キャンベルハムスターは、ジャンガリアンハムスターと

よく似た見た目をしたハムスターです。

 

そんなキャンベルハムスターの魅力のひとつが、

カラーバリエーションが豊富な毛色

 

ですが、異なる種類のハムスターであるため

飼い方では注意してほしいことがいくつかあります!

 

今回は、さまざまな毛色を持つキャンベルハムスターの飼い方について

詳しく紹介していきますね。

 

キャンベルハムスターの飼い方って?

 

キャンベルハムスターの基本的な飼い方は、

他のハムスターの飼い方と変わりません。

 

ハムスター用のケージを用意してやり、

床材、巣箱、餌入れ、給水器、回し車など

ハムスターの飼育に必要な物を入れてあげましょう。

 

ケージ内の温度は、常に20℃から26℃の間を保ってやり、

必要であれば温度計の設置をしても良いです。

 

多くのハムスターに言えることですが、

キャンベルハムスターは夜行性です。

 

そのため、掃除や散歩などのお世話は

夕方以降にしてあげるようにしてくださいね。

 

また、餌の時間も決めておく

キャンベルハムスターが餌の時間を覚えて

その時間になると巣箱から顔を出してくれるようにもなりますよ。

 

 

 

キャンベルハムスターの飼い方で気を付けることは?

 

キャンベルハムスターの飼い方で

気を付けてほしことがあります。

 

それは、『無理やりスキンシップをとろうとしない』ということ。

 

キャンベルハムスターは

他のハムスターと比べて気が強い性格であるため、

不用意に手を出すと噛まれてしまうことがあります。

 

そのため、キャンベルハムスターが

まだ慣れていないうちは無理に触ろうとせず、

最低限の世話のみを行ってくださいね。

 

キャンベルハムスターは気が強いハムスターですが、

人間に懐かないわけではありません。

 

根気よく世話をして少しずつ距離を縮めていけば、

懐いてくれますよ。

 

ただし、キャンベルハムスターに噛まれたとき、

飼い主が驚いて大きな声を上げたりすると、

キャンベルハムスターは怯えてしまます。

 

そうなると、余計に人間を恐れるようになってしまうことも。

 

キャンベルハムスターと接するときは、

噛まれることも覚悟したうえで

少しずつ距離を縮めていくようにしてください。

 

 

 

キャンベルハムスターの特徴は?

 

View this post on Instagram

 

ShiraTamako & Maruko & Momokoさん(@ham_tamako)がシェアした投稿

キャンベルハムスターは

ジャンガリアンハムスターとよく似ていますが、

ジャンガリアンハムスターよりも体が大きいという特徴があります。

 

また、一般的に気が強く、

やや人に懐きにくい種類だとされています。

 

そのため、飼い方もこの性格に配慮し

無理に触ろうとしないことが大切です。

 

キャンベルハムスターの寿命は、

一般的なドワーフハムスターと同様

2年から2年半ほどとされています。

 

この寿命を全うさせてあげるには、

健康に気を配った飼い方をしてあげなくてはなりません。

 

特に、キャンベルハムスターは

糖尿病になりやすいとされています。

 

そのため、甘いおやつなどを多く与えるような飼い方はNG!

 

短い寿命の生き物ですから、

病気などしない理想的な飼い方をしてあげてくださいね。

 

 

キャンベルハムスターの毛色はどんな種類があるの?

 

キャンベルハムスターは、

他のハムスターよりもカラーバリエーションが豊富です。

 

まず、キャンベルハムスターのカラーには

大きく分けて二種類あります。

 

ひとつは野生の色である『アグーチ』で、

こちらは全身が同じ色であったり、背中とお腹で色が異なることも。

 

もうひとつが、『セルフ』という全身が一色のカラーです。

 

アグーチの中でメジャーな色が、

全身がオレンジ色をした”イエロー”です。

 

その他にもオパール、ブルーフォーンなど、

キャンベルハムスターには数えられないくらいの

豊富なカラーバリエーションがありますよ。

 

他にも青ががかった毛色や、

チョコレート色、また目が赤い種類のものなど、

さまざまな見た目のキャンベルハムスターがいます。

 

このような毛色の豊富さが、

キャンベルハムスターの魅力の一つとなっているんですね!

 

キャンベルハムスターを飼育する際は、

ぜひ毛色に注目してみてください。

 

ちなみに、毛色により性格などの違いはありませんので、

カラーが違くてもキャンベルハムスターであれば

飼い方は同じですよ。

 

 

 

キャンベルハムスターの販売方法や値段は?

 

キャンベルハムスターはどこで購入することができ、

また一般的な値段はどのくらいなのでしょうか?

 

通常、キャンベルハムスターはペットショップで

2000円から4000円程度で販売されていることが多いです。

 

ただし、あまり安価であるとショップでの飼い方が

適切ではない可能性もありますので、注意してくださいね。

 

余裕があれば、販売されているキャンベルハムスターが

良い飼い方をされているのか、

設備などを見て判断しましょう。

 

一番よいのは、人気のあり

信頼のおけるブリーダーから購入することです。

 

しっかりとしたブリーダーであれば良い飼い方をしているので、

元気に育ってくれて、

落ち着いた性格のキャンベルハムスターが多くいます。

 

また、ペットショップで購入する際の注意点として、

キャンベルハムスターをジャンガリアンハムスターとして

販売しているケースがあります。

 

このため、珍しい毛色をした

ジャンガリアンハムスターが販売されていたら、

キャンベルハムスターであるかもしれません!

 

そのようなショップはキャンベルハムスターに詳しくなく、

正しい飼い方をされているか分かりませんので、

購入しない方が良いでしょう。

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

さて、今回はキャンベルハムスターの飼い方についてを

メインにお伝えしてきました。

 

キャンベルハムスターは気が強いハムスターであるため、

飼い方に気を付けなければなりません。

 

ですが、きちんと世話をすれば懐いてくれる、

可愛らしい一面もあります。

 

寿命は2年程度と短いですが、その分愛情を注いであげて、

健康に長生きさせてあげられる飼い方をしてあげてくださいね!

 

以上、『キャンベルハムスターの飼い方!寿命や性格、値段や毛色の種類、販売方法も!』の記事でした。