エレガントな見た目からは意外なほど

快活で明るい性格が魅力のキャバリアこと

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。

 

小型犬でありながら運動要求も高いので

必ずしもカットが必要な犬種ではないものの

動きやすさやワンちゃん自身の

快適さも考えたカットをしている飼い主さんが多いようですね。

 

この記事では、キャバリアにおすすめのカットスタイルを

画像付きで紹介していきます。

 

キャバリアのカットスタイル1

・さっぱり涼し気!サマーカット

쁘니언니さん(@cav_petite)がシェアした投稿

最初に紹介するキャバリアにおすすめのカットスタイルは

体の毛を短く刈り込んだサマーカットです。

 

尻尾の毛と耳の飾り毛だけを残しているので

かなり短くカットしていますが、

キャバリアの優雅な印象は残ったままですね。

 

顔回りがスッキリしたことで、瞳の大きさが際立ち

幼く、可愛らしく見えます。

 

外遊びしやすいように短めにしたいけれど

キャバリアらしさは残したい、という飼い主さんに

おすすめのカットですよ。

 

キャバリアは、トップコートとアンダーコートという

2種類の毛が生えたダブルコートの犬種であり

アンダーコートは暑い時期には自然に抜け落ちる習性があります。

 

しかし、空調の効いた部屋で生活をしている場合は

アンダーコートが抜ける時期がずれてしまうことも。

 

そのため、暑い時期にアンダーコートが残っている場合などは

サマーカットをしてあげると過ごしやすくなりますよ。

 

しかし、短く刈り過ぎてしまうと散歩の際などに

紫外線で皮膚がダメージを受けてしまうために

自宅でカットをする場合は注意をしてくださいね。

 

最初にサマーカットに挑戦する場合は

ドッグサロンや動物病院で長さを相談して行うと安心ですよ。

 

 

 

キャバリアのカットスタイル2

・耳の毛ぱっつん、ショートボブ風カット

RUNAさん(@runa__ruru)がシェアした投稿

2番目に紹介するキャバリアにおすすめのカットスタイルは

耳の飾り毛を真っすぐにカットしたスタイルです。

 

毛量の多い子がやると、写真のように

ショートボブ風に仕上がって個性的ですよね。

 

全体の毛をカットするのは抵抗があるけれど

愛犬の印象を変えてみたいという飼い主さんにも

おすすめのスタイルですよ。

 

残す飾り毛の長さや、ボリュームの出し方で

印象が変わって見えるカットですので

愛犬のイメージに合った長さを探してみるのも良いですね。

 

リボンなどのアクセサリーとも相性が良いカットなので

女の子のキャバリアに特におすすめのスタイルですよ。

 

 

 

キャバリアのカットスタイル3

・耳を丸く見せるカットスタイル

まさよさん(@maromasa0115)がシェアした投稿

3番目に紹介するキャバリアにおすすめのカットスタイルは

耳の飾り毛を丸くカットしたスタイルです。

 

キャバリアの子犬の頃のようなシルエットになるので

とても可愛らしくて男の子にも女の子にも、

またシニアの子にも、どんなキャバリアにも似合うスタイルですよ。

 

丸い瞳が強調されて、あどけない印象になりますね。

 

耳の内側の毛もカットしておけば、

外耳炎などのトラブルも防げるので

可愛いだけではなく衛生面でも優れたスタイル

 

胸回りも短めにカットしているので

スッキリとしたシルエットになっており

グルーミングやシャンプーも楽になりそうですね。

 

 

キャバリアのカットスタイル4

・飾り毛サラサラ、サマーカット

4番目に紹介するキャバリアにおすすめのカットスタイルは

耳の飾り毛はそのまま残し、体の毛や顔回りの毛を

刈り込んだスタイルです。

 

頭頂部の毛も短くカットしているため、

顔のパーツが引き立ちますね。

 

キャバリアの特徴でもある長い飾り毛と

丸い大きな目を際立たせたスタイルですが、

体の毛はサッパリとカットしているため

お手入れしやすく、涼し気な印象です。

 

上品な感じが残って、リボンなどのアクセサリー

をつけても可愛く仕上がりそうなスタイルなので

特に女の子のキャバリアにおすすめなカットですよ。

 

また飾り毛が毛玉にならないように

しっかりグルーミングやお手入れが必要なスタイルですが

首回りがすっきりしていて、ワンちゃん自身は

快適そうですよね。

 

サマーカットをしたいけれど、

キャバリアらしいシルエットは残したい』という

飼い主さんにもおすすめのスタイルです。

 

 

 

キャバリアのカットスタイル5

・ツインテール風すっきりスタイル

dog salon colorさん(@dogsaloncolor)がシェアした投稿

5番目に紹介するキャバリアにおすすめのカットスタイルは

耳の飾り毛を段を入れてふんわりカットすることで

ツインテール風に仕上げたスタイルです。

 

上記の画像の子は男の子ということでゴーグルを着けています

女の子のキャバリアの場合は

両耳の付け根を飾っても可愛らしいですね。

 

耳の内側の毛は短くカットされているので

外耳炎など、夏の時期の耳のトラブルを防ぐのにも

効果的なスタイルですよ。

 

体の毛も動きやすく、また暑い時期に快適なように

サッパリと短くカットされているため

水遊びなどをしても早く乾きやすくて良いですね!

