可愛らしい顔立ちが魅力的な魚、ドジョウ。

 

ドジョウは水槽の底の方にいることが多い

底層魚であるため、

レイアウトの仕方に少し工夫があるんです。

 

そこで今回は、

ドジョウの水槽のレイアウトについて

解説していきますね。

 

スポンサーリンク





 

ドジョウ水槽レイアウト!おすすめオシャレな配置は?

ドジョウ水槽のレイアウトは、

どのように作り上げていけばよいのでしょうか?

 

そこで、参考になりそうな

ドジョウ水槽の、オシャレな配置を

10点ご紹介していきます。

 

石は暗めでも底砂は明るめのものを使う


参照元:youtube/GoodSonJP

まず初めに紹介するのが、

暗い背景に、暗めの石が配置された

こちらのドジョウ水槽のレイアウト。

 

石のほかにも水草や

たくましい流木も、配置されており、

非常にバランスのとれた

オシャレな水槽レイアウトと

なっています。

 

ドジョウは

水槽の底にいることが多い魚ですから、

このように、底砂がよく見えるようになって

いるのは、参考にしたいポイントですね。

 

底砂が明るいめの色であることと

水草の鮮やかな緑が、

全体的に、落ち着いた色合いとなり、

水槽内を明るくしています。

 

趣のあるドジョウ水槽の、レイアウトです

ので、オシャレで、インテリア性の高い水槽

を作りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

流木でアーチを作る

参照元:youtube/真釣ちゃんねる

上記のドジョウの水槽は、

ダイナミックな流木と

深い緑の水草が印象的で、

レイアウトになっています。

 

アーチ状の流木が、小洒落た配置になって

いて、流木の間を、ドジョウが泳ぐ姿が

見れるなど、細かな工夫がなされた

おしゃれなレイアウトになっています。

 

水草の種類も豊富ですから、

見ていて飽きませんよね。

 

手前に配置されている

深い緑のコケや水面に浮かぶ水草など

他の水槽にはない

レイアウトがちりばめられています。

 

砂の色が明るい色であるため

水槽全体の色合いが明るくなっており、

こんもりと盛られた底砂が優しげな、

穏やかな、気持ちになれる

ドジョウ水槽のレイアウトでした。

 

 

流木を上手く組み合わせる

 

どじょうのレイアウト1

参照元:youtube/■ヤントの水草ch■

続いて紹介する

ドジョウの水槽レイアウトは

美しく、組み合わされた流木が

幻想的で個性的なこちら。

 

底砂は白く、苔むした流木の緑と相まって

まるで川の中をのぞいているような

気分になれる水槽ですね。

 

流木や石にコケを巻く作業は

少し手間がかかりますが、

その分、コケを巻いた流木は自然の風合い

をかもしだし、レイアウトをワンランク

アップさせます。

 

ドジョウは、水槽の底にいることが多い魚

ですから、ドジョウ水槽の配置は、

底砂や、水草などで色を取り入れる

ようにする、おしゃれになります。

 

アクアテラリウム風にする

参照元:youtube/M T

次に紹介するドジョウの水槽レイアウトは

水面から水草が飛び出したこちら。

 

このように水上に水草を浮かべるなどして

レイアウトするものを、”テラリウム”と呼びます。

 

このようなテラリウムは、お部屋に1台

設置するだけで、オシャレな印象を与え、

癒やしの空間にしてくれます。

 

こちらの水槽は、水中も

水草や流木で彩られていますから

アクアリウムとしての要素も兼ね揃えた

『アクアテラリウム』ですね。

 

ドジョウは、水中をダイナミックに

泳ぎ回ることの少ない、地味な魚ですから

このように、アクアテラリウムを意識

した配置にすれば、インテリアにもなる

オシャレ水槽に仕上がりますよ。

スポンサーリンク





左右の雰囲気を変えてみる

参照元:youtube/mtgmtgmtg2002

こちらのドジョウ水槽のレイアウトは

横長の水槽に左右で雰囲気の異なる

レイアウトがなされたこちらです。

 

水槽の左側は、流木と茶色の砂底で構成され

どこか寂しげな印象を抱かせる

レイアウトとなっていますね。

 

一方で水槽の右側は、鮮やかな水草が生い

茂り、明るいオレンジの石も配置され

左側とは全く違う印象です。

 

右側の底砂も、

明るい色の物を、入れられていますし、

ひとつの水槽で二つのレイアウトを楽しめる

点がオシャレですね。

 

このように、横長の水槽であれば、

左右で全く異なるレイアウトをしても

あまり違和感がありません。

 

しっかり、水槽レイアウトをしてみたい方は、

このように横長の水槽を

用意してみてはいかがでしょうか?

