英語では“ラブバード”とも呼ばれるほど

つがいで飼うと仲良しな様子が見られるコザクラインコ

 

雛の頃から育てると、飼い主に対して

パートナーへの愛情を向けてくれるとも言われる

コザクラインコですが、

雛はどのように育ててればよいのでしょうか?

 

この記事では、コザクラインコの雛の育て方

雛の飼育に必要なグッズを紹介していきます。

 

コザクラインコの雛の育て方って?

lovelybirdさん(@w.k.lovelybird)がシェアした投稿

コザクラインコの雛は生後7日前後で目が開くようになり

生後2週間前後で産毛が生えそろうようになります。

 

生後3週間前後で羽が生えてくるのですが、

コザクラインコを手乗りに育てたい場合は

この段階で親鳥から雛を離すようにしましょう。

 

コザクラインコは賢い個体が多く、

生後4週間を過ぎると人間に対して警戒心が出る

雛もいるためです。

 

親鳥から離した雛は“ふご”と呼ばれる、

蓋つきの鳥の巣のような籠で育てます。

 

まだ眠っている時間も長い時期ですので

餌以外はふごの蓋をして、

静かに過ごさせるようにしましょうね。

 

ふごの中には底の大きさより

一回り大きく切った新聞紙を入れて

排泄物で汚れたら、取り替えるようにします。

 

寒い時期はふごの中を暖かく保つため、

蓋の上にタオルなどを掛けてあげると良いですよ。

 

また、ふごの底に成鳥用の飼料を2~3粒入れておくと

啄ばむ素振りを見せる雛もいますが、

この時期はまだまだ差し餌を与える必要があります。

 

生後5~6週間前後には雛鳥の羽は生えそろい

コザクラインコらしい見た目になりますよ。

 

餌以外の時間も活動的に過ごすようになるため

飼育ケージもふごから“ますかご”や

“プラスチックケース”などに変てあげましょう。

 

底には新聞紙を敷いて、

排泄物で汚れたら取り替えてくださいね。

 

この時期になると、コザクラインコの親は

雛の自立を促すために攻撃的な態度を取るようになってきます。

 

なので、手乗りに育てるつもりがなくても

雛を別のケージに移すようにしましょう。

 

生後5週~7週程度で、

雛鳥にもすっかり大人の羽が生えそろいます。

 

黒かった嘴もだんだん薄い肌色に変化していく頃でしょう。

 

見た目もすっかり成鳥のコザクラインコになり

差し餌を卒業して、自分で餌を食べられるようになる時期です。

 

完全に1人で餌を食べられるようになったら

止まり木のついた金属製のケージに引っ越しさせましょう!

 

暫くは床の金網を外して、

新聞紙を敷いておくと雛が歩きやすいですよ。

 

餌と水は底の浅い小さな容器に入れて床に置くほか

雛が食べやすいよう新聞紙の上にも少し撒いておきましょう。

 

体つきがしっかりして活発になり、

ケージを窮屈に感じているような素振りが見えたら

成鳥用のケージに引っ越しをして

雛鳥の時期は卒業になります。

 

 

 

コザクラインコの雛の育て方で注意することは?

 

コザクラインコの雛を育てる際に

一番大切なのは保温。

 

雛鳥がいる飼育カゴの温度は27℃~28℃に保ち、

決して25℃を下回らないようにしましょう。

 

ふごやますかごの下にペットヒーターや電気あんかを置き、

かごの上を半分ほど布で覆ってやると

雛は暖かく過ごすことができますよ。

 

コザクラインコは小鳥の中では比較的丈夫で

雛も育てやすい種ではありますが、

アフリカ大陸出身であるため

湿度も50%程に保つのが望ましいです。

 

また、コザクラインコの雛は可愛らしいので

ついつい触ってみたくなりますが、

睡眠の邪魔をしないよう

餌の時間以外はそっとしておくようにしましょう。

 

差し餌を通して、十分、雛との間に信頼関係は築けるので

焦ってスキンシップをしなくても大丈夫ですよ。

 

 

コザクラインコの雛の餌の作り方や与え方は?

hatomoさん(@yuzuha0619)がシェアした投稿 –

生後2~3週間までのコザクラインコの雛には

雛鳥用のパウダーフードと粟玉をお湯でふやかしたものを

給餌用のスポイトなどで与えてください。

 

パウダーフードと粟玉の比率は同量~3:7程度

雛の食いつきを見ながら調節をしてあげましょう。

 

餌をふやかす際のお湯の温度は60℃前後

作った餌は40℃を保って雛に与えてくださいね。

 

雛の食事に時間がかかるようでしたら

湯煎で温めながら差し餌をすると良いですよ。

 

差し餌は1日に5~6回与えます。

 

生後5週間を過ぎたら、

そろそろ1人で餌を食べる練習を開始しましょう。

 

そして、差し餌の回数を減らし、

成鳥用の飼料を食べるように誘導します。

 

ケージの中に底の浅い餌入れを用意して、

成鳥用の餌を入れて

雛鳥がいつでも食べられるようにしてくださいね。

 

生後6週~7週になると、完全に1人餌に移行しますので

成鳥用の餌をそのまま与えるようにしましょう。

 

コザクラインコの雛の飼育に必要なものや餌は?

雛の時期に必要なものは、

餌や給餌器はもちろんの事、時期にもよります

が、雛を保温できるヒーターがあると、

便利ですょ。

 

ヒーターは、病気になった際や

シニアになってからも、コザクラインコに

ヒーターを使う機会はあります。

 

早めに、1台用意しておけば、

その後も、長く使うことができるので

おすすめです。

 

次に、餌ですがコザクラインコの雛には

粟玉パウダーーフードを与えます。

 

粟玉

最初に紹介するのは雛の食事には欠かせない粟玉です。

 

雛~幼鳥期にかけて、栄養がたっぷり取れるように

粟に鶏卵やフラクトオリゴ糖が配合されています。

 

差し餌の時期はとにかく餌の消費が激しいので

粟玉は切らさないようにしてくださいね!

 

また、嗜好性も高いので、

差し餌の時期に余った粟玉は

おやつとして消費することもできますよ。

 

 

パウダーフード

次に紹介するのは雛鳥用のパウダーフードです。

 

ブリーダーにも支持されている上記のフードは

雛鳥の腸内環境や脳の発達にも配慮されており

コザクラインコの体作りにもぴったりです。

 

このパウダーフードで育った子は毛艶が良い!

というクチコミも多く、雛のパウダーフードに迷ったら

これを選べば間違いない!』と言われる程、

人気の餌です。

 

一度溶かしたパウダーフードは一回の給餌で使い切り、

ボトルも開封後は冷蔵庫で保存しましょう。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ずんぐりした丸い体形が可愛いコザクラインコは

雛の時から育てると、意外なほどなつき

飼い主さんが大好きになる子も多くいます。

 

手乗りのコザクラインコになるよう

愛情を持って大切に育ててあげてくださいね。

 

以上、『コザクラインコの雛の育て方は?飼育に必要なものや餌、注意点も!』の記事でした。