ゴールデンウィークやシルバーウィーク、

年末年始などの長期休みの旅行

どうしても何日間か家を

空けなければいけないこともあるかと思います。

 

でも、そんな時におうちで飼っている鳥は

どこに預けるべきなのでしょうか?

 

今回の記事の中では鳥の飼い主さん必見

不在時にペットホテルに鳥を預けるメリットやデメリット、

宿泊時の料金相場や覚えておきたい注意事項などについて

お話ししていきます!

 

鳥をペットホテルに預ける時のメリットは?

 

View this post on Instagram

 

miekko3さん(@miekko3)がシェアした投稿

では、鳥をペットホテルに預ける時には

どんなメリットがあるのでしょうか?

 

まず一つ目にペットの鳥が

急に体調を崩した時にも対応してもらえる

というものがあります。

 

犬や猫と比べると体調の変化が分かりにくい鳥。

 

ですので動物のことをよく知っている

プロのスタッフさんたちに預かってもらうことは

大きなメリットだと思います。

 

二つ目に飼い主さんの長期の外出が可能になることが挙げられます。

 

大人の鳥は頭もよく、

自分でごはんを食べてくれます。

 

また散歩などのお世話も必要ありませんが

やはり、おうちで世話をしてくれる人が誰もいないとなると

かなりのストレスになるはず。

 

大切なペットですから少しでも負担はかけたくないですよね。

 

三つめにフレンドリーな鳥ならば

よそでお友達をつくることができるというものが挙げられます。

 

こちらは鳥にもよりますが

実際にこれまでにペットホテルに鳥を預けたら

お迎えに行ってもなおお友達と遊び続けていた

という鳥の飼い主さんも割と見かけられていますよ。

 

普段は多羽飼いをしていない方も

これを機に友達作りをさせてみるのも良いですね!

 

もちろん鳥の性格との相談になりますが

きっと良い経験になることでしょう。

 

 

 

鳥をペットホテルに預ける時のデメリットは?

 

View this post on Instagram

 

@mo0806mがシェアした投稿

続いて鳥をペットホテルに預ける時の

デメリットについてです。

 

まず一つ目に飼い主さんがいないことに

ストレスを感じてしまいやすくなることが挙げられます。

 

普段手乗りであるほど

飼い主さんに懐いている子なら尚更です。

 

二つ目に別の動物や他の鳥から

感染症をもらってしまう可能性がありますね。

 

鳥にはワクチンの接種が義務付けられていないため、

一度一羽の鳥が何らかの病気をもたらしてしまうと

集団で感染してしまう可能性もゼロではありません。

 

三つめに宿泊費用が意外と安くないこと

デメリットに挙げられるでしょう。

 

流石にタダで預かってもらうわけにはいきませんが

だからといって、命を預かる手前

ペットホテルや動物病院に支払うお金も安いと少し不安になりますよね。

 

結果多くの飼い主さんが

少し高めの出費を負担して鳥をペットホテルに

預けてしまうことになってしまっているのが現状でしょう。

 

 

 

鳥をペットホテルに預けるとストレスにならない?

 

View this post on Instagram

 

美しょん子さんの鳥と魚と植物さん(@bisyo_mizuiro_midori)がシェアした投稿

ではペットの鳥をペットホテルに預けることって

鳥にとってはストレスにはならないのでしょうか?

 

結論から言いますと

大きなストレスを感じてしまう子も中にはいます。

 

特に手乗りなどの飼い主さんに

よく懐いている子であればあるほど

飼い主さん離れが難しいです。

 

また、寂しさのあまり預け先でも

ほとんどごはんを食べなかった…という事例もあるほど。

 

さらには、ここで感じたストレスが元になり、

飼い主さんが今後どこかに出かけるたびに

不安になってしまう子もいるみたいです。

 

やはり寂しさを感じるのは鳥も同じなので、

できる限りストレスを感じさせないようにしてあげたいですね。

 

 

鳥を預けるペットホテルの選び方は?

 

View this post on Instagram

 

さ *̣̩⋆̩さん(@blue_s_sea)がシェアした投稿

では次に鳥のためのペットホテルの選び方について

簡単にご紹介したいと思います!

 

まず一つ目に預かり先のペットホテルで

どのような形式で鳥のお世話をしてもらえるかをチェックしましょう。

 

場所によっては他の鳥と一緒のケージで過ごす子

一羽だけで過ごさせてもらえるところもあります。

 

なので、おうちの鳥の性格に合ったペットホテルに

預けると良いでしょう。

 

二つ目に鳥以外の他の動物との

接触があるペットホテルかどうかということも

チェックしておきたいですね!

 

普段鳥を間近で見ることのない

わんちゃんや猫ちゃんにとって

鳥がおもちゃになってしまうことも考えられます。

 

最悪の場合は口に入れてしまうことも…。

 

そんな不安を感じなくても良いよう

最初から他のペットとの接触が

極力ないペットホテルを選ぶようにすると良いでしょう。

 

三つめに普段使っている鳥用のケージや

ごはん、水飲み場などのグッズの使用が

引き続きできるかどうかも可能であるなら

事前に押さえておきたい情報ですよ!

