シェルティの愛称で親しまれる

シェットランドシープドッグ

美しい長毛の被毛を持ちながらも

牧羊犬としての快活さも持ち合わせた

アクティブな性格の犬種ですよね。

 

グルーミングのみでもケアは問題ありませんが

長く豊かな毛を活かして、

様々なスタイルを楽しむ飼い主さんも増えているようです。

 

以下に、シェルティにおすすめのカットスタイルを

10種類、画像付きで紹介していきます。

 

シェルティにおすすめのカットスタイル1

・ライオンカット!

 

View this post on Instagram

 

Loa❥❥さん(@loa_01.16)がシェアした投稿

最初に紹介するシェルティにおすすめのカットスタイルは

犬種を超えた人気のスタイルである

ライオンカットです。

 

シェルティは、柔らかくて密集して生えたアンダーコート

長く美しいトップコートの2種類の毛を持つ、

ダブルコートの犬種

 

毛量にも長さにも恵まれた被毛を持つシェルティが

ライオンカットを行うと、

ライオンのように迫力たっぷりの仕上がりになりますね。

 

たっぷりとしたたてがみと尻尾が人目を引くこと

間違いなしのシルエットです。

 

しかし、シェルティに限らずダブルコートを持つ犬種

一度カットをした部分の毛が生えてこないリスクもあるため

たてがみと尻尾を目立たせようと、

あまりに体毛を短く刈り込むのは危険な面もありますよ。

 

ライオンカットを試してみたくなる犬種ではありますが、

カットの際は信頼できるサロンに相談の元

シェルティ自身に負担が掛からないような長さで

トリミングをお願いしてくださいね。

 

 

 

シェルティにおすすめのカットスタイル2

・すっきり、サマーカット!

 

View this post on Instagram

 

ドッグサロンピーチさん(@minapeach)がシェアした投稿

2番目に紹介するシェルティにおすすめのカットスタイルは

顔の毛以外を短く刈り込んだサマーカットです。

 

胴体の毛をかなり短くカットしているので

スッキリとしたシルエットになっており

まるで別の犬種のようにイメージが変わっていますね。

 

耳周りの飾り毛もスッキリと整えられているので

湿度の高い季節に起こりがちな、

外耳炎などの耳のトラブルを抑える効果

期待できそうですね。

 

注意したいのが、シェルティに限らずどの犬種でも

サマーカットをする場合、あまりに短くカットしてしまうと

紫外線のダメージで皮膚が炎症を起こしてしまう

というリスクがあります。

 

特にシェルティは一度バリカンで短く毛を刈り込むと

新しい毛が生えにくくなるという恐れもあるため

サマーカットをする場合は

サロンと相談の上、カットする長さを決めてくださいね。

 

 

 

シェルティにおすすめのカットスタイル3

・短毛に変身、サマーカット!

 

View this post on Instagram

 

Mofuさん(@mofu1208)がシェアした投稿

3番目に紹介するシェルティにおすすめのカットスタイルは

顔の毛も体の毛も同じ長さに短くカットした

短毛犬種のように見えるサマーカットです。

 

まるで脚の長いコーギーのような、

一回り大きいジャックラッセルテリアのような

スマートなシルエットに仕上がっています。

 

『なんという犬種ですか?』と聞かれてしまいそうなくらい

長毛のシェルティとは異なる印象を与えるスタイルですが

精悍な印象が際立って、格好良いですね。

 

足回りもスッキリしているため、動きやすそうなため

アクティブなシェルティにピッタリのカット。

 

こちらのスタイルも、やはり短くカットしすぎてしまう

シェルティの体に負担を掛けてしまう恐れがあるため

愛犬の肌や被毛を確認してから、残す長さを決めてくれる

しっかりとしたトリマーさんにカットを頼むと安心ですよ。

 

凛々しいイメージに仕上がるため、

特に男の子のシェルティにおすすめのスタイルですね。

 

 

シェルティにおすすめのカットスタイル4

・スタンダードなシルエットを残したサマーカット!

