ペットを飼うようになってから、

いたずら防止や怪我を避けるために

飾ることを諦めたインテリアってありますよね。

 

特にクリスマスツリーは飾りが揺れる様子が

元気な猫の好奇心を大変に刺激してしまうアイテムなので

『猫を飼ってからは一度もクリスマスツリーを出していない』

『自宅でクリスマスを演出するのは諦めている』

という飼い主さんも多いのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、猫を飼っていても

クリスマスツリーを飾る対策方法

クリスマスツリーの猫対策におすすめのアイテム

紹介していきます。

 


クリスマスツリーの猫対策1:柵でガードする

単純な方法ですが、クリスマスツリーを柵で囲んで

一定の距離以上、猫を近づけさせない

という方法があります。

 

背の低いクリスマスツリーであれば、

大きめの金網のケージを被せれてしまえば安心ですよ。

 

背の高いクリスマスツリーの場合は、

猫が跳躍できる高さまでガードできれば

いたずらをされる心配がないので

學校などで使用されているストーブガードを使用しましょう。

 

元気の良い猫ちゃんの場合は、

ストーブガードを足場にしようとすることも考えられるので

なるべくクリスマスツリーは壁につけて設置して

万一、ストーブガードに猫が飛びついても

倒れてこないようにしてくださいね。

 

 

 

クリスマスツリーの猫対策2:猫が入らない部屋にツリーを置く

触られたくないものはペットが入れない場所に置く

というのは定番の手段ですよね。

 

とはいえ、クリスマスツリーは通常リビングなど

生活のメインになる部屋に飾ることが多いかと思います。

 

ここに猫を立ち入らせないというのは

あまりにも可哀相なので、他の部屋に飾ろうと考える方が

多いのではないでしょうか。

 

しかし、猫は意外と飼い主の行動を見ているので

飼い主たちが自分の立ち入れない部屋に集まって

クリスマスツリーを囲んで盛り上がっていると

『自分も中に入りたい!』という気持ちが沸きあがってしまいます。

 

そのためクリスマスツリーのある部屋の

ドアや廊下の壁を爪でボロボロにしてしまう恐れも……

 

一見安全性が高そうな手段ですが

特に賃貸住居に住んでいる飼い主さんは注意が必要です。

 

もしベランダや庭がある環境であれば

脱走対策を施したうえで、

思い切って屋外にクリスマスツリーを飾るのもおすすめですよ。

 

クリスマスシーズンには、

園芸店にモミの木の苗木も多く出ますし

コニファーのように通年楽しめる低木を設置して

屋内ではできないようなイルミネーションを

楽しむのも素敵ですよね。

 

 

 

クリスマスツリーの猫対策3:短時間だけ飾る

常にクリスマスツリーを誰かが見張っていて

猫が近づいたら、怪我をしないように

見えない所から霧吹きなどを使って追い払う。

 

これを続けることで、

猫もクリスマスツリーに近づかなくことも考えられます。

 

しかし、クリスマスツリーはクリスマス当日までは

飾りっぱなしにするものなので

24時間見張り続けるのは無理がありますよね。

 

逆に考えれば、12月24日や25日の、

クリスマスパーティを行う時間だけ飾るようにすれば

その時間だけクリスマスツリーを守れば良いことになります。

 

少し味気ないかもしれませんが

パーティの直前にクリスマスツリーを出して

パーティが終わり次第片付けるようにすれば

猫のいたずらを回避するのはそう難しくありませんよね。

 

 

クリスマスツリーの猫対策4:平面のツリーを飾る

 

View this post on Instagram

 

ayaさん(@konoasa_i)がシェアした投稿

最近、犬や猫を飼っている家庭だけではなく

赤ちゃんや幼児がいる家庭にも人気なのが

壁に飾れるタペストリータイプのクリスマスツリーです。

 

オーナメントも重量があるものは飾れませんが

リボンや小さなベルなどであれば、

マスキングテープで簡単につけることができます。

 

価格も通常のクリスマスツリーの比べて安価ですし

簡単に出せて、サッとしまえる

収納場所も取らないと機能面でも好評です。

 

あまりにも飾りつけを凝り過ぎてしまうと

オーナメントを取ろうと

猫ちゃんが飛びついてしまう可能性もありますが、

立体のクリスマスツリーに比べると被害は少なくて済みます。

 

また、倒れたツリーの下敷きになって猫が怪我をする

という心配も要りませんよね。

 

 

 

クリスマスツリーの猫対策5:小型のものを飾る

 

View this post on Instagram

 

NORIKO Shigaさん(@noriko.shiga)がシェアした投稿

タペストリータイプのもの同様に

やはり買い替えが必要になってしまいますが、

小型のクリスマスツリーに変えるのも有効な手段です。

 

