老犬の足に力が入らない原因は、

老化以外にもあることをご存知ですか?

 

確かに加齢

原因のひとつにはなりますが、

体の衰えだけではない

様々な理由があるんです。

 

そこで今回は、

老犬の足に力が入らない時の原因や

対処法についてまとめました。

 

スポンサーリンク





 

老犬の足に力が入らないのは温度が原因!

 

老犬も人間と同じように

寒さによって血行不良になってしまい、

関節が冷えると痛むことがあります。

 

寒さによって血管の収縮が起こり、

酸素や栄養素の循環が滞ってしまうと

体に老廃物が溜まりやすくなってしまい、

周辺の筋肉まで硬くなってしまうのです。

 

そのため急に寒くなったり

真冬に外に長時間いたりすると、

関節が痛み足がふらつく原因に。

 

また寒くなってくると、

犬は習性からずっと同じ格好で

動かずに寝ることが多いので、

急に立ち上がろうとした時に

ふらついてしまうことがあります。

 

温度の対処法

 

温度が原因の時は、まず第一に

体を温めてあげることが大切です。

 

温める方法としてはいくつかあり、

ペットヒーターで温めたり

湯たんぽを入れたりしてあげてください。

 

ヒーターなどを使用する際は、

低温火傷の危険があるため

必ずカバーをしてあげましょう。

 

また、暑くなった時には

自分で移動出来るような工夫も必要です。

 

そのほかにも靴下を履かせたり

サポーターをつけてあげたり、

コミニュケーションも兼ねて

マッサージを行うことも効果的

 

特にマッサージは犬が喜び、

リラクゼーション効果もあるので

とてもおすすめですよ。

 

 

 

老犬の足に力が入らないのは間接炎が原因!

 

犬も歳をとってくるに従って

骨密度が薄くなったり、

骨の強度ももろくなってきます。

 

さらに関節を形成している軟骨の

張力や硬さまでもが失われてしまい、

関節に炎症が起きやすくなって

関節炎になってしまいます。

 

関節炎になってしまうと、

関節の痛みから

足に力が入らなくなります。

 

立ち上がる時にふらついたり、

立ち上がれたとしても

すぐに倒れてしまうこともありますよ。

 

関節炎の対処法

 

老犬の関節のケアの方法は

適度な運動をさせることと、

関節の老化に効く餌

サプリメントを使用することです。

 

適度な運動

動物の健康を保つために

非常に大切なことですよ。

 

特に若齢時に激しく運動をしていた

大型犬に関節炎は多いようです。

 

歳を重ねて

動きが鈍くなってきたなと感じても、

ドックランに遊びに行ったり

ドックプールなどを使用して、

過度な負担にならない程度に

運動させてあげてくださいね。

 

またフードやサプリメントなどで

グルコサミンコンドロイチンという成分を

積極的に体に取り入れてあげましょう。

 

グルコサミン

甲殻類のキチン質から作られており、

軟骨の修正や関節炎の軽減に効果があります。

 

コンドロイチン

別名「若返りの薬」とも言われており、

サメ軟骨から作られる成分で

関節の保護効果の他、

老化の予防にも効果的ですよ。

 

スポンサーリンク





 

老犬の足に力が入らないのは肥満が原因!

 

犬も老化すると代謝が悪くなり

若い時と同じように食べ続けていると

太ってしまう犬もいます。

 

特に骨が細い小型犬

肥満になってしまうと

骨を支えることが

出来なくなってしまいます。

 

骨を支えることができなくなると

関節炎の症状が出たり

足に力が入らなくなり、

ふらついてしまうことも。

 

肥満になっているということは

運動が不足していると考えられますから、

当然筋力も落ちてしまうのですね。

 

関節周りの筋力が弱れば、

さらに関節への負担が増えるという

悪循環に陥ってしまいますよ。

 

そのままの生活を続けていると

靭帯断裂などの危険性もあります。

 

肥満は関節だけでなく、

心臓病や血栓症などの病気

引き金にもなりますので、

注意して毎日見てあげましょう。

 

肥満の対処法

 

老犬の足に力が入らない時の原因が

肥満の場合、何よりも必要なのは

ダイエットです!

 

体重を減らすことによって

関節への負担も抑えられ、

力が入らないことも少なくなりますよ。

 

犬をダイエットさせるには

食事療法がおすすめです。

 

今その犬に必要なフードの量をまず確かめ、

しっかりとダイエットに適したフードを

あげるようにしてください。

 

またドックラン定期的な散歩などで

運動をさせてあげることも

ダイエットになりますよ。

 

その際、どのくらいの効果が

出ているのかわかりやすいよう、

定期的な体重測定をお忘れなく。

 

どのようにダイエットをしたら良いか

わからない場合は、

動物病院に行くととても詳しく

教えてもらえますよ。

 

動物病院では、犬の肥満度や

ダイエットにおすすめのフードなども

紹介してくれるので、

何からしたら良いかわからない場合は、

一度受診してみましょう。

 

 

老犬の足に力が入らないのは床の素材が原因!

 

室内で飼育している老犬は、

床の素材が原因

足に力が入らないこともありますよ。

 

私たち人間も普段の床と違った

滑りやすい床の場合、

立ち上がりにくいと

感じることがありますよね。

 

犬の足元がフローリングなどで

滑りやすくなっていませんか?

 

逆に、犬の肉球の間から

たくさんの毛が生えていたり

爪が邪魔なくらい伸びている場合も

足に力が入らなくなってしまい、

ふらついてしまうことがありますよ。

 

床剤の対処法

 

では床の素材が原因の時は

どのように対処したら良いのでしょうか?