 

 

鮮やかな石や流木を使う

参照元:youtube/mtgmtgmtg2002

続いて紹介するのが、

大小異なる流木や鮮やかな色の石や

水草が美しいこちらのドジョウ水槽。

 

メインに存在感のある流木を配置している

ため、ずっしりとした安定感のある水槽

レイアウトです。

 

底砂の灰色や深緑の水草、流木の色合いで

一見落ち着いた雰囲気のレイアウトにも見えます。

 

しかし左側にあるオレンジ色の石のおかげ

で、水槽に華やかさがありますね。

 

ドジョウだけでなく

他の魚も、混泳している水槽ですが、

さまざまな魚が、生き生きと泳ぐ姿が

見えやすく、スペースも生かされた、

おしゃれな配置になっています。

 

 

エアーカーテンを使う

参照元:youtube/Kedarui

 

こちらの水槽は、背景にはエアカーテンを

使っています。

 

いろんな種類の、水草が

華やかな、ドジョウ水槽のレイアウト

になっています。

 

金魚も混泳している、水槽ですが、

水槽中を、ゆうゆうと泳ぎ回る金魚も

水槽の底にたたずむ、ドジョウも

どちらも、生き生きとしていますね。

 

レイアウト自体が、すっきりしているため

どちらかの、生活圏のスペースを奪いすぎず

さわやかなで、おしゃれなレイアウト

に仕上がっています。

 

また、水槽の背面にさりげなく設置された

エアーカーテンも、ワンポイントとなり

水槽内を、オシャレにみせています。

 

ドジョウは、水底を好む魚であるため、

金魚のような、中間層を泳ぎ回る魚とも

相性が良いんです。

 

この水槽は、ドジョウを金魚などの

ほかの魚と混泳させたい方に

ピッタリなレイアウトですよ。

 

水草水槽は、ドジョウが土の中に潜ったり

水草を、つついたりした時に、

浮かないように、石や流木に巻き付ける

などすれば、水草が荒らされなくて

すみますょ。

スポンサーリンク





オブジェを使う

参照元:youtube/ボーイトマト

上記画像は、全体的にグレーな

ワントーンでありながら

可愛らしいオブジェが光る

ドジョウ水槽のレイアウトです。

 

水槽の中央に設置されているのは、

割れた沈没船をモチーフにしたオブジェ。

 

沈没船が、水底に沈んだような雰囲気が

あり、ドジョウの水槽には、ぴったりですね。

 

これだけでは、やや寂しい印象ですが、

この他に、鮮やかな色の土管や

可愛らしいカエルの置物も置かれているため

水槽にキュートな、印象をプラスできています。

 

水槽に石や流木を置かなくても、

このようにオブジェを、好みで配置する

だけで、おしゃれになりますし、水槽内

を、個性的に彩ることができますよ。

 

 

川砂に生い茂るマツモ

参照元:youtube/akdecon 4

次に紹介するのが、

水草が生い茂る、こちらのドジョウ水槽です。

 

上記画像の水槽では

ドジョウのほかに、多くの魚が混泳しており

シンプルながらも、涼しげでオシャレな印象

を受けます。

 

基本的なレイアウトは、

背の高い水草のみですが

悠々と泳ぐ、魚たちの姿がよく

見える水槽です。

 

その分、底砂は明るい色ですので、

水槽全体が、明るく見えることもポイント。

 

初心者の方でも真似しやすい、

おすすめな水槽レイアウトですよ。

 

 

清流をイメージ

最後に紹介する

ドジョウの水槽のレイアウト、実は、

『メダカの清流 レイアウト素材セット』

としても、売られています。

 

名前にある通り、

メダカの水槽レイアウト用に、素材が

セットになっています。

 

また、メダカとドジョウは

混泳されることもあるなど

両者の水槽レイアウトは、実は似ているんです。

 

こちらの水槽に、

砂利を少し多く入れてあげると、

更に、ドジョウが暮らしやすい水槽となるでしょう。

 

上記画像の水槽レイアウトの特徴は、

左側に、流木や水草で緑を茂らせており、

底砂は、二種類使用していること。

 

このような配置の、レイアウトは

まるで、自然の川を眺めているような

気持ちになれますね。

 

デザイン性が非常に高く、

すでに、材料がそろっていれば、初心者の方

でも、取り組みやすいですね。

 

レイアウトとしても、

インテリアとしても、オシャレな水槽を作る

ときには、ぜひ参考にしてもらいたいです。

 

スポンサーリンク





 

ドジョウの水槽のレイアウトにおすすめなインテリアは?

