トイプードルにはさまざまなデザインのカットがあります。

 

その中でもスタイリッシュな印象のカットが

”ブーツカット”です。

 

まるでブーツを履いているかのように

足先にかけて太くなっていくデザインのブーツカットは、

テディベアカットにはない魅力のあるスタイルでしょう。

 

そこで今回は、トイプードルのブーツカットを行うやり方

詳しく、ご紹介していきますね!

 

トイプードルのブーツカットをお店でしてもらう相場は?

サロンなどでトイプードルのブーツカットをしてもらう時、

一般的にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

もちろんお店や地域によっても変わりますが、

だいたい5000円から7000円程度の範囲であることが多いようです。

 

カットだけでなくシャンプー代

爪切り代などのお手入れの料金もプラスされることがあるため、

これよりもさらに高額になることもあるでしょう。

 

トイプードルの場合、

月に1回程度の頻度でトリミングをしなければいけないことが多いため、

毎月のトリミング日は大きな出費となってしまいますよね。

 

そこで、トイプードルを飼っている人の中には

自分でブーツカットなどのカットをする人もいるんですよ!

 

トイプードルのブーツカットを自分でするやり方は?

続いて、トイプードルのブーツカットを自分でしていくやり方を

手順ごとに紹介していきます。

 

カットに慣れていない人は、一人ではなく二人で行い

一人は犬の体を抑える係、もう一人がカットに専念する、

という作業分担がおすすめですよ。

 

手順1:体調チェック

プードルのブーツカット

 

まず初めに、『体調チェック』を行います。

 

体調チェックは犬の体がトリミングに耐えうるかを確かめることで、

ブーツカットだけでなくどんなカットをする場合にも行います。

 

どのような点をチェックするのかというと、

犬の体を触ってけががないかを調べたり、

いつもよりも元気がないか、などの基本的な点です。

 

サロンでは犬の体温や脈拍などを見ることもありますので、

可能であればそれも行うと良いでしょう。

 

また、犬の歯茎の色を調べ、

酸欠・貧血でないか確認するのも良いです。

 

歯茎の色が健康的なピンク色であれば問題ないですが、

白っぽい色をしていたら

体調を崩している場合があるので、注意してください。

 

また、このとき爪切りや耳掃除を行っても良いですよ。

 

 

手順2:ブラッシング

犬カット前のブラッシング

 

犬の体調に問題がなければ、

続いて”ブラッシング”をします。

 

ブラッシングは犬の毛のもつれを解き、

カットしやすくするために必要な工程です。

 

ブラシの際はスリッカーブラシを使用し、

コームも用いながら毛を立たせていきましょう。

 

胴体の部分はもちろん、脚やしっぽ、

頭の毛の部分もしっかりとブラシを入れていきます。

 

この時気を付けることは、ブラシを入れる部位の皮膚を手で抑え、

皮膚がピンと張った状態にしてください。

 

 

手順3:足裏バリカン

 

足裏にバリカンをかける

ブラッシングが終わったら、

まずは部分ケアである『足裏バリカン』を行っていきます。

 

足の裏に生えた毛を1mm刃のバリカンで刈っていきましょう。

 

バリカンの端を使い、足の裏にある肉球の表面と、

肉球の間の毛を刈っていきます。

 

肉球の間を刈るときは、もう片方の手で肉球を抑え、

刈りやすいようにしていきます。

 

ただし、この工程はバリカンの扱いに慣れていない人は

犬に怪我をさせてしまう可能性があるため、

難しいと感じたら肉球の表面に生えた毛を

軽く刈るくらいで構いませんよ。

 

 

手順4:腹バリカン

 

トイプードルのカット手順1

 

続いて、『腹バリカン』の工程に入っていきましょう。

 

腹バリカンは、トイプードルのお腹、

具体的に言えば鼠径部と言って

性器の周りの毛を刈っていく作業です。

 

性器の周りの毛が長いと

排尿時に周りが汚れやすくなってしまい、

清潔に保つのが難しくなってしまいます。

 

この工程では犬を二本足で立たせ、

バリカンを使っていくため、

二人一組で行っていくと良いでしょう。

 

一人が犬の前脚を持ち立たせ、

もう一人が犬のお腹を1mm刃のバリカンで刈っていきます。

 

注意点として、犬の太もも付近には

”タックアップ”と呼ばれる皮膚が余った部分があります。

 

このタックアップにバリカンの刃を当ててしまうと

犬に怪我をさせてしまいやすいため、

特に注意して作業を行ってくださいね。

 

 

手順5:全身バリカン

 

プードルのブーツカット 手順2

 

次に『全身バリカン』をしていきましょう。

 

バリカンはカットや犬種によって行わないこともありますが、

トイプードルのブーツカットの場合は

かけていった方が効率的に進められますよ。

 

バリカンの刃は3mm、6mm、9mm、

12mmなど自分が好きなものを選んで構いません。

 

毛があまり短くなってしまうとブーツカットが映えませんから、

6mm以上の刃がおすすめですよ。

 

バリカンをかける範囲は、

犬の後頭部のあたりから、ちょうど

しっぽの付け根部分までを、バリカンで処理します。

 

また、四肢の付け根部分にもバリカンをかけると、

この後の作業の手間を省くことができます。

 

バリカンをかけるときは犬の背骨に刃が当たってしまわないように注意して、

バリカンを少しづつ動かしていきましょう。

 

必ず毛並みに沿ってバリカンを入れてくださいね。

 

