赤と白のバンドが美しい

”レッドビーシュリンプ”を代表に、

ビーシュリンプにはさまざまな種類がいます。

 

縞模様が入っていたり鮮やかな色をしていたり、

カラフルなビーシュリンプは

ペットとしても人気が高いですよね。

 

そこで今回は、ビーシュリンプを飼育するために

どのような餌を用意するのか、また餌を与える際の

注意点などについてご紹介していきます。

 

ビーシュリンプに与えてはいけない餌って?

 

ビーシュリンプに与えてはいけない餌は、

農薬などが含まれている野菜や水草。

 

ビーシュリンプは薬品に弱く、

隣の部屋で殺虫剤を撒いただけで

死んでしまうこともあるそうです。

 

そのため、餌に農薬が

含まれていることは絶対にNG。

 

人間用に販売されている野菜の場合、

農薬が含まれていることが多いですから、

特に注意が必要ですね。

 

 

 

ビーシュリンプに餌を与える頻度や量って?

 

続いて、ビーシュリンプに

餌を与える頻度や量について

みていきましょう。

 

ビーシュリンプはもともと

水槽内のコケ取りなどのために

飼育されることもあります。

 

特別に餌を与えずとも、

水槽内にあるものを食べて

生きることができるんですよ。

 

そのため、ビーシュリンプに餌を与えるときは

一度に食べきれる量が良いでしょう。

 

心配だからといって餌を与えすぎると

食べ残しが水槽を汚し、

逆にビーシュリンプにとって悪影響となります。

 

ビーシュリンプに餌を与える頻度は、

多くても週に一度程度、水槽内に水草などがあれば

10日から2週間に一度でもかまいません。

 

水槽内のバランスが自然界の川などと同様に

バランスよく保たれていれば、

月に一、二回餌を与えるのみでも構わないようです。

 

ビーシュリンプの飼育に慣れた人の場合、

餌を全く与えないこともあるそうですよ。

 

 

 

ビーシュリンプの餌のあげ方って?

 

続いて、ビーシュリンプの

餌のあげ方を見て行きましょう。

 

ビーシュリンプは

水面にはあまり上がってきません。

 

水槽の底の方で

活動することが多い生き物です。

 

そのため、ビーシュリンプに餌を与えるときは

水槽の底に餌をおいてあげると良いですね。

 

野菜など浮いてしまう餌を食べさせるときは、

クリップなどで止めてから

それを沈めてやると良いでしょう。

 

 

 

ビーシュリンプが餌を食べない時の対処法は?

 

ビーシュリンプが餌を食べないときは、

どのような対処法が良いのでしょうか?

 

ビーシュリンプは水質悪化や

pHの変化などに敏感な生き物です。

 

ビーシュリンプが餌を食べなくなったときは、

これらのバランスが崩れていることが

原因かもしれません。

 

ビーシュリンプが餌を食べなくなったときは、

水槽内の水質を調べてみて下さい。

 

また、水温がビーシュリンプに

適していない可能性もあります。

 

水温がビーシュリンプに適した

22℃から26℃になっているかどうかも、

チェックしてくださいね。

 

それから、今与えている餌を

ビーシュリンプが好まないことが

原因となっているかもしれません。

 

ビーシュリンプが餌を食べないときは、

餌の種類を変えてみることも一つの方法ですよ。

 

 

ビーシュリンプにおすすめな餌って?

ビーシュリンプに与える餌は

どのようなものが良いのでしょうか?

