ハムスターの中でも小さくてかわいい、

として人気が高いのが『ジャンガリアンハムスター』です。

 

飼育しやすく、ペット初心者の人にもおすすめな

ジャンガリアンハムスター。

 

今回は、ジャンガリアンハムスターの飼育ケージの選び方、

そしてケージ内のレイアウトについてご紹介していきます。

 

ジャンガリアンハムスターのケージの選び方とは?

ジャンガリアンハムスターは

比較的体の小さなハムスターです。

 

そんなジャンガリアンハムスターの

ケージを選ぶポイントをご存知でしょうか?

 

ジャンガリアンハムスターを快適に飼育するために

おすすめなケージの選び方をご紹介していきますね。

 

なるべく安全性がたかいケージを選びましょう!

まず、最も大切なのが、ケージの安全性です。

 

ジャンガリアンハムスターのケージは

さまざまなタイプのものが売られていて、

中には見た目がとても可愛らしいものがあります。

 

たとえばはしごやパイプで

二階、三階に続いているタイプのものもありますよね。

 

ですが、もともとジャンガリアンハムスターは目が悪く、

木に登ったりなどしない生き物です。

 

ですから、二階建てケージの場合、

ジャンガリアンハムスターにとっては

非常に負担となってしまいます。

 

また、登る際中に落下し、怪我をしてしまうことも。

 

このような事情から、ジャンガリアンハムスターのケージは

高さよりも横の広さを重視してあげて、

落下してしまうような環境を作らないようにしましょう。

 

 

できるだけ金網のケージは避けましょう!

ジャンガリアンハムスターに限らず、

ハムスターのケージでポピュラーなのが金網ケージですよね。

 

しかし、実は金網ケージは

ジャンガリアンハムスターにとって危険がいっぱい!

 

たとえば網をかじってしまうことで

歯の病気にも繋がりますし、

金網ケージを登ることで落下事故に繋がることもあります。

 

それだけでなく金網ケージは

周囲の物音がダイレクトに伝わってしまいますから、

ジャンガリアンハムスターにとって

快適な環境を作ることができません。

 

ですから、ジャンガリアンハムスターのケージを選ぶ際は、

できる限り金網ケージを避けるようにしてくださいね

 

 

 

ジャンガリアンハムスターのケージの大きさは?

 

ジャンガリアンハムスターのケージを選ぶ際に、

重要なのがケージのサイズです。

 

よく”ジャンガリアンハムスター用のケージ”として、

おもちゃのような小さいサイズのケージが販売されていますよね。

 

そのようなケージの中にはインテリアとして映えるような

可愛らしいデザインのものが目立つでしょう。

 

実は、これらはジャンガリアンハムスターにとって

良いものばかりではないのが現実です。

 

一般的に、ジャンガリアンハムスターのケージは

45センチサイズがおすすめ。

 

これよりもサイズが小さいものは

ジャンガリアンハムスターにとってストレスとなりますので、

選ばないようにしてくださいね。

 

また、高さはあまり必要ありませんので、

二階建てのものなどは避けましょう。

 

ただし、同じケージに複数のジャンガリアンハムスターを

同居させる場合は、このサイズよりも

大きなものを選ぶようにしてください。

 

その場合は、だいたい60センチサイズ以上のケージを

選ぶのがベストですよ。

 

 

ジャンガリアンハムスターのケージのおすすめレイアウトは?

ジャンガリアンハムスターのケージ内は、

どのようにレイアウトをすればよいのでしょうか?

 

そこで今回は、おすすめなジャンガリアンハムスターのケージの

レイアウトをご紹介していきます。

 

1.お運動スペースを確保

まず、最初に紹介するのケージは

巣箱がケージの奥、かつ隅に設置されていることがポイントです。

 

巣箱はジャンガリアンハムスターにとって安心できる場所なので

置く位置が重要となります。

 

また、サイズも広々しているため

ケージ内が物であふれることなく、

十分な運動スペースを確保できますね。

 

ハムスターは清潔な生き物ですから、

巣箱とトイレの位置が離れている、というのも良い点でしょう。

 

ジャンガリアンハムスターのケージとしては

理想的なレイアウトですので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

2.トイハウスのようなデザイン

mame☺︎さん(@__mame_gram__)がシェアした投稿

次に紹介するのはまるでトイハウスのような

素敵なレイアウトです!