 

活発なキャバリアに良く似合う

可愛らしくもアクティブなシルエットに仕上がっています。

 

 

 

キャバリアのカットスタイル6

・たてがみたっぷりライオンカット

Shiloh+Momo & yokoさん(@cavalierandme)がシェアした投稿

6番目に紹介するキャバリアにおすすめのカットスタイルは

首回りの毛をたっぷり残して、

体の毛を短く刈り込んだライオンカット。

 

キャバリアはそこまで体の毛が長いわけではないですが

カットする部分と残す部分のメリハリをつけることで

ライオンカットもできちゃうんですよ。

 

元気で運動神経の良い

キャバリアのイメージに良く似合うライオンカット。

 

あまりに体の部分の毛を短くし過ぎてしまうと

紫外線のダメージを受けやすくなってしまうため

お出掛けの時は服を着せると安心ですよ。

 

耳の飾り毛もたっぷり目に残すことで

胸回りの毛までひとつながりに見えて

ボリュームのあるシルエットに仕上がるライオンカットは

特に男の子のキャバリアにおすすめの

クールなカットスタイルですね。

 

犬のカットスタイルとしては定番となっているライオンカットですが

キャバリアにライオンカットをする飼い主さんは少ないので

個性を出したい、という場合もおすすめですよ。

 

 

 

キャバリアのカットスタイル7

・ボリューミーな耳が新鮮なコッカー風スタイル

7番目に紹介するキャバリアにおすすめのカットスタイルは

耳周りの飾り毛を、自然なボリュームがでるように

ふんわりと仕上げたスタイルです。

 

コッカースパニエルに似たシルエットが優雅なスタイルですが

お嬢様っぽくてとても可愛らしい仕上がりですよね。

 

活発で運動神経の良いキャバリアですが

上記の画像のような品のあるカットもとても良く似合います

 

耳の飾り毛以外も、全体的に長めに毛を残しているので

グルーミングを欠かさずに行って

汚れの付着や、毛の絡まりを防いであげてくださいね。

 

風になびく飾り毛が上品なカットなので

特に女の子のキャバリアにおすすめですよ!

 

また、アクセサリーとも相性の良さそうなスタイルですね。

 

 

キャバリアのカットスタイル8

・さっぱり!ビーグル風カット

Dog Salon REGISTAさん(@dogsalonregista)がシェアした投稿

8番目に紹介するキャバリアにおすすめのカットスタイルは

全身の毛を同じ長さに切りそろえて、

耳の飾り毛も耳の形に添って丸くカットしたサマーカットです。

 

まるでビーグルのような外見のスタイルですが

活発なキャバリアにはよく似あっていて、可愛らしい!

 

水遊びをした後でも

早く乾きそうなところも嬉しいポイントです。

 

耳の形を丸く出すことで、飾り毛が生えそろっていない

子犬の頃のような印象になりますね。

 

若々しくあどけない印象になるので

男の子のキャバリアにも女の子にも

シニアさんにも似合うスタイルになっていますよ。

 

また、耳の内側の毛もスッキリ切っているので

外耳炎などの夏場に多い耳のトラブルも防げるのも

衛生的で良いですよね。

 

 

 

キャバリアのカットスタイル9

・耳の毛と尻尾だけを残したライオンカット風

Dog Salon LOAさん(@dogsalon.loa)がシェアした投稿

9番目に紹介するキャバリアにおすすめのカットスタイルは

耳周りの毛と、尻尾の毛だけを残して

全身を短くカットしたライオンカット風のスタイルです。

 

胴体の毛をかなり短く刈り込んでいるのですが、

耳と尻尾がふわふわなので、

キャバリアの可愛らしさは

しっかり残ったスタイルになっていますよ。

 

耳と尻尾の毛を際立たせるために、

体の毛をかなり短く刈り込んでいるため

紫外線で皮膚がダメージを受けてしまうことを防ぐように

外出時は服を着せる等の対処が必要かもしれません。

 

胸の毛をたてがみのように残していなくても

尻尾の毛をたっぷり残しておくことで

しっかりライオンらしいシルエットに仕上がっているでしょう。

 

勇ましい印象のスタイルなので

特に男の子のキャバリアにおすすめですよ。

 

 

 

キャバリアのカットスタイル10

・サマーカットとアップスタイルの組み合わせでスッキリ!

最後に紹介するキャバリアにおすすめのカットスタイルは

耳の飾り毛以外を短めにカットし、

なんと耳を頭頂部で固定してアップにしているスタイルです。

 

耳をアップにするのは、終日行うのならば

キャバリアにとって負担になりかねませんが、

写真のように食事の時だけ飾り毛を汚さないようにと

まとめるのであれば、個性的で可愛いですよね!

 

また、耳が蒸れて痒そうにしている場合

点耳薬を打った後にアップにしておくと

痒みが早く収まりそうですよ。

 

輪郭や黒目が強調されて

キャラクターグッズのような愛らしさがあるスタイル。

 

お耳が長く、飾り毛のボリュームもある

キャバリアならではのスタイルでしょう。

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

いかがでしたでしょうか?

 

本来、キャバリアはトリミングが必要な犬種ではなく

足先や耳の内側以外の毛は切らなくても良い、とされています。

 

そのため、飼い主さん達も耳の飾り毛をカットして

色々なスタイルを楽しんでいる様子ですね。

 

飾り毛を伸ばした上品なスタイルから

耳の形を出すように丸くカットして、

体もスッキリさせたサマーカットまで、

その子の個性に合ったカットをする飼い主さんが多く見られました。

 

キャバリアは大型犬とも遊べるくらい運動神経の良い犬なので

活動の邪魔にならないようなスタイルを選んであげたいですね!

 

以上、『キャバリアのカットスタイル集を画像で紹介!可愛いおすすめ種類は?』の記事でした。