初めて小型犬を飼う方は、

なるべく飼いやすい犬種にしたい

考える方も多いですよね。

 

初心者や一人暮らしの人でも、

飼いやすい小型犬の種類とは?

どんな種類があるのでしょう?

 

体も丈夫で、長生きして欲しいですし、

性格も、気性が荒いよりは、おとなしい

子の方が飼いやすいですよね?

 

あと、小型犬の散歩は必要なの?とか

毛が、あまり抜けない?

長毛・短毛?

あまり、吠えない?

よくなつく♡など・・・

いろいろあるかと思います。

 

また、

お迎えする前には、知っておくべき、

注意点もありますので、説明を交えながら

紹介していきますね。

 

飼いやすい小型犬ランキング!おすすめの種類は?

では今回は、小型犬の中でも、

特に飼いやすい、初心者や一人暮らしの方

にも、おすすめの犬種をランキング形式で

紹介していきます。

 

犬は、飼い主様が、たっぷりと愛情を

注いであげれば、必ずそれに応えてくれます。

 

とても従順で、非常に良くなついてくれます

ので、きっと良きパートナーとなってくれる

事でしょう。

 

犬を、お迎えした際には、ぜひたっぷりの

愛情を注いであげて下さい♡

 

第1位 トイプードル

プードル ピーナッツカット

 

初心者や一人暮らしの方でも、飼いやすい

おすすめの小型犬ランキング1位は

トイプードルです。

 

日本での、飼育頭数が最も多い犬種である

トイプードル。

 

しつけがしやすく

集合住宅でも、飼育できることから

初心者や、一人暮らしの方でも、環境を

選ばずに、飼うことができる犬種です。

 

体は小さいですが、

しっかりとした、体つきをしているので

怪我をしづらいことも

飼いやすい点でしょう。

 

抜け毛は、とても少ない点も

おすすめできる点ですが、

 

伸びた被毛が、毛玉になりやすかったり、

定期的にトリミングをする必要がある?

と言うのが、デメリットでしょうか?

 

とは言え、実際のところ

小型犬の中では、とても飼いやすい種類

ですので、トイプードルを飼育している人が

非常に多いのも、分かる気がしますね。

 

また、散歩などを通して、情報交換が

しやすい!のも心強いですね。

 

トイプードルの、値段の相場は、

販売価格で、18万円~25万円程度になります。

 

 

第2位 パピヨン

・パピヨン

 

初心者や一人暮らしでも飼いやすい

おすすめの小型犬ランキング2位は

パピヨンです。

 

超が羽を広げたように、見える大きな耳が

特徴のパピヨンは、賢くしつけがしやすい

犬種です。

 

体重も5kg程度と軽く、

子供でも、抱き上げられる大きさで

集合住宅でも、飼育することが可能ですよ。

 

また、パピヨンも被毛が抜けにくいのが

特徴です。掃除、大変ですからね・・

 

ピンブラシで、軽くブラッシングするだけで

十分手入れができるのも、飼いやすい点

でしょう。

 

飼う前の、ポイントや注意点としては、

やや独占欲が強い?性質があります。

 

その対策としては、

家族全員で愛情を注いで、特定の人に執着

しない!ですむようにしてあげるのが

ポイントです。

 

パピヨンの、お値段の相場は、

販売価格で、15万円~25万円程度になります。

 

 

 

第3位 チワワ

 

初心者や一人暮らしでも、飼いやすい

おすすめの小型犬ランキング3位は

チワワです。

 

世界最小の犬種でもあるチワワは、

飼育環境を選ばず

都市部でも飼いやすいことから

人気の高い犬種の一つです。

 

散歩に連れて行かなくても、室内の運動で

十分満足ができる犬種であることも

人気の理由でしょう。

 

しかし吠え癖がつきやすい犬種ですので、

子犬の頃から

しつけを、しっかりと行う必要があります。

 

また、チワワ特有の

かかりやすい病気も多いため

遺伝疾患を持っていない両親から

生まれた子犬を

迎えるように注意してくださいね。

 

チワワの、お値段の相場は?

