猫を飼い始めたのは良いけど旅行に行くときはどうするべき?

とお悩みの猫の飼い主さんはいらっしゃいませんか?

 

今回の記事の中では飼い主さんにはぜひ知っておいてもらいたい

猫をペットホテルに預ける時のメリットやデメリット、

預け時に持たせたい持ち物などについて

お話ししていこうと思います!

 

ペットホテルデビューがまだの飼い主さんでも

分かりやすく読めるので

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク





 

猫をペットホテルに預ける時のメリットは?

 

View this post on Instagram

 

Hosico Catさん(@hosico_cat)がシェアした投稿

ではまず猫をペットホテルに預ける時の

メリットをご紹介したいと思います。

 

猫をペットホテルに預ける時のメリットといえば

まずは体調の変化に即座に気づいてもらえることが挙げられます。

 

飼い主さんがおうちを空ける日数によっては

縄張り意識の強い猫にとっては

お留守番の方が良いこともあります。

 

ですが、突然体調を崩した場合、

飼い主さんがその場にいなければ

すぐに対応することができません。

 

なので、大切な愛猫の健康管理をしてもらえることは

ペットホテルに預ける最大のメリットだと言えますね。

 

また、長期滞在が可能なことも

メリットの一つに挙げられます。

 

知人や親戚に頼んでも良いけど1週間を越えるとなると

気が引けてしまう…というような飼い主さんは

やはりペットホテルにお願いする方が良いでしょう。

 

 

 

猫をペットホテルに預ける時のデメリットは?

 

View this post on Instagram

 

Coby The Catさん(@cobythecat)がシェアした投稿

続いて猫をペットホテルに預ける時の

デメリットについてお話します。

 

先ほど上で少し述べたように

猫は縄張り意識の強い生き物です。

 

環境の変化が苦手な子も多いですので

他の動物と同じ空間で生活が難しく

ストレスに感じてしまうこともあるでしょう。

 

加えてペットホテルで他の猫含め

他の動物と接する機会があることは

何かしらの病気をもらってしまうこともありえます

 

今日では予防接種をした上での預かりが前提とされている

ペットホテルが多いですが

中には間に合わなかった子もいるかもしれません。

 

更に環境が整ったペットホテルですと

それなりに値が張ることも考えられます。

 

いくら猫の健康管理のためとはいえ

二次的、三次的な心配もないとは言い切れませんよね。

 

いずれにせよ、猫をペットホテルに預ける時は

それなりに下見や下調べを事前にしておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク





 

猫をペットホテルに預けるとストレスにならない?

 

View this post on Instagram

 

ばみこさん(@bamicoma)がシェアした投稿

多くの猫はペットホテルに預けられると

何らかのストレスを感じてしまいます

 

一番多いストレスの原因が環境の変化です。

 

これまで慣れ親しんだおうちを離れ

ある日突然よくわからない所に

連れていかれたかと思えば、飼い主さんの姿もない。

 

顔には出さなくとも置いてけぼりにされてしまったと

猫が落ち込んでしまうのはよくあります。

 

また、他の動物や会ったこともない他の猫と出会うことで

ピリピリしてしまう子も…。

 

更には大部分の時間を一人で過ごさなくてはならないため

特に夜はお世話をしていただけるスタッフさんがいない

ペットホテルだと余計に孤独になってしまう子が多いですね。

 

もちろんこうしたストレスの感じ方や度合いは

猫それぞれによっても異なります。

 

ペットホテルに預ける時は

おうちの猫ちゃんの性格を考慮して

ストレスをどの程度感じてしまうかも

ある程度予測しておいた方が良いでしょう。

 

 

猫を預けるペットホテルの選び方は?

 

View this post on Instagram

 

mememeさん(@tara___2016)がシェアした投稿

では実際に猫をペットホテルに預ける場合には

どういったペットホテルがおすすめでしょうか?

 

今では猫のためのペットホテルは数多く

サービスもピンからキリまで様々です。

 

ですが、やはり預けるなら

優良なペットホテルにお願いしたいですよね?

 

ペットホテルが優良かどうかを

見極めるためにはいくつかのポイントがあります。

 

まずは、動物取扱業者の標識を

目に付くところに置いているかどうかです。

 

当たり前ですがペットを預かるということは

命を預かるということです。

 

預かり先が何の資格も経験もなければ

飼い主さん側からすれば不安になりますよね。

 

見やすいところに許可証を掲げているかどうかも

重要なポイント!

 

加えて、施設内の設備や環境にも注目ですね。

 

すぐに脱走できてしまうようなつくりじゃないか

施設内は清潔かどうかという点も押さえておきましょう。

 

また、預かるペットの飼い主さんに

ワクチン接種を義務付けているかどうか

優良ペットホテルの選び方に貢献します。

 

来るもの拒まずのペットホテルですと、

気づかないうちに病気の感染を

許してしまう可能性も考えられます。

 

他にも飼い主さんに定期的にペットたちの様子を

伝えてくれるかどうかといったことがらも

ペットホテル選びの際には

チェックしておきたいところですね。

 

ペットホテルの中には

見学や一時預かりを行ってくれる所もありますので

一度飼い主さんご自身で伺ってみるのが一番良いでしょう。

 

スポンサーリンク





 

猫をペットホテルに預ける時の料金相場は?