ここまで、個性の光る、おしゃれな

ドジョウ水槽を数々ご紹介していきました。

 

続いて、ドジョウ水槽に設置すると良い、

おすすめなインテリアを見ていきましょう。

 

青森砂

初めに、紹介するのは、『青森砂』です。

 

水槽レイアウトの顔となるのが、

底砂のアイテム。

 

こちらの青森砂は、

粒が小さめの明るい茶色をした、

砂のアイテムです。

 

特にドジョウは、

底砂にもぐったり、砂を口に含んで餌を

探す生き物です。

 

水槽レイアウトに、底砂は必須なので

組み合わせやすい、このようなシンプル

な色の底砂は、おすすめですよ。

 

また、底砂の目が粗かったり角張っていると

ドジョウの体を傷つけてしまう?恐れが

ありますが、この青森砂であればその心配は

ありません。

 

デザイン性も、実用性も兼ね揃え

ている、ドジョウにおすすめの砂です。

 

ミクロソリウム

ミクロソリウム

次に、紹介するのは、

『ミクロソリウム』です。

 

とても丈夫な水草で、すでに“ミクロソリウム”

が流木に、巻き付けられた状態でも売られています。

 

このように

流木がセットになっているものを選べば、

そのまま、水槽内に置くだけで設置でき、

扱いが簡単というメリットがあります。

 

通常の水草は

底砂に、植え育てなければいけませんが、

その手間を省けるのが嬉しいですね。

 

ミクロソリウムは葉が大きく

存在感が強い水草であるため、

一つ置くだけで、水槽が華やかになります。

 

水槽内をぱっと彩るような、水草を置きたい

方は、こちらのミクロソリウムがおすすめ

ですよ。

 

また、どじょうは低層にいる事が多く

底砂をかき回したり、砂の中に潜って顔を

出したりします。

 

↓まさに、こんな感じですょ、笑

砂の中から顔だけ出すドジョウ

 

もし、こんな可愛くてお茶目な、ドジョウの

姿を見たいのであれば、体を傷つけない底砂が

を入れると、こんな可愛い姿を見る事が

できますょ♡

 

水槽内に、ドジョウの姿が、

見当たらなかったら、きっと潜っています、笑

 

探して見て下さい♡

 

このような理由から、ドジョウがいる水槽は

水草レイアウトが、見事に崩される事が

あるので、御注意下さい。

 

そんな時も、流木と一体化している水草なら

ドンと安定感があり、せっかくのレイアウトが

台無しになる事も防げるので、お勧めですょ。

スポンサーリンク





ヤマト那智石

次に、御紹介するのは、『ヤマト那智石』です。

 

那智石は”黒玉砂利”とも呼ばれ、

水にぬれると、黒く輝く小石。

 

水槽のアクセントとなるため、

ぜひチェックしてほしいアイテムです。

 

ドジョウは、砂にもぐる性質があるため、

これを、一面に敷くのではなく、

水槽の一部分にのみ敷いて

水槽を、おしゃれに彩ると良いでしょう。

 

落ち着いた、和風庭園風の

ドジョウ水槽のレイアウトを作るときにも

おすすめの石ですよ。

 

 

人工水草

最後に紹介するのが、『人口水草』です。

 

これは、ドジョウ水槽にも設置しやすい

人工水草のアイテムになります。

 

生きた水草を、水槽に入れると、

枯れてしまわないよう

水質などに、気を配らなくてはいけません。

 

水槽レイアウト、初心者の人にとって、

ドジョウだけでなく、水草の管理まで行う

のは大変ですよね?

 

でも、水槽に水草を入れないと、

なんだか、水槽内が殺風景で寂しい…

そんな悩みを抱える方に、おすすめなのが、

このような、人工水草です。

 

土台がありますので、

そのまま、水槽内に設置するだけで

色鮮やかな、水草を楽しむことができますよ。

 

いろんな色彩のものが、売られていますので

好みのもの見つけ、水槽を華やかで

オシャレに、彩ってあげてください。

 

お手軽に、水槽内に置くことのできる

人工水草も、ぜひレイアウトに加えてみて

くださいね。

 

隠れ家

ドジョウは、野生下では岩などに隠れて

身をひそめることが、大好きな生き物です

ので、他の魚に邪魔されない場所も必要です。

 

ドジョウ水槽には、

そんな隠れ家となるような、置物や

流木、水草など、何でも良いので、

ドジョウが、身を隠せるような場所を

水槽に設置してあげてください。

 

また、シェルターは、殺風景な水槽内を

彩るためのアイテムとしても有効です。

 

水草などの間に、設置することで

おしゃれな、レイアウトが作れるでしょう。

スポンサーリンク





この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

さて、今回はドジョウの水槽におすすめな

レイアウトを紹介させていただきました。

 

ドジョウは

水槽の底にいることの多い底層魚であり、

地味な印象の強い魚ですが

水草や流木などを組み合わせて

華やかな水槽を作っても良いですね。

 

また、ドジョウは金魚やメダカなどの

川魚と混泳させることができ、

さまざまな魚が泳ぎ回る

楽しい水槽を作りやすいことがポイント。

 

他の魚と混泳させてみたり、

華やかな水槽を作ってみたりと

色々な楽しみ方ができるドジョウ水槽を、

楽しくレイアウトしてみてくださいね!

 

以上、『ドジョウの水槽のレイアウト!おすすめのおしゃれな配置やインテリアは?』の記事でした!

スポンサーリンク