ベタは熱帯魚の中でも

色がすごくきれいだと評価されていて、

すごく人気が高い熱帯魚です。

 

『生きたインテリア』と言われるほど

優雅に泳ぐ姿をみせる魚です。

 

今回はそのベタが

どのような餌を食べるのかについて

説明していきますね。

 

熱帯魚ってサイズで餌が決まってると思ってた

なんて方もいると思いますが、

ちゃんとその熱帯魚にあった餌というものがあります。

 

熱帯魚の餌は色合いを保つために

栄養を考えられていたりするので

今のうちにベタにあった餌を知っておきましょう。

 

ベタを飼っているという人は特に

今回の情報を参考にしてくださいね。

おすすめなベタの餌1

 

最初はGEXベタフードという商品を紹介します。

 

3つの善玉菌配合していて水汚れを抑えてくれ、

それでいてベタの健康をサポートしてくれる便利な餌です。

 

具体的にフンなどn水槽底の汚れを

約33%減少させることがわかっています。

 

小さなベタの口に合わせた極小粒サイズなので

稚魚の頃からも使用できますよ。

 

浮上性の粒タイプなので、

ベタがちゃんと餌を見つけやすく

食べ残しが少ない配慮がされていす。

 

このように細かいところにも配慮している商品は

使っている方も安心できますよね。

 

 

 

おすすめなベタの餌2

 

次におすすめする商品は

ソネケミファ ベタプレミアムです。

 

あらゆるベタに対応している高嗜好性の餌です。

 

EBPSという腸内に良く作用してくれる

細菌を配合しているので、

腸内を健全な状態に保ってくれます。

 

消化吸収も促進され、

食べたものが分解されやすくなるので

フンも減って水槽を汚すことを防いでくれます。

 

ビタミン、ミネラル、アミノ酸を強化配合しているので

栄養の吸収力も高めてくれます。

 

このように栄養から水槽のことまで

色々なところまで配慮がされています。

 

今回の記事をチェックしている方には

ぜひ使ってほしい商品です。

 

これからベタの餌を探そうと思っていたという方にも

すごくおすすめですよ。

 

 

おすすめなベタの餌3

次におすすめするのは

プロチョイス ベタの餌という商品です。

 

この餌はベタの色を保つことに力を入れています。

 

ベタはすごくきれいな色をしていて、

ヒレの光沢などが特徴的なのですが、

それは歳を重ねるにつれて

薄くなっていってしまいます。

 

それを止めるために色揚げという方法を用います。

 

この餌はその色揚げに力を入れています。

 

エッセンシャルビタミンと、

色揚げに必須なビタミンを配合しているので

健康を保ちつつ、色揚げができます。

 

嗜好性も高くベタの食いつきもすごくいいです。

 

消化吸収もいいので

しっかりと栄養を取りこむことができます。

 

ベタの餌に必要な要素を把握したうえで

それを餌の中に凝縮したような商品です。

 

色揚げから健康な体づくりまで色んなことを

サポートしてくれるので、

使いやすいことがおすすめです。

 

他の商品を使ったことがない人にも

すごくおすすめですよ。

 

 

 

おすすめなベタの餌4

次に紹介するのは、『テトラベタ』です。

この商品はベタのきれいな体色を引き出すために

カロチノイドを強化配合した熱帯魚用の餌です。

 

エビやカニ、オキアミなどの

天然原料を多く含んでいるため高たんぱく、高脂肪です。

 

成長に必要なエネルギーを補給できるので

ベタが健康に育ちます。

 

ベタのストレスを軽減するために

ビタミンAなども強化配合されています。

 

保存がききやすいケースに入っているので

長持ちします。

 

まだ今使っている餌が残っているけど

他の餌を買っておきたいなんて人にもおすすめですよ。

 

ぜひ検討してみてくださいね。

 

 

 

おすすめなベタの餌5

 

次に紹介したのが

究極の餌 ベタ用という商品です。

 