販売価格で、20万円~30万円程度になります。

 

 

 

第4位 パグ

 

初心者や一人暮らしでも、飼いやすい

おすすめの小型犬ランキング4位は

パグです。

 

黒いマスクと、シワのある顔が印象的なパグ

は、子供にも優しくできる愛情深い犬種

 

しつけには、やや時間がかかりますが、

無駄吠えは少ないです。

 

がっしりとした、体つきで愛嬌もあり

飼いやすい犬種であるといえるでしょう。

 

被毛は短いため、

軽くブラッシングするだけで問題ありませんが

しわの中に、汚れがたまらないよう、

固く絞った布で

綺麗に拭いてあげる必要があります。

 

パグのお値段の相場は、

販売価格で、18万円~25万円程度になります。

 

 

 

第5位 シーズー

シーズ-4

 

初心者や一人暮らしでも、飼いやすい

おすすめの小型犬ランキング5位は

シー・ズーです。

 

中国の宮廷では、神の使いとして

大切に扱われてきたというシー・ズーは

優雅な外見と、穏やかな性格が特徴の犬種です。

 

運動要求も、高くありませんので、

散歩の手間も少なく

集合住宅でも飼いやすい点も

初心者や、一人暮らし向きといえる

でしょう。

 

ただし、被毛は伸び続けるので、

定期的に、トリミングが必要です。

 

長毛のフルコートでも、

扱いやすい、ペットカットにしても

可愛らしい犬種ですよ。

 

シーズーのお値段の相場は?

販売価格で、10万円~20万円程度になります。

 

 

 

第6位 ミニチュアダックスフンド

 

初心者や一人暮らしでも、飼いやすい

おすすめの小型犬ランキング6位は

ミニチュアダックスフンドです。

 

明るく遊び好きな性格の

ミニチュアダックスフンドは

物覚えも良く、

初心者でも飼いやすい犬種です。

 

特にロングヘアーの犬種は

性質が穏やかな、傾向がありますので

飼いやすいと言えるでしょう。

 

小型犬の中では、比較的落ち着いた性格

ですが、もともと猟犬なので、

吠え声が大きいのが、難点でしょうか?

しっかりと、しつける必要があります。

 

また、胴が長く、足が短い独特の体系により

椎間板ヘルニアを発症しやすいため

家庭内での、段差を減らしたり、

階段には近づけない、といった工夫が必要です。

 

ミニチュアダックスフンドの相場は?

販売価格で、13万円~20万円程度になります。

 

 

第7位 マルチーズ

 

初心者や一人暮らしでも、飼いやすい

おすすめの小型犬ランキング7位は

マルチーズです。

 

純白の被毛に包まれた

エレガントな外見が、美しいマルチーズは

穏やかで、遊び好きな性格です。

 

我慢強く人なつこい性格で、

躾もしやすいことから

初心者にも飼いやすい犬種ですよ。

 

被毛を綺麗に保つためには

毎日のブラッシングを欠かさずに行い、

目や口の周りもこまめに拭いて

綺麗に保ってあげてくださいね。

 

上品な外見に反して

運動が大好きな犬種ですので、

ちゃんと散歩に連れて行ってあげましょう。

 

マルチーズの、お値段の相場は?

販売価格で、10万円~20万円程度になります。

 

 

 

第8位 フレンチ・ブルドッグ

・フレンチ・ブルドッグ

 

初心者や一人暮らしでも、飼いやすい

おすすめの小型犬ランキング8位は

フレンチ・ブルドッグです。

 

小型犬の中では、や厳つめの風貌ですが、

愛情深く、愛嬌たっぷりの

明るい性格が魅力の犬種です。

 

また静かで体臭も少なく、無駄吠え

も少ないので、都市部や、集合住宅でも飼い

やすいですよ。

 

嫌なことをされると、覚えている性質が

あるので、褒めてしつけてあげるように

しましょう。

 

被毛は短いため、

軽くブラッシングをするか

固く絞った布で、拭くだけでお手入れは十分です。

 

また食いしん坊なので、

体重管理は、しっかり行うようにしましょう。

 

フレンチブルドックの、お値段の相場は?

