今回はハムスターが歯ぎしりをする意味について

詳しくご説明していきます。

 

ハムスターの歯ぎしりは珍しい行動なので

ただのきまぐれでは?と思う方も多いかもしれませんが、

ハムスターの歯ぎしりにはちゃんと意味があります。

 

正しい知識を身につけるためにも

是非最後までご覧になってみてくださいね。

ハムスターが歯ぎしりする意味って?

参考元URL:http://konomi.me/

ハムスターが歯ぎしりをするのは

簡単に言うと何かサインを送っている時です。

 

何のサインかはその時の場合や

ハムスターによってもちろん違いますが、

ただ一つだけ言えるのは

どのサインもあまり良い意味ではないということ。

 

だからといって全部がネガティブな理由での

歯ぎしりというわけではありません。

 

相手に何かを伝えたい歯ぎしりもありますが、

相手に何かを伝えたいわけじゃないけど

歯ぎしりをしてしまう理由があるという感じで、

 

相手が原因のネガティブな理由の歯ぎしりか

相手が原因じゃないけど

ネガティブな理由の歯ぎしりかという違いです。

 

歯ぎしりが良い意味ではないのはそういう理由でした。

 

サインの意味については

これから細かく説明するのですが、

そもそもハムスターが歯ぎしりをして

サインを送っているのは

なぜかを知っておいてくださいね。

 

 

 

ハムスターが歯ぎしりする理由は?

ハムスターが歯ぎしり理由は先ほども言ったとおり、

何かのサインを送ろうとしている時です。

 

その具体的な理由について説明していきますね。

 

ハムスターが歯ぎしりするのは威嚇しているのが理由!


参考元URL:http://beastie.hippy.jp/

ハムスターが歯ぎしりをする1番の原因は

恐怖心からくる威嚇と警戒だと思ってよいでしょう。

 

ハムスターは基本的に怖がりで臆病な動物です。

 

人に触られたりかまわれたりすることを好む

ハムスターの方が少ないです。

 

無理やり抱っこしようとして追いかけまわしたり、

寝ているところを無理やり起こして捕まえたり、

ギュッと掴んで抱っこしてしまったりしていませんか?

 

さすがにここまで極端なことをしている人であれば

すぐ原因に気がつくと思いますが、

ハムスターは本来は人懐っこい動物ではないので、

飼い始めはどんな環境でもストレスが生まれてしまいます。

 

まだ飼い始めの慣れていない頃に、

さきほどのような恐怖を感じるような

経験をさせてしまっている場合は、

ケージに手を入れると歯ぎしりをしてきたりします。

 

手に追いかけられたことや

怖い思いをしたときと同じ匂いがしたと

ハムスターが覚えているので

歯ぎしりでサインを出します。

 

ただ、ハムスターの恐怖を煽るような

行動をしていなくても

最初の内は少しの刺激がストレスになります。

 

この場合の対処法はとにかく時間をかけて

それらの刺激に慣れさせるしかありません。

 

もちろんですが、先ほど説明したような

ハムスターに無理やりかまうような行動はやめましょう。

 

ハムスターは警戒心がとても強いので、

歯ぎしりをしている期間は

そっとしておいてあげた方がいいかもしれません。

 

最初のうちは無理やり仲良くなろうとしても

ハムスターにはストレスになるだけです。

 

場合によっては寿命に関わってくることもあります。

 

徐々に仲良くなるつもりで飼育しましょう。

 

 

ハムスターが歯ぎしりするのは親を呼んでいるのが理由!

参考元URL:https://static.pepy.jp/

人の赤ちゃんも親を呼ぶときは

泣いたりしてサインを送りますよね。

 

ハムスターの子どもも同じように

親を呼ぶ動作のひとつとして歯ぎしりをしたりします。

 

さらっと言いましたが、

このようにハムスターが歯ぎしりをしているのは

子供のハムスター独自の仕草のことが多いです。

 

なので気にする必要はあまりありません。

 

それでもお腹が空いていたりするかもしれないので、

子供のハムスターが歯ぎしりをしているときは

最後にご飯をあげたのはいつかなどを

念のため確認してみるといいですよ。

 

 

ハムスターが歯ぎしりする原因は?

ハムスターが歯ぎしりをする理由について

ご説明しましたが、

歯ぎしりをするのは精神的な理由ではなく、

やむを得ない場合もあるかもしれません。

 

これはかなりハムスターの健康に

関わってきたりするので、

ちゃんと原因を理解しておいてくださいね。

 

 ハムスターが歯ぎしりするのは病気が原因!

