金魚ってなにを食べるか知っていますか?

 

私が昔飼っていたころはとりあえず

『金魚の餌』と書かれているものをあげていました。

 

たしか粒だったかな?

というくらいにしか記憶がありません。

 

そういう人ってかなり多いですよね。

 

ですがちょっと金魚の餌について知ってみませんか?

 

今金魚を飼っている人のためにも役に立つと思います。

 

金魚にあげる餌は粒のタイプ、フレークタイプ、

赤虫やミジンコなどの天然飼料、人工飼料に分けられます。

 

この中で一番人気があって使いやすいのは

粒タイプです。

 

私が使っていたのもこれでした。

なにかまでは思い出せませんが。

 

その次に多いのがフレークタイプです。

 

なので今回は金魚の餌の中でも

粒タイプとフレークタイプの

おすすめの商品を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク





 

おすすめの金魚の餌『第8位』

 

まずは粒タイプの餌をおすすめします。

 

金魚は実は消化機能が弱い魚なんです。

 

なのでこの餌はそこを改善するために

消化効率の高い小麦粉や魚粉などの原材料を使用しています。

 

ほかにも酵母が含まれていたりして、

食べた後の吸収をより助けてくれる配慮がされています。

 

金魚の抱えている問題を

ピンポイントで解決してくれるおすすめの餌ですよ。

 

 

 

おすすめの金魚の餌『第7位』

 

この餌は金魚の免疫力に特化している餌です。

 

ビタミンなどの栄養によって

リスクに対策することも大事ですが

免疫力自体を高めておくのも大事です。

 

また、色が変色せず

金魚が良く食べてくれるように

アスタキサンチンを配合しています。

 

どうしても金魚の病気などが心配な方には

この餌を使ってもらうのがおすすめです。

 

餌の話をまだしていませんでしたが、

一日に与える量は5分以内に食べきれる量を

一日2回程度を目安に与えて下さい。

 

適当にザーっではなく

最初にどのくらいの量を食べきれるのか

見ておくといいですね。

 

 

おすすめの金魚の餌『第6位』

 

これはより粒を細かくしたタイプの餌です。

 

餌が小さいということは

大きい金魚の独り占めが起きません。

 

この餌は原材料にこだわっており

金魚の免疫力を高めてくれることがおすすめなのですが、

実はそれだけではありません。

 

この餌のもうひとつのおすすめなポイントは

金魚の色をよくすることにこだわっていることです。

 

原材料と栄養素を良くすることによって

金魚の『色揚げ』をしてくれます。

 

色揚げについては後々細かく説明しますね。

 

とにかくこの餌は免疫力と色に

こだわっているのでおすすめな餌ですよ。

 

ぜひ使ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク





 

おすすめの金魚の餌『第5位』

 

この餌のいいところは

金魚の消化に気を使っていることと

水槽の水に気をつかっていることです。

 

消化の話は何度かしたので

どういうものを使っているかも

なんとなく想像がつくと思います。

 

なので、水に気を使っているという

点をよく説明していきますね。

 

この餌は色にバラつきがないですよね?

 

これは着色料を

使用していないということなんです。

 

そのため水槽の水に色素が移りません。

なので水槽の水を色合いの意味で

きれいに保つことができます。

 

もちろん掃除をちゃんとすれば

汚れの問題は起きないので、

インテリアとして水槽を使用している人には

特におすすめな商品です。

 

 

 

おすすめの金魚の餌『第4位』

 

この餌は今回おすすめする餌の中でも

一番金魚の色にこだわっている餌です。

 

まず先ほどしなかった

色揚げ』についての説明をしたいと思います。

 

金魚は年を重ねるにつれ色が変わっていきます。

赤がだんだん白っぽくなっていったり

してしまうんです。

 

この現象を防ぐために『色揚げ』という

金魚の色をはっきりとさせる方法が効果的です。

 

具体的には

きれいに金魚の赤が出るようにしたり、

白がもっときれいになるように

カロチノイドやスピルリナという成分をあげたりします。

 

カロチノイドなどは本来魚の体内では形成できません。

なので、どうしても餌で補う必要があります。

 

そしてこの餌はその栄養をきちんと配合しており

色揚げに特に気を使っています。

 

金魚の色をきれいに保ってあげたい人に

特におすすめな餌ですよ。

 

 

おすすめの金魚の餌『第3位』

 

この餌はひかり菌という菌を使って

金魚の健康と水質を保っているのと、

ビタミンを豊富に含んでいるので

水質悪化などのストレスから

金魚を守ってくれるのが特徴的です。

 

この餌に含まれているのはビタミンCビタミンEです。

 

どちらも美容目的でも使用されるビタミンですね。

 

水質が悪化することを想定して

金魚を守ろうとしてくれる餌は珍しいな

と思ったのでおすすめしました。

 

金魚の健康を良い状態で

保とうとしてくれる餌は多いのですが

より現実的です。

 

どうしても忙しくて

水槽を洗う時間がないなんてことありますよね。

そんな忙しい人におすすめな餌です。

 

でも時間ができたらしっかりと清掃してあげましょうね。

 

スポンサーリンク





 

おすすめの金魚の餌『第2位』

 

この商品は

金魚の餌の中でもかなり定番の餌です。

 

一番使用されているのが粒タイプだと話しましたが、

この餌もかなりの方が使われているはずです。

というか、この餌がよく使われているはずです。

 

各種ビタミンをしっかりと配合されていて

金魚の健康をしっかりとサポートしてくれます。

 

そして実は金魚は胃がないので消化機能が弱いので

なので消化吸収がしやすいように工夫がされています。

 

消化吸収が弱い理由はここでした。

 

なによりサイズが絶妙で

サイズの異なる魚が混泳していても

きちんと端の魚まで行き届いてくれます。

 

金魚を飼っていたら

最初のほうに入れた金魚ばっかり成長してしまった

なんてこともありますよね。

 

なので金魚が餌を食べ損ねることはありません。

水面に浮きやすいフレークタイプにとって

ここは非常に重要です。

 

定番中の定番の餌で、それだけ親しめる理由があり

すごく安心しておすすめできる餌です。

 

 

 

おすすめの金魚の餌『第1位』

 

最後はやはり粒タイプをおすすめします。

 

この餌の特徴は水をきれいに保ちつつ

金魚の健康をサポートしてくれることにあります。

 

プロバイオティクスという方法を用いて、

具体的には『ひかり菌』が腸で餌の消化吸収を促進させ

排泄後もフンの分解をしてくれます。

 

また、梅エキスというものが配合されており、

金魚の病気への免疫力を高めてくれると同時に、

コケの原因となるリンを抑制してくれます。

 

水質と健康同時に良くしてくれる餌は

実はそんなにありません。

 

もちろん水質を保つには掃除が不可欠ですが、

よごれすぎるのを予防してくれる効果があるのは

本当に重要です。

 

このように金魚だけでなく

その周りの環境まで気を使っている餌なので

おすすめの餌第1位にはこの餌を選びました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

飼っている金魚にあげてみたい餌は見つかりましたか?

 

もしかしたらもう使ってた

なんて人もいると思います。

 

特に1位2位の商品はほんとに定番の商品なので

使っている人が多いはずです。

 

私のおすすめの仕方を見ればわかったと思いますが、

金魚の餌は粒タイプでもフレークタイプでも

それぞれ目的があってつくられています。

 

あなたのライフワークや

金魚の住んでいる水槽の環境に合わせて

気に入る餌を見つけてくださいね。

 

以上、『金魚の餌でおすすめなのは?フレークや粒で食べやすいランキング!』 の記事でした。

 

スポンサーリンク