販売価格で、25万円~30万円程度になります。

 

 

 

第9位 キャバリア・キング・チャールストン・スパニエル

 

初心者や一人暮らしでも、飼いやすい

おすすめの小型犬ランキング9位は

キャバリアです。

 

活動的でありながら、無駄吠えも少なく

動作が、穏やかで温和なことから

小さな子供から、高齢者まで、

安心して、一緒に遊ぶことができる

キャバリアはしつけもしやすく、

飼いやすい犬種です。

 

小型犬の中では、タフなタイプですので

散歩は、毎日行う必要があります。

 

毎日のケアでは、

飾り毛はコームや、ピンブラシで整え

また外耳炎にかかりやすいため、

耳の掃除も行うようにしましょう。

 

太りやすいので、

体重管理も、しっかりとする必要がありますよ。

 

キャバリアの、お値段の相場は?

販売価格で、15万円~25万円程度になります。

 

 

 

第10位 狆

 

初心者や一人暮らしでも、飼いやすい

おすすめの小型犬ランキング10位は

です。

 

美しい被毛と

愛嬌のある、顔立ちが特徴的な狆は

奈良時代に、現在の韓国にあたる新羅から

聖務天皇に、献上された犬を先祖に持つ、

日本と縁の深い犬種。

 

やや神経質な面もありますが、

飼い主には、従順ですので

小さい頃から、きちんとしつければ

運動要求も少なく、

運動も家の中で十分ですので

飼いやすい犬種であるといえるでしょう。

 

被毛は、毎日コーミングして、

目の周りや、耳の中の汚れを拭いて

あげてください。

 

狆の、お値段の相場は?

販売価格で、10万円~20万円程度になります。

 

 

 

小型犬を飼うときの注意点は?

小型犬は、中型以上の犬に比べて

力が弱いため、

しつけが、おろそかになりがちな

傾向がありますよね。

 

しかし、きちんとした、しつけをして

おかないと、周囲に迷惑を掛けるだけではなく

交通事故に、き込まれたり、

ドッグランで、他の犬と喧嘩になったりと

飼い犬自身が、危険な目に遭う可能性も

あります。

 

犬はきちんとしつけて

初めて犬になるとも言われていますから、

体の大きさにかかわらず

子犬の頃から、しっかりとした、しつけ

しましょう。

 

小型犬に散歩は必要?

小型犬の散歩ですが・・

結論から言うと、必須ではありません。

 

しかし、犬が運動不足にならないように

配慮してあげる必要はあります。

 

健康で、長生きさせてあげたい!のであれば

運動は必要です。とは言え、小型犬は

体が小さいので、家の中を歩きまわるだけ

でも、結構な運動量になります。

 

それゆえに、散歩は必須ではないのですが

少しだけ、注意点もあります。

 

それは、家の中でも、充分走ったり動き

まわれるスペースがある事が、大前提です。

 

投げたオモチャなどを、持ってこさせる

などの遊びも、良い運動になりますね。

 

よって、家の中でも充分に活動ができて

運動不足にも、配慮してあげる事ができる

のであれば、散歩はなしでも、大丈夫

と言う事になります。

 

あともう1つ、注意点として

犬は散歩で、他の犬や人を接していきます。

いわゆる、散歩する事で、犬は社交性を身に

いくわけなんですよね・・。

 

ですので、この社交性を欠落させない為には、

お迎えして、最初の半年くらいは、一緒に

散歩に出かけるのが、おすすめですょ。

 

毎日ではなくても、家に閉じこもっている

よりは、ワンちゃんも良い気分転換にも

なりますからね。

 

あとは、飼い主様の生活スタイルに

合わせて頂ければOKです。

 

飼い主様の、生活の寄り添いながら、

散歩などにも、融通が効く!と言う点も、

小型犬を飼うメリットですね。

 

初心者や一人暮らしで小型犬がおすすめな理由

小型犬をおすすめする理由は?

あまり、散歩などの手間がかからない?

飼い主様の、生活スタイルに合わせやすい?