また、バリカンを入れるときは

もう片方の手で犬の肌を押さえ

皮膚をぴんと張った状態にしましょう。

 

バリカンは怪我をさせてしまいやすい工程ですから、

犬の体に怪我がある場合などは

その部分は避けるようにしてくださいね。

 

 

6:脚・しっぽカット

 

続いて、『脚・しっぽカット』を行っていきます。

プードルのブーツカット 手順5

 

特に脚は、トイプードルのブーツカットにおいて

最も重要な部分ですから、

慎重に行っていくようにしてくださいね。

 

ブーツカットでは、上記画像のように

末広がりの形にカットしていきます。

 

根元から先にかけてだんだん太くなっていく

ため、まるでブーツを履いているように見える

スタイルが名前の由来です。

 

まずは、先ほどバリカンを入れた部分のバリカン跡を、

スキバサミでぼかしていきます。

 

胴体部分と足のつながりが見えないようにしていくことで

仕上がりがきれいになりますよ!

 

次に、ブーツカットの形を作ります。

プードルのブーツカット 手順6

上記の画像のように

先端が丸くなっているスタイルが可愛らしいですね。

 

このとき注意することは、脚の形が丸みを

帯びて見えるように、カットしていきます。

 

四肢のすべてが同じくらいの太さとなり、

左右対称にカットできたら脚カットは完成です。

 

同様に、しっぽカットも行っていきます。

 

しっぽの形も丸みを帯びていると可愛らしいので、

ハサミを丸く動かしてくださいね。

 

また、しっぽのカットの際も先ほどのバリカン跡を

ぼかすことを忘れないでください。

 

 

7:胸・首下カット

プードルのブーツカット 手順3

 

次に『胸・首下カット』を行います。

 

トイプードルのブーツカットでは

胸の部分のスタイルは決まっていませんから、

身体の毛の長さと合わせていくと良いでしょう。

 

まず初めに胴体部分のバリカン跡を

スキバサミを使ってぼかしていきます。

 

胸の部分のカットを行う際は、

ハサミを丸く動かしていくと

全体的に柔らかい印象で仕上がりますよ。

 

首の下のカットも、胸の部分と同様周りと

長さを合わせることを意識して行ってくださいね。

 

首下カットの際に注意することは、

犬の首先を指でつまみ、顔を上に向けて行いましょう。

 

この作業ではハサミの刃を上向きにして行うため、

犬に怪我をさせてしまいやすいため、

よく注意してくださいね。

 

 

手順8:顔・頭カット

プードルのブーツカット 手順4

 

続いて、『顔・頭のカット』に入っていきましょう。

 

トイプードルのブーツカットでは

顔のスタイルはデザインに入りませんので、

自分の好きなカットをしてください。

 

ここでは、可愛らしい印象となるように

顔の形を丸くしていきます!

 

まず、仕上げバサミを使って

トイプードルの顔を丸くカットしていきます。

 

ハサミを丸く動かしていくようにしてくださいね。

 

このとき、鼻の周りや目の周りの毛が伸びすぎているようでしたら、

適切な長さになるようにカットしましょう。

 

可愛らしい顔を作ることができたら、

次は頭のカットです。

 

やはり丸い頭の形を作っていきましょう。

 

耳と頭の境界がはっきりするように、

耳の付け根の毛をカットしてください。

 

また、このとき耳の毛もカットし、

形を整えていきましょう!

 

耳を片手で抑え、ハサミで平行にカットしてくださいね。

 

 

手順9:全身チェック

プードルのブーツカット 仕上がりイメージ画像

とても、可愛いですね♡

 

 

View this post on Instagram

 

トイプードル ノア/ Noah.Noahstagramさん(@atsuko.mam_of_noah)がシェアした投稿

最後に『全身チェック』を行います。

 

カットが終わったあとに、

犬の体を見まわして気になる部分がないかを

チェックする工程です。

 

このとき、近くではなく距離を取って

全身チェックを行うと良いですよ。

 

遠くから見ることで、

近くで見ているときには気が付かなかった点に

気が付くことができるでしょう。

 

このときチェックする点は、

脚の形などが左右対称となっているか、

全身の毛の長さのバランスが良いかなどですね。

 

問題がなければ、

”トイプードルのブーツカット”の完成です!

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

トイプードルのパピーカットのやり方を画像で紹介!自分で簡単にする方法とは?

トイプードルのテディベアカットのやり方を画像で紹介!自分で簡単にする方法とは?

トイプードルのアフロカットのやり方を画像で紹介!自分で簡単にする方法とは?

トイプードルのカットスタイル集を画像で紹介!春夏秋冬のおすすめとは?

トイプードルのカットで短めのスタイル集は?流行りを画像で紹介!

トイプードルの可愛いカットでおすすめなスタイル!流行りを画像で紹介!

トイプードルのカットで耳が短めのスタイル集!流行りを画像で紹介!

トイプードルのカットで黒におすすめなスタイル!流行りを画像で紹介!

トイプードルのシャンプーのおすすめ!子犬や成犬にも安全なのは?

さて、今回はトイプードルの

ブーツカットの方法について書いていきました。

 

トイプードルのブーツカットは

脚のデザインを作っていくカットですから、

顔などのカット自分好みにできる特徴があります。

 

ぜひ、自分が好きなブーツカットを作ってってくださいね。

 

以上、『トイプードルのブーツカットのやり方を画像で紹介!自分で簡単にする方法とは?』の記事でした。