参考元URL:http://hammlog.com/

ハムスターが歯ぎしりをしている原因として

一番覚えておいてほしいのが病気の可能性です。

 

歯ぎしりをしているのは

病気で苦しんでいるためという可能性があります。

 

ハムスターは病気になってもそれを隠し通そうとする、

病気を発見しずらい動物だと言われています。

 

しかし我慢が限界に達しているときには

歯ぎしりをしてストレスを訴えるということもあります。

 

これに気づくために普段の食欲や運動量、

動きなどをチェックしておいて

ふらつきがないか痩せてきていないかなど

しっかりとチェックしてあげましょう。

 

もしチェックをしていて気になる点がある場合は

病気の可能性もありますので、

動物病院の受診を考えておきましょう。

 

 

ハムスターが歯ぎしりするのは歯が伸びすぎているのが原因!

参考元URL:https://news.mynavi.jp/

次に多いのが

歯が伸びすぎていることが原因のパターン

 

これは相手が理由で

歯ぎしりをする時とは違うので、

あまり深刻な問題ではありません。

 

ですが、無視をしていいというわけではないので

原因を理解して改善してあげてください。

 

ハムスターは何もしないと

歯がどんどん伸びてきてしまう動物なので、

定期的に確認して歯の状態をみてあげましょう。

 

歯の伸びすぎの防止にはかじり木や

くるみなどのかたい餌をたまに与えたりして、

ハムスターが自然と歯を削れるような環境を

用意してあげるといいですよ。

 

それでも歯が伸びすぎてしまうと

餌を食べるときに支障がでたり、

そもそも歯が割れてしまうリスクがあります。

 

対処しているのに歯ぎしりが止まなくて

歯が伸びすぎてしまっているなら

早めに動物病院を受診し、

歯を短く切ってもらうなどの治療をしてもらいましょう。

 

 

ハムスターの歯ぎしりを止めさせる方法は?

歯ぎしりの理由や原因をご説明した際に

止めさせる方法にも少触れましたが、

ここからはハムスターの歯ぎしりを

止めさせる方法について詳しくご説明していきます。

 

ハムスターの歯ぎしりを止めさせるには接し方を変える!

参考元URL:https://i.ytimg.com/

ハムスターの歯ぎしりは

ストレスからくるものかもしれないと説明しました。

 

大体のハムスターのストレスは

人との接し方がかなりの割合を占めています。

 

特に飼い始めの頃はストレスがたまりやすいので

過度な接し方は絶対にやめましょう。

 

もしもハムスターにかまいすぎていて

手をいれた時に歯ぎしりをされた場合は

それは完全に威嚇としての歯ぎしりなので

ハムスターとの接し方を見直しましょう。

 

 

ハムスターの歯ぎしりを止めさせるには固い餌をあげる!

参考元URL:http://switch-box.net/

歯の伸びすぎもハムスターが

歯ぎしりをする原因のひとつでした。

 

本来ハムスターは

固いものをかじって歯の長さを調節します。

 

ですが、飼育しているハムスターは

固いものをかじってなかったりするので、

歯が伸びすぎてしまいます。

 

歯ぎしりはそれを訴えるサインだったり、

歯ぎしりをすることで

歯の長さを調節するためのものでした。

 

なので、餌をくるみが使用されていたりする

固いものに変えてみましょう。

こちらの記事でハムスターにおすすめな餌

いくつかご紹介していますので、

合わせてご覧になってみてくださいね。

 

他にもかじり木などをあげても効果がありますよ。

 

長野県小布施産 りんごの木 細枝 70g 国産 かじり木 おもちゃ 無添加 無着…

上記画像の商品は国産のりんごの木を使用した

小動物用のかじり木です。

 

着色料や保存料を使用していない

天然のかじり木なので、

安心して遊ばせてあげることができますよ。

 

もしそれらをあげていても改善がされない時は

動物病院への受診も視野に入れておきましょう。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

ハムスターが歯ぎしりをする意味について

ご理解いただけましたでしょうか。

 

可愛がりすぎもストレスになるということや、

歯ぎしりは病気の合図かもしれないということを

忘れないでくださいね。

 

以上、『ハムスターが歯ぎしりする意味は?理由や原因、音を立てる時の対処法!』の記事でした。