今回の記事ではエンゼルフィッシュの

繁殖について説明していきます。

 

エンゼルフィッシュの繁殖方法

他の熱帯魚と比べて

少し独特なところがあります。

 

他の熱帯魚のように

繁殖させることは可能なのですが、

役立つ情報をここでぜひ知ってみてくださいね。

 

エンゼルフィッシュの繁殖方法って?

エンゼルフィッシュ

 

エンゼルフィッシュは

水槽のガラス面や水草などに産卵します。

 

水草はアマゾンソードなどの

幅が広くて平べったいものがおすすめですよ。

 

エンゼルフィッシュは

相性のよいペアを一緒に、水槽に入れておく

だけです。

 

エンゼルフィッシュが生まれてから

10~12か月ほどで繁殖できるようになります。

 

熱帯魚ショップに売られている

小さいサイズのエンゼルフィッシュは

大体生後4か月ぐらいの状態なので、

飼い始めてから約半年で繁殖可能になると

言われています。

 

エンゼルフィッシュの

オスとメスの判別は少し難しいので、

ペットショップの店員さんに選んでもらうか、

6匹ほどまとめて購入することがおすすめです!

 

 

 

エンゼルフィッシュの繁殖方法で気をつけることは?

エンゼルフィッシュ3

 

繁殖期に入るとペアで

相手をつつくこと攻撃をしてみたりと

ちょっかいを出すようになります。

 

水槽のガラス面の一点を見つめて

ちょっと止まった後に、突っつくといった行動を

していることがあります。

 

この行動は、メスだけでなくオスにも見られ

産卵の前兆なのです。

 

突っついているのは、突っつくことによって

産卵場所を掃除しているのです。

 

その前兆が見られてからは

オスメスともに神経質になるので、

飼い主さんは余計なことはせず

水槽にはなるべく近寄らないように

してあげましょう。

 

刺激を与えて驚かすと

卵を自分で食べてしまうこともあります。

 

トラブルを防ぐために産卵後は

親魚と卵を隔離をすることもおすすめです。

 

卵に緩めの水流が常に当たるようにして

エアレーションも強めにかけるように

してあげてくださいね。

 

隔離する場合も卵がろ過装置

吸い込まれないように給水口にスポンジ

付けるようにする工夫をしておくと良いですよ。

 

 

エンゼルフィッシュの繁殖に必要なものって?

エンゼルフィッシュの産卵は

水槽のガラス面や水草などにすると

お伝えしました。

 

その際に、必要なものや便利なアイテムの

ご紹介をしてきますので参考にしてみてくださいね。

 

水草

アマゾンソード

 

エンゼルフィッシュは水草などに

産卵するので卵を産めるタイプの水草である

アマゾンソードをおすすめします!

 

アマゾンソードという水草は

エンゼルフィッシュととても相性がいいです。

 

葉が固い性質なので、噛まれても問題はありません。

 

見たのボリュームもあるので

エンゼルフィッシュの水槽レイアウトにも

アマゾンソードがおすすめですよ。

 

こちらの記事では初心者でも飼育しやすい

おすすめの水草をご紹介していますので

合わせてご覧になってみてくださいね。

 

 

産卵筒

 

こちらは産卵筒という道具です。

 

エンゼルフィッシュに限らず、他の熱帯魚も

産卵筒に産卵をしてくれます。

 

使い方は簡単で水槽内に置いておくだけ

 

産卵期のエンゼルフィッシュが

勝手に産卵筒に卵を産んでくれます。

 

産卵筒のいいところは

熱帯魚が産卵した後に卵を移動させること

できるということです。

 

エンゼルフィッシュが産卵期に

神経質になるのは先ほどもお話しました。

 

そういう危険性もあるので

卵を安全な場所に移動ができる

産卵筒を設置することを検討するのも

いいかもしれませんね。

 

 

ブラインシュリンプ

 

エンゼルフィッシュの繁殖には

ブラインシュリンプが必要です。

 

こちらのアイテムを使って

簡単に稚魚の卵を孵化させることができます!

 

口コミでも評判が良くて

手入れも簡単で、不便に思ったことがない』と

いう意見も多かったのでおすすめです。

 

 

エンゼルフィッシュの稚魚の育て方は?

エンゼルフィッシュ6

 

生まれたばかりの稚魚は

生後5日くらいお腹にある栄養袋

使い切ってしまいます。

 

なので生後1ヶ月ほどまでは

稚魚用の特別な餌をあげましょう。

 

小さくて不健康なエンゼルフィッシュに

ならないよう、餌は多めにあげてくださいね。

 

水槽内の水に関しては

特別なことをしなくても大丈夫です。

 

隔離している場合は、親魚のいる元の水槽の水

そのまま使うのがいいです。

 

ただ稚魚の水槽内は汚れやすいので、

小まめな水替えを心がけてみてくださいね。

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

エンゼルフィッシュの繁殖方法について

いかがでしたでしょうか?

 

エンゼルフィッシュのは他の熱帯魚と

同じ方法でも繁殖は可能です。

 

ですが、繁殖時に起こるトラブルなどを

先に理解しておくのと、対処できますし

必要な道具を知っていただけたらと

思います。

 

ぜひ水槽内を優雅に泳ぐエンゼルフィッシュを

飼育して、繁殖も成功させてみてくださいね。

 

以上、『エンゼルフィッシュの繁殖方法は?稚魚の育て方や水槽のおすすめも!』 記事でした。