 

まずはフローリングなどの上に、

滑りにくい素材のものを

敷いてあげましょう。

 

滑りにくい素材の例としては、

子供用のプレイマットや

カーペットなどです。

 

カーペットなどを敷く場合は、

滑り止め等を付けて

カーペット自体が滑ることの無いように

気を付けてあげましょうね。

 

また犬が年を取って

爪の伸びや毛の伸びが遅くなっても、

定期的にお手入れをしてあげることが大切です

 

スポンサーリンク





 

老犬の足に力が入らないのは椎間板ヘルニアが原因!

 

老犬の足に力が入らない原因として、

椎間板ヘルニアの可能性も考えられますよ。

 

ダックスフントやコーギーに多く発症し、

重症化すると足の感覚がなくなり

歩行が出来なくなってしまいます。

 

椎間板ヘルニアは

椎間板物質が脊椎の神経を圧迫して

痛みを引き起こす病気で、

加齢とともに椎間板物質が固くなるため、

老犬に多い病気の一つと言われています。

 

椎間板ヘルニアになってしまうと、

昨日まで普通に歩いていたのに

急に足に力が入らなくなったり、

背中を丸めて動かなくなってしまうことも。

 

犬の椎間板ヘルニアの症状は、

発生する部位とその程度により

その後の経過が大きく異なるのも特徴です。

 

ヘルニアの対処法

 

椎間板ヘルニアの症状が出た場合は、

何よりもすぐに動物病院へ行きましょう。

 

椎間板ヘルニアは早ければ早いほど

治療の効果が高く出ますよ。

 

またこの病気は、

治療やリハビリも大事ですが

予防が何より大切になります。

 

一度かかってしまうと

完全に治すのは難しいと言われている

椎間板ヘルニア。

 

普段から高いところに登らせない

抱きかかえる時に脇を持ち上げないなど、

日頃から気にかけてあげることが大切ですよ。

 

 

 

老犬の足に力が入らないのは前庭疾患が原因!

 

前庭疾患とは、耳の奥にある

前庭という部分が異常を起こして

平衡感覚を失ってしまう病気です。

 

そのため、前庭疾患になってしまうと

バランスを取って

歩くことが出来なくなるので、

足に力が入らずふらついてしまいますよ。

 

前庭疾患に犬種は関係なく、

老犬に多いとされていますが

耳の構造上、垂れ耳の犬種

日本犬の雑種に多くみられます。

 

ただこの病気は、

直接命に関わることは

ほとんどありません。

 

しかし犬にとっては

ずっと激しいめまいが

続いているようなものなので、

早めに気付いてあげられるようにしましょう。

 

前庭疾患の対処法

 

前庭疾患は、基本的に治療をすれば

ある程度は治ります。

 

そのため前庭疾患の可能性が疑われる場合は

なるべく早く動物病院を受診しましょう。

 

痴呆が関わってきていることも多く、

前庭疾患を判断するのは

獣医でないとなかなか難しいもの。

 

ですが、前庭疾患の多くは

眼振を伴いますので、

犬の目を見れば

眼振が出ているかはわかりますよ。

 

眼振が出ているときは

眼球がぐるぐると回ったり

右から左に動くなど

左右同様の症状が現れます。

 

ただ眼振は他の病気でも

発生することがあるので、

早急に動物病院で

診察を受けるようにしましょうね。

 

スポンサーリンク





 

老犬の足に力が入らない時におすすめのアイテムは?

医療の発達も伴って

老犬用アイテムが多く発売されていますよね。

 

その中でも老犬が足に力が入らないときに

おすすめのアイテムをご紹介します。

 

ペットヒーター

温度が原因で

足に力が入らないときには

ペットヒーターで温めてあげましょう。

 

その際、足のみを温めるのではなく

体の循環を、良くしてあげるためにも

背中や、お腹も温めてあげることが

大切です。

 

ハーネス

足に力が入らず、歩きにくいときには

しばらくは、首輪をやめて、

ハーネスを使いサポートしてあげましょう。

 

立ち上がる時や

散歩でも、関節に負担がかからないので

犬の痛みを、軽減してあげることが

できますよ。

 

 

サプリメント

老犬の関節を、保護するために、

サプリメントを使用するのもおすすめです。

 

なかでも、上記のものは、

コンドロイチングルコサミン

両方バランスよく、配合していますので

老犬の関節を、強く保つのに

ぴったりです。

 

また獣医師がおすすめしている

ものなので、安心して飲ませることが

出来ますね。

 

 

滑りにくい床材を

床がフローリングだと

どうしても、床が滑りやすくなって

しまうもの。

 

その際は、

滑りにくい、床材にかえてあげる事で、

関節への負担を、軽くしてくれます。

 

ジョイントマットであれば、

犬が、排泄してしまった時も

そこだけ、取り外す事ができるので

便利ですょ。

 

 

ペット用カート!

老犬の足が、関節炎病気

力が入らないときなどに、家でこもって

しまうと、それだけで気分も

落ち込んでしまうものですよね。

 

そんな時は、もしあれば

ペット用カートで、お散歩させて

あげましょう。

 

痛みで、あまり歩きたくない犬も

カートに乗せて、お散歩をすると

良い気分転換になりますよ。

 

車での移動や、ショッピングセンターに

行くときなどにも、とっても便利ですよね。

 

いかがでしたでしょうか?

老犬の足に力が入らない原因は

様々あるということを

お分りいただけたかと思います。

 

犬は言葉を話せませんし、

痛みもぎりぎりまで我慢してしまいます。

 

毎日様子を確認して、

少しでも変わったことがあれば

すぐに気付いて

対処してあげられるようになりましょうね。

 

以上『老犬の足に力が入らない時の原因や対処法、おすすめのアイテムも!』の記事でした。

スポンサーリンク