 

つづいて、ビーシュリンプに与えると良い餌を

いくつかご紹介していきますね。

 

ビーシュリンプにおすすめな餌1

まず初めに紹介するのが

エビ玉

プレート状のシュリンプフードです。

 

シュリンプフードはたくさん販売されており

形状もさまざま。

 

そのなかでも、このエビ玉は

固形であるため、ビーシュリンプたちが

集まって食べる姿が観察できます。

下記のような感じです。とても食いつきが良く

モリモリ食べています、笑

チェリーレッドシュリンプ

ビーシュリンプが餌を食べる姿は

通称”ツマツマ”と呼ばれ、

とても可愛らしいですよね。

 

また、固形の餌は

水を汚しにくいという特徴もあります。

 

ビーシュリンプの餌に迷ったら、

ぜひプレート状のフードを選んでみてくださいね。

 

 

ビーシュリンプにおすすめな餌2

続いて紹介するのが

パウダー状のシュリンプフードです。

パウダー、つまり粉ですから

小さなビーシュリンプも

食べやすいという特徴がありますよ。

 

また、固形の餌の場合

強いビーシュリンプが

餌を独占してしまうことも。

 

粉状の餌であれば

全てのビーシュリンプが

食べることができます。

 

パウダー状の餌はひとつの水槽に

多くのビーシュリンプを飼っている場合に

おすすめですね。

 

その中でも特におすすめしたいのが

”アクアプランツファームわさび”から販売されている

『色揚げ&繁殖促進パウダー』です。

 

こちらはパウダーの

ビーシュリンプ用フードなんです。

 

それだけでなく、

ビーシュリンプの色揚げ効果もありますよ。

 

このフードを与えれば、

美しい色のビーシュリンプを

育てることができるでしょう。

 

 

ビーシュリンプにおすすめな餌3

続いて紹介するのが

乾燥ほうれん草の商品。

 

ビーシュリンプは雑食性のため、

野菜も食べます。

 

その中でもビーシュリンプたちが

よく食べるのはほうれん草。

 

しかしここで注意しなくてはならないのが、

ほうれん草に含まれる農薬です。

 

ビーシュリンプは薬品にとても弱く

ほうれん草に農薬が付着していると、

それだけで死んでしまいます。

 

そのため、ビーシュリンプの餌として

おすすめなのは

無農薬で育てられたほうれん草を

選んで下さい。

 

 

ここで紹介する商品は

”紅蜂”から販売されている

『乾燥ほうれん草』です。

 

こちらは無農薬であることはもちろん、

乾燥ほうれん草であるため、

日持ちすることが特徴。

 

シュリンプ専用のほうれん草の餌を

ぜひ用意してあげて下さいね。

 

 

ビーシュリンプにおすすめな餌4

次に紹介するのが、ケール錠の商品です。

 

ケールはビーシュリンプに必要な栄養が

豊富に含まれている野菜です。

 

ケールをそのまま与えても良いのですが

市販されているケール錠が手軽に用意でき、

おすすめですよ。

 

特におすすめなのが、

”紅蜂”から販売されている

『ケール錠』です。

 

この商品は無農薬で育てられた

ケールを使用していますから、

ビーシュリンプに与えても安心。

 

固形ですので水を汚しにくく、

ビーシュリンプに

与えやすい餌といえるでしょう。

 

 

ビーシュリンプにおすすめな餌5

次にご紹介する、

おすすめな餌は冷凍赤虫です。

 

赤虫はビーシュリンプが好む動物性の餌。

 

ビーシュリンプたちを健康に育てるためにも

ぜひ与えてあげたい餌ですね。

 

冷凍の赤虫であれば

保管がしやすく、

食べさせるときに解凍すればOK。

 

実はとても管理が

しやすい餌なんですよ。

 

ただし、赤虫のような

動物性の餌は、

水を汚しやすいことがネック。

 

食べ残しはしっかり

取り除くことを心がけましょう。

 

 

ビーシュリンプにおすすめな餌6

マツモ

続いてのおすすめな

ビーシュリンプの餌は、

”マツモ”という水草です。

 

通常、水草は水槽内の

水質管理のためだったり、

景観のために入れることが多いですよね。

 

しかし、ビーシュリンプにとってマツモなどの

柔らかい水草はおいしい餌になるんです。

 

たとえば多くのビーシュリンプを飼っていて

弱い個体に餌が行き届くのか心配……、

といった場合にマツモを入れると良いでしょう。

 

そうすると、たとえ与えた餌を

食べることができなくても

マツモを食べて生き延びることができます。

 

