ハムスターには様々な種類がいますが、

その中でも『キンクマハムスター』

ペットとして飼いやすいハムスターとして人気が高いです。

 

キンクマハムスターは温厚な生活で

人懐っこい性質があるため、

子どもにでも扱いやすいというのが人気の秘密。

 

ここでは、そんなキンクマハムスターを飼うために

必要なケージケージ内のレイアウトについて

詳しく紹介していきますね!

 

キンクマハムスターのケージの選び方とは?

キンクマハムスターは、

ゴールデンハムスターを改良し作られたハムスターです。

 

ですから、ケージはゴールデンハムスター用のものを

用意する必要がありますね。

 

ここでは、特にキンクマハムスターにおすすめな

ケージについて解説していきます。

 

なるべく安全性がたかいケージを選びましょう!

キンクマハムスターは一般的に

温和な性格のハムスターといわれています。

 

が、それでもハムスターですので、

ケージが金網製などの登りやすいものだと

脱走してしまったり、金網を噛んで

歯を痛めてしまうことがあります。

 

また、ケージを登った際に誤って落下してしまい、

骨折などの大けがに繋がるケースもあるのです!

 

ですから、できる限りキンクマハムスターのケージは

金網製ではないものを選ぶようにしてくださいね。

 

 

掃除のしやすいケージを選びましょう!

キンクマハムスターに限った話ではないですが、

ケージ内が不衛生だとさまざまな病気の原因になります。

 

そのため、掃除のしやすいケージを選ぶようにしてください。

 

たとえば金網ケージは隙間まで掃除の手が行き届きにくく、

ケージ内を清潔に保つのが難しい場合があります。

 

一方で、ガラス製である水槽をケージとして利用すれば、

掃除が容易ですよ。

 

またプラスチック製の物であれば

解体のしやすいケージを選ぶと良いでしょう。

 

このように、ケージの素材、作りをよく見て

掃除が行いやすいものを購入すれば、

飼い主の負担も減らすことができます。

 

 

キンクマハムスターのケージの大きさは?

 

先ほどもお伝えしましたが

キンクマハムスターはゴールデンハムスターの仲間です。

 

そのため、ケージのサイズもゴールデンハムスターと同等の

60センチサイズ以上のものを選ぶようにしてください。

 

また、高さもあまり低すぎると脱走してしまったり、

ストレスの原因にもなります。

 

そのため、高さ30センチ以上あるケージを選んでくださいね。

 

 

 

キンクマハムスターのケージのおすすめレイアウトは?

キンクマハムスターを飼うとき、

ケージのレイアウトはどのようにすればよいのでしょうか?

 

続いて、キンクマハムスターのケージに

おすすめなレイアウトを

実際の画像を交えて見ていきましょう。

 

ケージのおすすめレイアウト1

@msms0224がシェアした投稿 –

最初に紹介するケージのレイアウトは

体の大きなキンクマハムスターでもすっきりと暮らせる

広いスペースが特徴ですね。

 

回し車、餌入れなどの基本的な設備は整っており、

ハムスターがゆったりと過ごせる隠れ家もありますので

キンクマハムスターにとって理想的なケージ内レイアウト。

 

床材には、上記でも使用されているような

木のチップを敷いてやると良いでしょう。

 

また、水飲みは外に設置してあるので、

ハムスターが壊してしまう心配もありませんし、

邪魔にもなりませんね。

 

こちらのケージは飼い主さんのDIY作品ということなので、

手作りが好きな人は、

ぜひケージ本体にも注目してみてください。

 

〈関連記事〉

・ハムスターのケージを自作!簡単な作り方や必要な材料、道具とは?

 

 

ケージのおすすめレイアウト2

ぽん太さん(@ponta_ham)がシェアした投稿 –

続いてのケージのレイアウトは、

階段付き巣箱やふわふわのベッドなど

非常に可愛らしいことが特徴!