ベタを対象とした

高栄養価で高タンパクな熱帯魚専用の餌です。

 

βグルカンとビタミンが配合されているので、

ベタの健康維持をサポートします。

 

生菌の働きで水を汚さないため、

水質の維持もしやすくなります。

 

今まで紹介した商品は

ベタの腸内を健康にすることで水質の維持をしていましたが、

こんなふうに直接水質を維持する方法もあります。

 

ベタの成長に必要な栄養をバランスよく

配合していますので健康的にすくすく育ちますし、

成長期にもおすすめですよ。

 

餌を与える時は1日に1~2回、

一回の量は1~2分で食べきれる量をあげるようにしてください。

 

餌をいっぱいあげた方がいい気もしますが、

餌のあげすぎは水を汚す原因になってしまいますので控えましょう。

 

 

おすすめなベタの餌6

 

次に紹介するのはSODフードです。

 

色んな熱帯魚に対応できる万能な餌です。

 

SOD酵素という酵素が含まれていて、

消化酵素と酵母エキスによって

餌の消化吸収を助けてくれます。

 

基本は浮上する性質なのですが、

ゆっくりと沈下してくれるので

食べ残しになりにくいです。

 

食べ残しが少ないということは

水を汚さないということなので

使用した後のことまで考えられている商品なので

おすすめですよ。

 

 

 

おすすめなベタの餌7

 

次に紹介するのは、

ひかりベタ アドバンス』です。

 

これは納豆菌、乳酸菌、酵母菌の3種を配合していて、

ベタの健康も水槽の水も

どちらにも配慮しているおすすめの餌です。

 

オキアミなどの動物質原料の比率が高いので

配合飼料を食べづらいベタも

この餌は食いつきがすごくいいです。

 

さきほども言った

3つの菌でベタの代謝もサポートしてくれます。

 

ペットショップにも置いてある

定番の熱帯魚用の商品です。

 

もう既に使われている方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

他の人が使っていると、

なんとなく安心できますよね。

 

そのようにまた違った角度から

安全が保障されている商品です。

 

使うときは1日2、3回を目安に、

一回の量は食べきれるより少し多いくらいです。

 

なので、初めて使うときは

量を計算しながら入れてくださいね。

 

 

 

おすすめなベタの餌8

今回、最後におすすめするのは

トレビオ ベタの餌です。

 

この商品はベタが食べやすいように

極小の粒状になっている餌なので

食べ残しされにくいのでおすすめですよ。

 

栄養バランスもしっかりしていて、

乳酸菌が配合されているので

ベタの体内から健康をサポートしてくれます。

 

自然免疫と栄養を促進してくれる作用があるので、

成長期にもおすすめな餌です。

 

ベタの餌で気を付けなければいけないのがやっぱり

色揚げ作用があるかどうかですよね。

 

この餌はベタの色合いをはっきりさせるための

栄養もしっかりと配合されているので

ベタのきれいな色を長く保ってくれます。

 

やっぱりきれいなベタを飼うなら

その色は保っておくようにしたいですよね。

 

このように健康だけでなく

色合いにも力を入れている商品でした。

 

まだベタの餌を買ったことがない方にも

お使いいただけるすごくおすすめな商品です。

ぜひ使ってみてください。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

ベタにおすすめな餌を8つご紹介しましたが

いかがでしたでしょうか?

 

ベタの餌を選ぶ場合は健康面だけでなく

色合いを保てるかが重要です。

 

健康面だけを保っていればいいのであれば

他の熱帯魚の餌を代用していれば問題ありません。

 

ただ、ベタの場合はその特徴てきな色合いこそが

ベタのいいところなのでそれを守っていくべきです。

 

今回紹介した餌はそのような点にも

配慮しているものばかりなので、

ベタの餌に困っている方はぜひ使ってみてくださいね。

 

以上、『ベタの餌のおすすめは?回数や量、食べない時の人気や稚魚用も紹介!』 の記事でした。