などがあります。

 

また、体が小さいので、非常にお世話が

しやすい点もおすすめな理由です。

 

性格も穏やかな子が多く、しつけがしやすい子

が多いのですが、やはり早めにしっかりと、

しつけをする事は大切ですょ。

 

また、

一人暮らしの方でしたら、マンションなど

共同住宅の場合もありますので、その場合は

小型犬の中でも、無駄吠えが少ない犬種を

選ぶと良いでしょう。

 

同じ小型犬でも、短毛な子もいれば、

被毛が、伸び続ける子もいるので、

トリミングの有無も、重要になります。

 

トリミングは、毎月時間も費用もかかり

ますからね。

 

そのあたりは、飼い主様の、時間的

余裕や費用的にも影響しますので、自分に

あった、ワンちゃんをしっかり吟味する

ようにしましょう。

 

すべての条件を満たす?犬種選びは、正直な

ところ、難しいものがあるのも事実です。

 

犬種ごとに、やはり良し悪しはありますが、

それも、個性のひとつです。

 

よって犬種選びは、

飼い主様の生活スタイルや、費用面、犬種の好み

などに、左右される部分が大きいですが、どの

子を選ばれるにしろ、最後まで愛情を持って大切

に育ててあげてくださいね♡

 

小型犬が病気になった時の治療費が心配な場合は?

小型犬の中には、

骨折しやすかったり関節の病気に

かかりやすい犬種も多く存在します。

 

チワワなどの

特に体が小さい犬種の場合は、

手術が必要な疾患にかかっていても

麻酔に耐えられないことから

手術することができない場合も。

 

そうなると、長い期間

通院や投薬が必要になるなど、

小型犬特有の病気や怪我の悩み

出てくるでしょう。

 

また、愛犬が病気や怪我をしたとき、

治療費がいくらかかるのかも不安ですよね。

 

保険がきかない犬の医療費用は

高額になりがちなので、

犬を迎える際は、保険についても

事前に、調べておくことをおすすめします。

 

小型犬を飼うメリットは?

小型犬に限らず、

ペットを迎えるメリットは

何といっても可愛らしく、

毎日の生活を楽しくさせてくれることですよね。

 

犬は感情が豊かで、愛情深い動物です。

 

しかし、毎日散歩に

連れて行かなければならなかったり

庭がないと飼えないような犬種も存在します。

 

小型犬であれば

一部の犬種以外は

集合住宅でも飼育可能ですし、

雨の日や帰宅が遅くなった日も

必ず散歩に行かなければいけない

ということもありません。

 

犬の良い部分はしっかりあるものの、

世話が楽であるということが

小型犬が飼いやすい理由であり

小型犬を飼うメリットでしょう。

 

 

 

小型犬を飼うデメリットは?

生き物を飼うということは

予想以上にお金がかかるものです。

 

小型犬は体が小さく、

食事にかかるお金が少ないため

飼育費用が少なく済む印象がありますが

トイプードルのように

トリミング代が毎月必要な犬種もいます。

 

また犬は飼い主とはなれることが

一番のストレスになるため

旅行の予定なども立てづらくなるでしょう。

 

時間もお金も愛犬のために

割く必要があることを

覚悟してから犬を迎えてくださいね。

 

 

小型犬を飼うときにおすすめのアイテムは?

小型犬を家族に迎えたい!と思った場合

どのようなアイテムを

用意する必要があるのでしょうか?

 

首輪よりハーネスがおすすめ

犬を迎える時は、通常は、首輪とリードを

用意するのですが、、

 

小型犬は、首の骨が細いため、

散歩での引っ張りが原因で

気管虚脱を引き起こしてしまう?恐れがあります。

 

そのため、小型犬には首輪ではなく

ハーネスを使用するのが望ましいでしょう。

 

ベッド

もうひとつ

用意してあげたいのは、ベッドです。

 

質の良い睡眠を、愛犬にとってもらう

ためには、ベッドも用意してあげましょう。

 

特に、体温調節が未熟な子犬や

チワワなどの、寒さに弱い犬種の場合は

暖かく過ごすことができる、ベッドを用意

しておくと、体調を崩すリスクが軽減

できて安心ですよ。

 

きっと、お気に入りのスペースになってくれますよ。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

飼いやすい犬種が多い小型犬ですが

各犬種ごとにかかりやすい病気があったりと

迎える前には調べておきたいこともあります。

 

また、犬は個体ごとに

正確に違いがみられる動物ですので、

飼いやすい犬種を迎えても

必ずしも躾がしやすいわけではありません。

 

迎えてから慌てることのないよう、

犬種の良い点も悪い点も

しっかりと理解してから、

子犬を迎えてあげてくださいね。

 

以上、『飼いやすい小型犬ランキング!初心者でも飼育できる種類や値段って?』の記事でした!