金魚がなぜ水草を食べるか

その理由をご存知ですか?

 

おいしいから

食べているわけではありません。

 

金魚が水草を食べる理由は

食べることができるから食べるんです。

なんだか書いてて怖いですが。

 

家の金魚がよく水草を

食べちゃって困ってる!

なんて方いらっしゃいませんか?

 

そんな方に

知っておいてもらいたい

言葉があります。

 

金魚藻』という言葉、

ご存知でしょうか?

 

これは、特に金魚に

食べられてしまう

水草の種類のことなんです。

 

ある種類の水草を

指している単語ですが、

もしかしたらあなたの家の水草は

この金魚藻に該当している

種類なのかもしれません。

 

ではどういう種類の水草がいいのかと

気になるかもしれませんが、

それは記事の後半で紹介したいと思います。

 

まずは、そんな水草を食べる

金魚たちのことについて知っていきましょう!

 

スポンサーリンク





 

金魚が水草を食べる理由は?

金魚01

 

これは最初に言ったとおり、

食べることができるから食べる』です。

 

お腹がすいているから

食べるわけではありません。

 

おやつ感覚と言うと

分かりやすいですね。

 

よく金魚が小石を食べたり

していることありませんか?

あれを水草でやっているだけなんです。

 

ガラスの周りに

藻ができると思います。

 

あれも基本的

金魚が食べてしまっても

特に問題ありません。

 

なので、ガラスに向かって

パクパクしていても、

可愛いな、で済ませて大丈夫です。

 

ですが糸のように

成長している藻は取り除きましょう。

 

水質が悪くなっている

合図かもしれません。

 

取り方は、割りばしなどで

水面をくるくると掻き回すと

割りばしに糸の藻が絡みつくと思うので

それで取り除きましょう。

 

それでなくても水質は

清潔に保っておくのがベストなので、

一週間に一度は掃除してあげてくださいね。

 

忙しいという方は

水の交換だけでもいいので、

どこかで時間を見つけて

水の交換をしてあげてください。

 

水槽内の水の3分の2程度

交換すれば大丈夫です。

 

 

金魚が水草を食べるメリットは?

マツモ

 

金魚が水草を食べるメリットは

基本的にありません

 

ただ、水草があれば

金魚は産卵することができます。

 

他にも水草に隠れて

ストレスを軽減もできます。

 

なので水草があるメリットはありますが、

食べるメリットはほぼありません。

 

ひとつだけメリットをあげるとしたら

水草が非常食になってくれるくらいです。

 

そのために水草を買う人もいます。

 

ですが基本的に、

金魚用のエサをあげていると思うので

あまりメリットとしては扱えない気もします。

 

スポンサーリンク





 

金魚が水草を食べるデメリットは?

金魚画像1

 

これはさきほど言ったことの逆ですね。

 

デメリットは

産卵場所がなくなってしまうことと、

ストレス軽減の方法が

なくなってしまうということです。

 

水草を食べることで

多少のストレス軽減にも

なっているのでしょうが、

それでも水草が無くなってしまう

デメリットの方が大きいです。

 

金魚は思っているより力が強いので、

水草を食べてしまうだけでなく

抜いてしまうこともあります。

 

なのでその対処法について紹介していきますね。

 

 

金魚が水草を食べる対処方法は?

カボンバ

 

記事の最初で紹介した

金魚藻』という言葉を覚えていますか?

 

この水草がどのような種類かというと

カボンバ、マツモ、アナカリス、

アヌビスナナが当てはまります

 

これらの種類は、

水草を飼育をしている方なら

よく知っているのではないでしょうか。

 

マツモは小型の魚の飼育に

おすすめな水草なので、

水草を飼育していない方でも

知っているかもしれませんね。

 

これらをふまえて重要なことがあります。

 

絶対に金魚を

水草飼育をしている水槽に

入れないでください!

 

確かに金魚も一緒に入れた方が

綺麗かもしれませんが絶対にダメ。

 

ほとんどすべての水草が

食べられてしまいます。

 

『金魚藻』について

説明してきましたが、

本題の対処法に移りますね。

 

金魚に水草を

食べられないようにする対処法は、

食べられない水草の種類を選ぶか

食べられないように

固定することが重要です。

 

正確には抜かれないように

固定する、ですね。

 

石などでしっかりと根本を埋めて

抜けないようにする方法がいいですよ。

 

他にも鉛を根元に巻くという方法がありますが

おすすめなのは石で埋める方法。

 

理由は水草を植えている時点で

石は多少入れているはずなので、

それを多めに敷き詰めるだけだからです。

 

それでも抜けるてしまうものは

しょうがないです。

 

サイズが大きい金魚は

どうしようもないので。

 

抜けてしまったら

また植えてあげましょう。

 

繰り返しますが、

金魚たちに悪気はありません。

 

スポンサーリンク





 

金魚と相性がいい水草は?