 

いつもとは違うフードに警戒を示せば

なかなかごはんを食べようとしない鳥も中にはいます。

 

預ける際にはそちらも一度、

ペットホテルのスタッフさんに聞いておきたいですね。

 

 

 

鳥をペットホテルに預ける時の料金相場は?

 

View this post on Instagram

 

ino-JZX100さん(@in0kawangan)がシェアした投稿

では次にペットホテルに鳥を預ける場合の

宿泊料金相場についてお話ししていきます。

 

一般的にペットホテルに鳥を預けると

1あたりの宿泊料金相場は2,000円前後とされています。

 

もちろん、料金は飼い主さんが利用されるプランやコース、

宿泊施設や時期などに応じても

その費用は変わってくるかと思いますので

上の数字はあくまで参考程度にしてみてくださいね。

 

また、一度に2羽以上の鳥を預ける予定のある飼い主さんや

長期での宿泊をお願いする予定の飼い主さんなら

割引が適用されることもありますよ。

 

ちらについては各ペットホテルの

ホームページなどで事前にご確認くださいね!

 

 

 

鳥をペットホテルに預ける時に注意する点は?

 

View this post on Instagram

 

そら&ピコ&ぴっちゃんさん(@sora_pico_picchan)がシェアした投稿

では次に、鳥をペットホテルに預ける際に

ぜひ気をつけていただきたい、

いくつかの注意事項をお伝えしていきます。

 

大前提としておうちの鳥を

ペットホテルに預ける練習をしておいた方が良いでしょう。

 

最近のペットホテルでは

いきなり宿泊にチャレンジさせるよりも前に、

“一時預かり”ということができる場所が増えてきています。

 

一度、そちらでトライしてみて

ある程度見知らぬ人がいても警戒せずに

慣れるように特訓しておくことをおすすめしますよ。

 

二つ目にペットホテル利用前は

毎日、放鳥させないことが挙げられます。

 

普段から毎日でも外に出て飛び回ることができる、

という風に刷り込んでしまうと

その後、一日でも出してもらえなくなると

不機嫌になったり人を噛むようになってしまう鳥も中にはいます。

 

特に手乗りのインコを飼っている方などは要注意ですね。

 

ペットホテルでは事故防止のための取り組みですので

自粛させるようにしましょう!

 

最後にお迎えの日には、

なるべく早く迎えに行ってあげることです。

 

飼い主さんの姿が見えず

悲しんでいる鳥もいるかと思うので

できるだけ早めに引き取りに行き、

きちんと様子を伺ってくださいね。

 

その時の様子次第では飼い主さんによる

強制給餌やスキンシップの時間が必要になることもありますよ。

 

 

鳥をペットホテルに預ける時におすすめな持ち物は?

では最後に鳥をペットホテルに

預ける時におすすめしたい持ち物についてお話ししていきます。

 

実際に鳥をペットホテルに預ける時には

どんなものを用意したらいいのでしょうか?

 

以下で簡単にまとめているので

よければ参考にしてみてくださいね!

 

鳥カゴ

鳥かごが持ち込めるペットホテルであれば

そのまま、鳥カゴごと持って行けばOK

です。

 

鳥カゴの中には、いつも遊んでいる

おもちゃが、あるおかげで

鳥も、幾分か安心できるはずです。

 

ただし、ペットホテルの中には

『普段使用しているケージの持ち込みは不可』

としているところもあります。

 

ですが、鳥の中には場所が変われば

あまり寝付けない・・という子も・・

 

巣箱

そんな時に大活躍するのが、いつも

使っている巣箱です。

 

普段から、かごの中に安心できる寝床

あれば、知らない場所でも、きっと

しっかり休めますよ。

 

おうちで飼っている、鳥の体に合わせて

適当なサイズの、巣箱を用意しておくこと

をおすすめします!

 

水浴び容器

最後に、水浴びが好きな子であれば、

水浴び用容器です。

こちらも、鳥の体格に合わせて容器の

大きさは異なります。

 

鳥には、水浴びが大好きな子が多いです

よね?また、水浴びは実は体温調整の役割

も果たしています。

 

ですので、普段から水浴びを練習させて

おけば、暑い時には体を冷やすために

水の中に入って水を浴びる、という

一連の流れが、簡単にできるようになって

いますよ。

 

ペットホテル内の室温は

これまでの、自宅の部屋の温度とは全く

違うでしょうから、自分で自分の体温を

調節する必要があります

 

以上が、小鳥をペットホテルに預ける際の

おすすめの持ち物でした。

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

今回は鳥をペットホテルに預けるメリットやデメリット、

ペットホテルに預ける時の注意点やその宿泊費などについて

簡単にお話ししましたが、いかがでしたでしょうか?

 

大切なペットの一員だから

家を空ける時にはどうするべきかちゃんと考えたいですよね。

 

鳥の性格やその時の体調と向き合った上で決めてあげてくださいね。

 

以上、『ペットホテルに鳥を預ける時のメリットやデメリット、注意点やお店の選び方は?』の記事でした。