 

View this post on Instagram

 

ペットケアサロンRistarさん(@ristar.2015)がシェアした投稿

4番目におすすめのカットスタイルは

スタンダードなシェルティのシルエットを残しつつ

顔回りの毛や首の飾り毛を短く整えたスタイルです。

 

顔回りを短めにスッキリとカットしているため、

顔のパーツが強調されて、仔犬のような幼い表情

とても可愛らしいですね。

 

食事の食べこぼしなどで、飾り毛が汚れる心配もないため

衛生面でも優れたスタイルですよ。

 

全体のシルエットは、

スタンダードなシェルティのイメージを残したままなので、

サマーカットをしたいけど、

印象が変わり過ぎるのは嫌!』という飼い主さんにも

おすすめできるカット。

 

若々しい印象になり、

グルーミングなどの毎日のケアも楽になるため

特にシニアのシェルティにおすすめのスタイルですよ。

 

 

 

シェルティにおすすめのカットスタイル5

・気になる部分だけ、部分カット!

 

View this post on Instagram

 

LONGEVITYさん(@petsalon_longevity)がシェアした投稿

5番目に紹介するシェルティに

おすすめのカットスタイルは首回りの飾り毛や、

脚まわり、お腹まわりやお尻といった

気になる部分だけをカットしたスタイル

 

部分的にカットしているのみなので、

全体のシルエットには大幅な変化はありません。

 

ですが、お腹やお尻の毛に排泄物が付着することや

フローリングの床で足の毛が絡まって転ぶこと等が防げ

シェルティ自身が快適に過ごせるよう配慮されたスタイルですよ。

 

グルーミングや汚れの拭き取りなど、

毎日のケアの負担を軽くすることができるので

飼い主さんにとっても嬉しいですよね。

 

シャンプーが楽になることで、

汚れを気にせず思い切り遊ぶことができそうです。

 

ケアを楽にしたいけれど、シェルティらしさは残したい

という飼い主さんにピッタリのカットですよ。

 

シェルティの持つ優雅な印象は変わらないため、

女の子や、お世話の負担を減らしたいシニアのシェルティに

特におすすめのスタイルです。

 

 

 

シェルティにおすすめのカットスタイル6

シェルティー

参照元:ペットサロン・ハニーのブログ

6番目におすすめのカットスタイルは

耳まわりの飾り毛と、

尻尾の毛だけを残して全体を短くカットした

キツネのようなシルエットのスタイル

 

長さを残している部分が短いので

一見とても短く刈り込んでいるように感じられますが

きちんと長さを残してカットしているため、

暑い時期でもシェルティの肌に負担が掛かる心配がありません。

 

野生のキツネのような凛々しさを感じさせる表情と

思わず触ってみたくなるようなフワフワの尻尾

とても魅力的なスタイルでしょう。

 

サマーカットをしたいけれど

毛が生えてこなくなったら怖い』という

飼い主さんにもおすすめのカットスタイルですね。

 

キツネやオオカミのようなワイルドなシルエットに仕上がるので

特に、いつもと違ったスタイルにしてみたい

男の子のシェルティにもおすすめのスタイルです。

 

 

 

シェルティにおすすめのカットスタイル7

・長めに毛を残したライオンカット風スタイル!

 

View this post on Instagram

 

グットドックワン本店さん(@gooddogwon)がシェアした投稿

7番目に紹介するシェルティにおすすめのカットスタイルは

顔から胸回りの飾り毛と、

尻尾の毛を長めに残して

胴体部分や足まわりをやや短めにカットした

ライオンカット風のスタイルです。

 

長さを残す毛と、短くカットする毛の配分は

ライオンカットと同様なのですが、

全体の長さが異なるため

シェルティらしい上品な仕上がりになっていますね。

 

足まわりの毛もスッキリとカットされているため、

長い被毛が絡んでの怪我を予防する効果も期待できますよ。

 

水遊びをしたり、家でシャンプーをした際にも

すぐ乾く長さなので、思い切り遊びたいアクティブな

シェルティにピッタリのスタイル。

 

暑い時期でも肌が守れる長さは残してあるので

シェルティの体にも負担が少ないのも嬉しいですね。

 

毎日のお手入れがぐっと楽になる長さにカットしつつ

シェルティの持つ上品なイメージは残しているため

男の子にも、女の子にも、シニアのシェルティにも

おすすめできるスタイルでしょう。

 

 

シェルティにおすすめのカットスタイル8

・飾り毛サラサラ、王道のスタンダードスタイル!