 

とてもおしゃれなレイアウトであるため、

まるでキンクマハムスターのドールハウスのようにも見えますね。

 

そのため、キンクマハムスターのケージ自体が

部屋のインテリアとして違和感がないでしょう。

 

床には木のチップが敷かれていますので、

もちろん快適性もばっちり。

 

おしゃれなキンクマハムスターのケージを作りたい方は

“ハムスターにとって良い物”という前提ですが、

可愛らしいグッズを集めてみても良いでしょう!

 

 

ケージのおすすめレイアウト3

+++kuromiju666+++さん(@kuromiju666)がシェアした投稿 –

最後に紹介するこちらのケージは、木製ケージ

上記もかわいらしい内装が特徴ですね。

 

こちらのケージのレイアウトのポイントは、

回し車の周りがすっきりしていること。

 

キンクマハムスターは回し車が大好きですから、

夢中で回しているとつい飛び出してしまうことがあります。

 

もし回し車の周りに物があると、

キンクマハムスターがぶつかって

怪我をしてしまう危険性があるため、

回し車の周囲には物を置かないようにしてください。

 

また、こちらのケージのレイアウトの良い点として、

こたつ型の巣箱がケージ尾の隅に設置されているところも挙げられます。

 

キンクマハムスターだけでなく、

ハムスターの巣箱はケージの隅においてやるようにしましょう。

 

こうすることで、ハムスターがストレスなく

過ごすことができるようになるといわれていますよ。

 

このようにケージレイアウトのおしゃれさもポイントですが、

巣箱の位置などにも気を配ってあげるようにしてくださいね。

 

 

キンクマハムスターのおすすめなケージは?

キンクマハムスターにはどのようなケージを

用意してあげると良いのでしょうか?

 

続いてキンクマハムスターに

ぴったりなケージをご紹介していきます。

 

水槽ケージ

上記は、キンクマハムスターにもおすすめな

大きさである

幅600x奥行300x高さ360mmのサイズの水槽

ケージ。

 

非常に、透明度が高いため、ケージ越しにも

可愛いキンクマハムスターの姿を見ることができますよ。

 

“やや重い”という

ガラス製ケージならではの欠点はありますが、

その分作りは、しっかりしているため、

非常に丈夫なケージです。

 

水槽は、隅から隅まで掃除がしやすく、

キンクマハムスターのケージを

清潔に保ちやすいというメリットも!

 

そのため、『ハムスターの飼育が初めて』

という方にも

おすすめできる、水槽ケージでしょう

 

 

別荘ケージ

 

上記は、1階建てハムスター別荘で、

組み立て式の、プラスチックケージ

になります。

 

さまざまな、器具がセットとなっており、

DIY感覚で、キンクマハムスターのケージを

作ることができます。

 

付属した、回し車や餌入れのデザインも

とても可愛らしいので、きっと素敵なケージ

を作ることができますょ。

 

ハムスターパイプも、設置できますので、

アスレチックのような、ケージができあがり!

 

一風変わった、ケージを用意したい人に

おすすめなです。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

さて、今回はキンクマハムスターのケージと、

そのレイアウトについて解説していきました。

 

キンクマハムスターはゴールデンハムスターと同様、

体が大きなハムスターです。

 

そのため、ドワーフハムスター用のケージでは

キンクマハムスターには小さすぎます。

 

このようにハムスターごとの特徴に合わせ、

快適なケージを用意してあげるようにしてくださいね

 

先ほども触れましたが、ハムスターは回し車などを使って

動き回ったりと小さい体ながら、活発です。

 

もしも遊んでいるときに、怪我を負ってしまったり

突然の病気にかかった場合は、治療費で

数十万円といった費用がかかることもあります。

 

なので、万が一に備えて『ペット保険』に

加入することをおすすめしますよ!

 

ペット保険なら月々、数百円〜数千円と

少額で済ますことができる“メリット”があるからです。

 

 

上記のサイトはペット保険を比較できるため

ペットにぴったりなプランも見つかりますよ。

 

気になる方はぜひサイトを参考にしてみてくださいね。

 

以上、『キンクマハムスターのケージのおすすめ!選び方や大きさ、レイアウトも!』の記事でした。