 

水槽ケージは上記のように

おしゃれにデコレーションしやすい、という

おしゃれ好きな方には嬉しいポイントもありますよ。

 

もちろん、飼い主にとって良いだけのケージではなく、

ジャンガリアンハムスターにとっても快適なケージ。

 

巣箱はジャンガリアンハムスターが落ち着きやすいよう、

隅に置かれています。

 

また、回し車の周囲に尖ったものがないこともポイント。

 

ジャンガリアンハムスターは回し車に乗っている最中に、

勢い余って飛び出してしまうことがあります。

 

そのため、回し車の周囲には

木材のおもちゃなどを置かない方が良いですよ。

 

おしゃれなケージ作りを試してみたい方に

おすすめなレイアウトですね。

 

 

3.広めのケージでゆったりと

最後に紹介する、ケージのポイントは、

なんといっても、このゆったりとした

空間にあります。

 

ジャンガリアンハムスターは、

野生下では自由に歩き回る生き物。

 

そのため、このような広いケージを

用意してあげると喜びますよ。

 

こちらのケージではその広さゆえ、

巣箱、トイレ、トンネル、餌入れが

十分な距離をとって配置されています。

 

そのため、ジャンガリアンハムスターは

ケージ内を行き来するために、

動くことになり、運動不足も解消されるでしょう。

 

レイアウトとは異なりますが、

温度計も設置されていることも良い点ですね。

 

これにより、ハムスターにとって

快適な温度を維持しやすくなります。

 

大きなケージでジャンガリアンハムスター

を飼ってみたい方は、

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ジャンガリアンハムスターのおすすめなケージは?

これまで、ジャンガリアンハムスターの

ケージの選び方、そして、インテリアに

ついて紹介してきました。

 

続いては、販売されているものの中から

おすすめな、ジャンガリアンハムスターの

ケージについてご紹介していきます!

 

水槽ケージ

こちらは、

水槽ケージです。

 

中で遊ぶ、ハムスターが良く見えますし

掃除などの、管理も楽です。

 

網タイプのケージに比べると、重い?

のがデメリットではありますが、このような

ガラス水槽は、傷がつきにくいですし、

長持ちするのがメリットです。

 

広さもあるので、ケージ内のインテリアにも

こだわりやすいでしょう。

 

水槽ケージに興味がある方は、

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

アスレチックタイプのケージ

次に紹介するのは、下記(別売)のような、

空中散歩用のアーチを組み合わせることで、

アスレチックのような空間を作る事ができます。

 

ジャンガリアンの遊び心をくすぐる、ケージ

です。

取り外し可能の、つなげるタイプの

クリアタイプのトンネルなので、もぐって

中で遊ぶハムスターの様子も鑑賞できますょ。

 

トンネルの組み合わせにも、バリエーション

があり、ハムスターを飽きさせません。

また、このような金網ゲージは、

値段が安いというメリットがあります!

 

ただし、金網ケージは、ハムスターが簡単に

よじ登る事ができるため、

ハムスターが怪我をしてしまうリスクも

あるのが、デメリットになります。

 

また、サイズも小さめ

という点から、飼育ケージというより別荘、

サブケージのような感覚でハムスターを

入れてあげると良いですょ。

 

若いハムスターなどは、

喜んでパイプの中をくぐっていくでしょう。

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

さて、今回はジャンガリアンハムスターのケージについてを

メインに書かせていただきました。

 

ジャンガリアンハムスターを快適に飼育してあげるには、

良いケージを用意してあげなくてはなりません。

 

今回は、ケージの選び方だけでなく

おすすめなインテリアについても併せて紹介しましたので

ぜひ、可愛いジャンガリアンハムスターのために

素敵なケージを用意してあげてくださいね!

 

以上、『ジャンガリアンハムスターのケージのおすすめ!選び方やレイアウトも!』の記事でした。