 

View this post on Instagram

 

LiuLiuさん(@hakkaizhao)がシェアした投稿

続いて猫をペットホテルに預ける際の

宿泊料金相場についてお話します。

 

猫のペットホテルの宿泊費用は

プランや宿泊日数、利用時期などによっても異なります

 

だいたい1泊2,000円~5,000円台とされていますが

もちろん地域や各ペットホテルにおいても違ってきますよ。

 

多くの場合はトイレ掃除代やごはん代も含まれています。

 

価格設定が高めのペットホテルであれば

猫が快適に過ごせるようキャットタワーが置いてあったり

部屋のスペースが広かったりと

猫のことを一番に考えた環境が整えられていることも。

 

利用時期に関しては

ゴールデンウィークや年末年始といった繁忙期ですと

普段よりも少し高く宿泊費が設定される所もありますので

この時期に利用予定のある飼い主さんは要事前チェックですね。

 

また連泊や長期の宿泊の場合、

二匹以上の多頭お預けの場合には

割引が適用される場合もありますよ

 

割引に関しては多くのペットホテルの

ホームページなどに記載がありますので

そちらもあわせてチェックしてみてくださいね!

 

 

 

猫をペットホテルに預ける時に注意する点は?

 

View this post on Instagram

 

Meowdelsさん(@worldwide_meowdels)がシェアした投稿

続いて猫をペットホテルに預ける時の

注意点をいくつか挙げたいと思います。

 

まずはすでに言ったように

環境の変化に敏感な猫へのストレスが大きいこと

 

ペットホテルに預けた際には

なるべく延泊などをさせずに

すぐにでもおうちに連れて帰ってあげましょう!

 

二番目に事前にどういったペットホテルに預けるのかを

きちんと下調べしておくことが挙げられます。

 

安価だけど得体のしれない業者の方に頼むのではなく

多少値が張っても信頼できて

きちんと愛猫のお世話をしてもらえる場所を探しましょう。

 

三つめに事前に

ワクチン接種をしておくことが挙げられます。

 

いくら清潔なペットホテルといえど

他の動物から故意ではなくても

何らかの病気をもらってしまう可能性もなくはありません。

 

事前に予防できるのであればやっておかない手はないですよ!

 

最後におうちの猫ちゃんが

普段から慣れているものを持って行き忘れないことを

注意点の一つに挙げておきます。

 

例えば、お気に入りのおもちゃや毛布、

ごはんやおやつなども

あらかじめペットホテルのスタッフさんに渡しておけば

慣れない環境の中でも多少は猫のストレスを軽減できますね

 

ペットホテル利用時には

ぜひ上の4つの注意点を参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク





 

猫をペットホテルに預ける時におすすめな持ち物は?

最後にご紹介したいのが

猫をペットホテルに預ける時に

ぜひ持参したいおすすめな持ち物です。

 

慣れない環境で、猫のストレスを軽減して

くれるものばかりですので、忘れずにご用意

してくださいね。

 

いつも食べてるフード
普段から、食べ慣れているフードであれば

慣れないペットホテルという環境の中でも

安心して口をつけられるはずですよ。

 

猫ちゃんのストレスも和らぐので

ぜひとも持って行きたいですね。

 

ベットやハンモック・タオルなど

次に、使い慣れたベットやハンモック

タオルなどです。

 

普段使いしているものなら、飼い主さん

や自分の匂いがついているため

そわそわしていた、猫ちゃんもほっと

一息つけるはず。

 

安心して猫ちゃんが一日を過ごせるように

してあげるためには、もってこいです。

 

トイレや猫砂

縄張り意識が強く、マーキングなどで

ニオイ付けをした所が、自分のテリトリー

になる猫にとって、トイレももちろん

例外ではありません。

 

繊細でデリケートな、猫ちゃんのためにも

いつも使っている物があると良いですょ。

 

 

猫をペットホテルに預ける時はおちつくネットがおすすめ!

続いて、ご紹介したい猫ちゃんを

ペットホテルに預ける時のおすすめなのは

上記の落ち着くネットです。

 

このネットに入れば、不思議なことに

どんな猫ちゃんも、落ち着いてしまいます。

 

ケージに入りたがらない、猫ちゃんも

爪切りや、シャンプーを嫌がる猫ちゃんも

皆このネット越しであれば、さほど暴れない

ので、ペットホテルに連れていく時にも

便利がアイテムです。

 

おもちゃ

遊び慣れた、おもちゃも、一緒に持って

いってあげましょう。

また、普段使いのおもちゃであれば

飼い主さんや、自分の匂いがついているため

置いてあるだけでも、もちろん安心できますね。

 

ペットホテルで、よくわからない

おもちゃを与えられても

猫ちゃんの多くが、警戒してしまい

なかなか、遊ぼうとはしません!

 

そんな時に一つでも

自分が遊びたいと思えるおもちゃがあれば

猫も安心してくれるはずですよ。

 

ぜひペットホテルに持参してくださいね。

スポンサーリンク






この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

いかがでしたか?

 

今回は猫の飼い主さんに知っておいてもらいたい

猫をペットホテルに預ける時のメリットやデメリット、

必要な持ち物などについてお話ししました!

 

今回の記事を読んで飼い主さんに少しでも

ペットホテルを検討していただければ幸いです。

 

以上、『ペットホテルに猫を預ける時のメリットやデメリット、注意点やお店の選び方は?』の記事でした。