 

View this post on Instagram

 

トリミングサロンBUDDyトリマーおぐらさん(@buddy.ogura)がシェアした投稿

8番目に紹介するシェルティにおすすめのカットスタイルは

シャンプーやコーミングで

トップコートをサラサラに仕上げて

足まわりや耳の毛など、必要最低限の毛だけをカットした

スタンダードなシェルティのスタイルです。

 

毛量が多く、長毛であるため、特に夏場はサマーカットが

必要であると思われがちなシェルティですが、

アンダーコートは気温が上がり始めるとともに

自然に抜け落ちるために、

実は特別なカットをしなくても

充分涼しく過ごすことができます。

 

そのため、暑い時期であっても衛生面や安全面で必要な

部分の毛だけをカットして、

他の毛は長いまま残しておいても

シェルティ自身にとっては負担ではないんです。

 

まるでヨークシャーテリアのフルコートのように

流れるトップコートが美しいスタイルですが

この美しさを保つためには

毎日のグルーミングが欠かせません。

 

しかし、シェルティの持つ優雅さが最大限に発揮される

スタイルなので、きちんとしたケアをしつつ挑戦したいですよね。

 

 

 

シェルティにおすすめのカットスタイル9

・まんまる、ふわもこスタイル!

 

View this post on Instagram

 

Dog Salon MIRAさん(@dogsalon.mira)がシェアした投稿

9番目に紹介するシェルティにおすすめのカットスタイルは

胸まわりの毛を丸い輪郭にカットして

ふわふわ、もこもこに仕上げたスタイルです。

 

マズルが細長いことから、

スマートな印象が強いシェルティ。

 

ですが、このような全体に丸みを持たせるようなカット

とても良く似合っていますね。

 

被毛に影響が出る程、

短くカットしている訳ではありませんが

シルエットが変わるので、印象は大きく変わります。

 

食事の時に汚れが付きにくい長さに首の毛がカットされており

衛生面にも配慮されているのも嬉しいですね。

 

丸みを帯びたシルエットが、柔らかさや幼さを感じさせるので

特に女の子のシェルティにおすすめのスタイルですよ。

 

可愛らしさを感じさせるカットなので、

リボンなどのアクセサリーとも相性が良さそうですね。

 

 

シェルティにおすすめのカットスタイル10

・パピーのようなナチュラルカット

 

View this post on Instagram

 

アイラブペットさん(@ilove_pets3)がシェアした投稿

最後に紹介するシェルティにおすすめのカットスタイルは

全体の毛を同じ長さにやや長めにカットした

パピーのようなスタイルです。

 

足まわりやお尻まわりの毛は短くカットしていますが

耳の飾り毛をしっかりと残して

輪郭も丸く見せるようにナチュラルに仕上げているため

仔犬のような可愛らしい印象に仕上がっていますね。

 

涼し気で、サマーカットにも適している長さですが

遊んでも汚れが付着しにくいスタイルなため

1年を通して活動的なシェルティにおすすめなカット

 

元気に活動ができる若いシェルティはもちろん

若々しい印象にしたいシニアのシェルティにもピッタリですよ。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

シェルティのアンダーコートは

暑い時期には自然に抜けて、

寒い時期には生えそろうという体温調節の機能を持っております。

 

なんで、長く美しいトップコートも

自然に抜け落ちるため、トリミングをしなくても、

毛玉ができる程被毛が伸び続けるという心配はありませんよ。

 

しかし、活発な性格に合わせて、たくさん遊んで汚れても

お世話が楽な長さにシェルティの毛を整えておくことは

飼い主さんの負担をぐっと減らしてくれます。

 

シェルティ自身の負担にならない範囲で、

様々なカットスタイルにチャレンジしてみてくださいね。

 

以上、『シェルティのカットスタイル集を画像で紹介!可愛いおすすめ種類は?』の記事でした。