ただし、マツモのような水草を入れる場合

必ず無農薬のものを

用意してあげるようにしてください。

 

 

ビーシュリンプにおすすめな餌7

ウイローモス

最後にご紹介するのが

”ウィローモス”というコケの商品です。

 

先ほどご紹介した

マツモと同じように、

水槽のレイアウトにもなるアイテムです。

 

ビーシュリンプはもともとコケ取り用に

飼育されることもあるように、

コケをよく食べる生き物。

 

こちらもマツモと同様、

弱い個体が餌に困らないように

非常食にもなります。

 

流木に巻き付けられた

ウィローモスもお勧めですょ。

 

水槽を彩るレイアウトとしても

ビーシュリンプの非常食にもなります。

 

シュリンプ水槽に、水草を入れる際に、注意すべき点として、

無農薬の水草を選んで下さい。

少しの農薬でも、エビにはダメージを与えてしまう

からです。

 

無農薬の水草であれば、ビーシュリンプの水槽にも

安心して入れることができますよ。

 

 

ビーシュリンプの稚エビにおすすめな餌って?

ビーシュリンプの成体に適した餌と

稚エビに適した餌は、

異なることを知っていましたか?

 

続いては、ビーシュリンプの

稚エビにおすすめな餌について

見ていきましょう。

 

ビーシュリンプの稚エビにおすすめな餌1

まず初めに紹介するのが

稚エビ用の動物性フードです。

 

ご存知のようにビーシュリンプは

雑食性の生き物です。

 

動物性の餌と植物性の餌、

どちらもバランスよく

摂取させる必要がありますね。

 

特に稚エビは成長しなくていけない時期ですから

しっかりと栄養を摂らせなくてはなりません。

 

その中でも特におすすめなのが

”エフィッシュ”から販売されている

『稚エビの為の細かい動物性フード』です。

 

こちらはその名の通り

稚エビに向けて作られた

動物性の強い餌の商品です。

 

後述する稚エビ用の

植物性フードと合わせて与えれば

稚エビたちにバランスよく

栄養を摂らせることができるでしょう。

 

 

ビーシュリンプの稚エビにおすすめな餌2

続いて紹介するのが

稚エビ専用の植物性フード。

 

こちらは上記の動物性フードと

一緒に食べさせると良いですね。

 

ここで紹介する植物性フードは

”エフィッシュ”から販売されている

『稚エビの為の細かい植物性フード』です。

 

こちらは先ほど紹介した

『稚エビの為の細かい動物性フード』

と対になる商品。

 

この動物性フードと合わせて

与えるのがおすすめですね。

 

また、この商品はパウダー状であるため

小さな稚エビも食べやすいという

特徴があります。

 

稚エビを健康に育てたい方は

先程の動物性フードと合わせて

この商品を与えてみて下さいね。

 

 

ビーシュリンプの稚エビにおすすめな餌3

最後にご紹介するのが

ブラインシュリンプエッグの商品です。

 

ブラインシュリンプとは

体長1ミリにも満たない生き物で、

稚エビの餌となります。

 

エッグであるため自宅で孵化させることで

簡単に栄養満点な餌を稚エビに

用意することができます。

 

ブラインシュリンプは通常のフードとは違い

生きているため、ビーシュリンプの

食いつきが良いことが特徴ですよ。

 

もし市販のフードを

ビーシュリンプの稚エビが食べなかったら、

ブラインシュリンプエッグを

用意すると良いでしょう。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

さて、今回はビーシュリンプに

餌を与える際の注意点や

おすすめな餌の商品について見ていきました。

 

ビーシュリンプは

コケ取り用の生体としても人気ですが

ペットとしても愛好家がいます。

 

そんなビーシュリンプを

しっかりと育てるためには

餌に気を遣わなくてはいけません。

 

ビーシュリンプに合った餌を用意し

色鮮やかなシュリンプたちの

飼育を楽しんでくださいね!

 

以上、『ビーシュリンプの餌のおすすめ!与える回数や頻度、食べない時の対処方法や稚エビには?』の記事でした!