販売価格はショップによって異なりますが、

相場は2万円から6万円前後となります。

 

珍しい毛色をしている場合などには、

販売価格がもう少し高くなる傾向があります。

 

ブリーダーさんから直接購入すれば、

もう少し安く買えるでしょう。

 

 

飼いやすいうさぎ『第6位』

●ミニレッキス

ミニレッキス

 

ミニレッキスはアメリカ原産のうさぎで、

フランス原産のレックスと

ネザーランドドワーフを交配させて誕生した種です。

 

ミニレッキスの特徴はなんといっても、

美しい毛並みでしょう。

 

短毛で光沢をもった毛並みに惹かれて、

ミニレッキスを飼う人は多いです。

 

実際アメリカではミニレッキスの毛並みを競い合う

コンテストがあるほどです。

 

性格は人によく懐き、甘えん坊なので

一緒に遊ぶこともできます。

 

短毛なので、お手入れも簡単ですので

初心者の方にとっても非常に飼いやすい種のうさぎです。

 

ミニレッキスは体温調整が苦手と言われているので、

室温は適正温度の15℃〜25℃に保ってあげるのがベスト

 

ミニレッキスの販売価格は

血統書付きで3万円程度と、

今まで紹介してきたうさぎと比較しても

そこまで高値ではありせん。

 

うさぎをメインで取り扱っているショップでは

好みのカラーも手に入りやすいので、

ペットショップよりもうさぎ専門のショップでの購入がおすすめです。

 

 

 

飼いやすいうさぎ『第5位』

●アメリカンカンファジーロップ

アメリカンファジーロップ

 

アメリカンファジーロップは

ホーランドロップといううさぎと、

フレンチアンゴラという種のうさぎを交配して

生み出されました。

 

アメリカンファジーロップは

穏やかな性格をしているため、

非常に飼いやすいうさぎの一種です。

 

うさぎは大体の場合、

飼い主にも心を許すのに時間がかかると言われていますが

アメリカンファジーロップの場合は、

慣れるまでにかかる時間が比較的短いと言われています。

 

大人しい性格がゆえに、

かなり引っ込み思案な場合もありますが、

触られたり抱かれたりするのを

嫌がるほどではありません。

 

また感情表現も豊かで、

ご飯がほしいときや撫でて欲しいときなどは

飼っているとわかってきます。

 

大きさは一般的に1.8kg程度で、

そこまで大きくなく寿命は5〜10年程度です。

 

販売価格は3万円〜7万円程度です。

 

夏はペットショップでの扱い数が少ないので、

春の繁殖期に行くことをおすすめします。

 

 

 

飼いやすいうさぎ『第4位』

●フレミッシュジャイアント
フレミッシュジャイアント

 

フレミッシュジャイアントは

フランス原産のうさぎで、

もともとは食用として育てられた背景があります。

 

フレミッシュジャイアントは

大きな体が特徴的なうさぎです。

 

大きいものでは

体重が10kgを超えることもあるそう。

 

ギネスに認定されている

フレミッシュジャイアントは体重が20kgを超えます。

 

フレミッシュジャイアントを飼うためには

食料が大量に必要となります。

 

ケージもうさぎ用ではなく、

犬用を用意して飼ってあげるようにしましょう。

 

体は大きいですが性格は大人しく、

よく懐いてくれますので

飼っていて成長を見るのが楽しくなるうさぎです。

 

大き目のうさぎを飼うための十分なスペースがあれば、

十分飼いやすいうさぎといえるでしょう。

 

フレミッシュジャイアントの販売価格は

おおよそ7〜8万円です。

 

 

飼いやすいうさぎ『第3位』

●ライオンラビット
ライオンラビット

 

ライオンラビットはその名の通り、

ライオンのようなたてがみと長い毛が特徴的なうさぎです。

 

ランオンラビットはほかのうさぎと比較しても毛が長く、

上記画像のようにもふもふしているので、

長い毛をもったうさぎを飼いたいと考えている方には

非常におすすめのうさぎですよ。

 

今すぐに抱きしめたくなる容貌をしていますが、

初めはだっこになれるまでに少し時間がかかります。

 

またライオンラビットは

飼い主のことをよく覚えることで知られています。

 

ほかのうさぎと比べても、

聴覚と嗅覚が非常に優れているからです。

 

飼い主をちゃんと認識して、

餌を与える時などはすり寄ってきますので

非常に飼いやすいうさぎであると言えます。

 

ライオンラビットの販売価格は

大体2万円から3万円程度です。

 

毛の具合や、耳の大きさなどによって価格は変動しますが

ほかのうさぎと比較しても、

そこまで高値にならないので初心者でも飼いやすいですね。

 

 

 

飼いやすいうさぎ『第2位』

●ネザーランドドワーフ

ネザーランドドワーフ

 

ネザーランドドワーフは

オランダで品種改良を繰り返す中で誕生したうさぎです。

 

ネザーランドはオランダを意味し、

ドワーフは小人を意味しています。

 

ネザーランドドワーフはピーターラビットの

モチーフにもなったと言われているうさぎです。

 

ペットショップによっては、

もはやピーターラビットと呼んでいるところもあるそう。

 

ネザーランドドワーフは小柄な上に

人懐っこい性格をしていて、

抱っこやスキンシップをしてあげると大変喜びます。

 

うさぎの中では珍しく、

たくさん触っても嫌がることなく、

飼い主によく甘えることから

かなり飼いやすいうさぎであると言えます。

 

ネザーランドドワーフは

ペットショップであれば2万円前後

うさぎ専門店では3〜7万円で販売されています。

 

うさぎ専門店の方が

うさぎの特化した環境をつくってあり

性格を見極めやすいので、

うさぎ専門店での購入をおすすめします。

 

 

 

飼いやすいうさぎ『第1位』

●ロップイヤー

ロップイヤー

 

ロップイヤーはもともとスペイン原産のアナウサギを

ペットとして改良された種のうさぎです。

 

ロップイヤーは知能が高く、

遊ぶのが好きというのが特徴的です。

 

閉鎖的な空間はあまり好まず、

どちらかというと開放的に遊びたいという

性格をしています。

 

うさぎと一緒に遊びたい方にとっては

非常に飼いやすいうさぎですね。

 

ロップイヤーは垂れ耳が可愛らしく、

その垂れ耳に惚れて飼い始める人も少なくありません。

 

通常うさぎの耳は立っているので、

ロップイヤーの垂れ耳は非常に珍しいです。

 

ロップイヤーの販売価格は1万円から8万円と差があります。

 

ほかのうさぎと同様に、

血統書のあるなしが価格に影響します。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

さて、いかがでしたでしょうか?

お気に入りのうさぎは見つかりそうですか?

 

ぜひこの機会にうさぎ専門店やペットショップに行って

うさぎを飼うことを検討してみてくださいね!

 

以上、『飼いやすいうさぎランキング!初心者でも簡単なおすすめの種類は?』の記事でした。