小さなクリスマスツリーでは寂しい、

という印象もあるかも知れませんが

オルゴールタイプのものや

生花のアレンジメントタイプのものなど

華やかなものを選べば、大きさは気になりませんよ。

 

足場がなく、猫が登れない場所に

小さなクリスマスツリーを飾れば、

いたずらされる可能性もぐっと減ります。

 

クリスマスツリーに飛びつこうとして怪我をする他にも

猫がモールなどの飾りを誤食してしまって腸ねん転を起こす、

という事故も、クリスマスの時期には多発するそうです。

 

猫が触れない場所に小型のクリスマスツリーを置いたうえで

万一の時のためにカバーをかけておけば

愛猫がいたずら心から、危険な目に遭うことを防げますよ。

 

 

 

クリスマスツリーの猫対策6:猫が嫌がるものでガードする

 

View this post on Instagram

 

MARUーマルグリットさん(@maru_margaret)がシェアした投稿

クリスマスツリーの周囲に猫が嫌がるものを置いて

近づかせないようにする、という方法もあります。

 

具体的にはプラスチックの人工芝や、

野良猫を忌避するように作られた

超音波を発生させる装置などのです。

 

しかし、一般的に猫が嫌がる効果がある

という商品の効き目には個体差があり

高価なものを購入しても相変わらず野良猫の糞尿で

庭が荒らされる、ということも多くあります。

 

また、愛猫家としては猫と

クリスマスツリーの両方を守るためとは言え、

猫が嫌がる方法を取るというのは気が進まない

という飼い主さんも多いでしょう。

 

更に効き目があった場合でも、

猫にストレスを与えてしまう可能性があります。

 

他の手段を考えたけれど難しかった

という場合の奥の手として使用して欲しい方法であります。

 

 

 

クリスマスツリーの猫対策7:愛猫の様子を観察する

敢えてオーナメントを全てつけた状態で

クリスマスツリーを飾ってみると

特定のオーナメントにのみ猫ちゃんが反応している

ということが分る場合もあります。

 

その際は、特に気にしているものだけを外してみると

嘘のようにクリスマスツリーに反応しなくなることも。

 

猫がクリスマスツリーに反応するポイントは

・クリスマスツリーそのものに反応して登りたくてたまらない子

・吊るされている状態のオーナメントにじゃれたい子

・気に入ったオーナメントを自分のものにしたい子

といったように個体によって差が出てきます。

 

クリスマスツリー自体に反応している場合は

対策も限られてきますが、光るものやヒラヒラするもの

といった特定のものに反応している場合は対処も簡単ですよね、

 

一度、愛猫がクリスマスツリーのどこに反応しているのか

じっくり観察してみることもおすすめですよ。

 

 

クリスマスツリーの猫対策におすすめのアイテムは?

猫からクリスマスツリーを守る対策方法を

7つ紹介してきましたが

対策に使えるようなものは、具体的に

どのようなものがあるのでしょうか?

 

 

クリスマスツリーの猫対策にはストーブガードを!

ストーブガード FF式 SS-650N送料無料 ストーブ 吹き出し口 ガード アイリスオーヤマ 柵 暖房 サークル フェンス ストーブフェンス 吹き出し口ガード ベビーサークル ペットサークル 安全 子ども 子供 おしゃれ あす楽対応■ss03

例えば、、

クリスマスツリーを囲んでガードするのに

使えるストーブガードです。

 

こちらは、高さ71cmとハイタイプなので

周囲にダンボール箱などの足場がなければ

個体差はありますが、

猫が一度の跳躍で飛び越えるのは難しい高さになっています。

 

底辺も65cm×56cmと広めにとられているので

小型~中型のクリスマスツリーであれば

しっかりガードできる大きさですよ。

 

壁につけて、使用するような3面をガード

するタイプですが

同シリーズからは、4面をガードするものも

販売されていますので

住環境にあったものを選んでくださいね。

 

また、こちらの商品の3倍近い価格に

なりますが、天井がついたタイプの

ストーブガードもあるので、ジャンプ力

がある猫ちゃんにはおすすめですよ。

 

 

猫からクリスマスツリーを守る対策方法を

お伝えしましたが、中にはどんな手段をとっても

諦めずにツリーに飛び掛かる子もいるかと思います。

 

『どうしてクリスマスツリーも飾れないの!?』

と苛立ってしまって、せっかくのクリスマスを

楽しめないのはもったいないですよね。

 

クリスマスツリーは外で見るもの、

『クリスマスは家で愛猫にも少し特別なご馳走を用意して

楽しく過ごそう』

と割り切ってしまうことも、必要かもしれません。

 

飼い主さんも猫ちゃんも、ストレスのない

楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。

 

以上、『クリスマスツリーの猫の対策は?登ったり倒したりできないおすすめの方法とは?』の記事でした!