金魚と相性の良い水草

 

次に金魚と相性がいい水草

紹介していきます。

 

ここで取り上げるのはあくまで、

金魚が水草を食べてしまうこととの

相性の良さです。

 

つまり金魚に食べられにくい

水草のご紹介です。

 

金魚を飼う上での

相性とは少し違います。

 

その相性ならば、

むしろ先ほど紹介した

『金魚藻』を食べられても

何度も植えてあげる方が

金魚のためになります。

 

それらを踏まえた上で、

金魚に食べられづらい

金魚との相性がいい水草を

紹介していきますね。

 

ピグミーチェーンサジタリア

まずおすすめしたい

相性がいい水草、

ピグミーチェーンサジタリアです。

 

見た感じからも

食べれるような感じはしませんよね?

 

葉が硬いので相性がいいんです。

 

この水草の

おすすめしたいポイントは、

増殖させるのが簡単なことです。

 

さらに、

成長は遅くなってしまいますが、

砂や大磯砂の場合でも

育てられるということもポイント!

 

砂で育成するのであれば、

ある程度深く植えてしまえば

金魚に掘り返されることもありません。

 

そういう面でも相性がいいんですね。

 

増殖するのが速いのも

おすすめしたい点です。

 

水草を食べられてしまったから

代わりを植えた時にも

早く育ってくれる分には助かりますよね。

 

しかし、成長スピードが速い代わりに

他の飼育が簡単なミズモなどの水草と比べて

成長できる環境に若干制限があります。

 

なので

ピグミーチェーンサジタリアを選ぶ時は

少しだけ注意して取り扱いを読みましょう。

 

スポンサーリンク





ミクロソリウム

ミクロソリウム

 

次に紹介したいのが

ミクロソリウムという水草です。

 

この水草、

かなり金魚と相性がいいです。

 

アマゾンフラッグやホテイアオイ

という種類の水草も

紹介しようかとも思いました。

 

理由は葉が硬いからです。

 

それならば先ほど紹介した

水草みたいに食べられないから

ありなのでは?

と思うかもしれませんが、

根が弱い水草は

金魚が掘り返して食べてしまいます。

 

ですがこのミクロソリウムは

一番相性がいいと思っています。

 

なぜかというと

流木や岩に巻き付けて

活着できるからです。

 

これなら金魚に掘り返されて

食べられてしまうこともありません。

 

今回のテーマにおいて

この水草が最強なのではないかと

個人的に思っています。

 

育てば金魚が隠れられる

大きさにもなりますので、

そういう意味でも

金魚の飼育と相性がいいですよね。

 

食べられる対策を本当に徹底したい人は

このミクロソリウムと岩を購入して

水槽に入れるのがベストだと思います。

 

 

アマゾンソード

アマゾンソード

 

最後に紹介したい

相性がいい水草は、

アマゾンソードです。

 

ミクロソリウムが

一番相性がいいと言った直後なので

説得力に欠けていると思いますが、

この水草もかなりおすすめです。

 

理由は葉が硬くて

食べられづらく、根も強いから。

 

この種類は綺麗で

存在感があるのでとても素敵です。

 

確かに食べられない対策を

徹底的にするなら

ミクロソリウムのような種類が

相性がいいと思いますが、

私としてはある程度条件を満たしているなら

自分の好みで選んでいいんじゃないかと思います。

 

キレイに彩ることも

同じくらい重要だと思いますので。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

『金魚藻』と言う言葉、

初めて聞いた方も

多いのではないでしょうか?

 

他にも食べられやすい

水草はあるので、

一応自分の家のものが

違うか確認してみてくださいね。

 

調べる前から

葉が柔らかそうだな、と

一目見てわかるなら、

すぐ他の水草を買いに行きましょう。

 

金魚に限らず、熱帯魚もエビも

水草を食べることがあります。

 

水槽が汚れてしまうのが嫌だという方は

食べられにくい水草や人口の水草を入れて

アクアリウムを楽しんでくださいね。

 

 

以上、『金魚が水草を食べる理由は?相性がいい種類や丈夫なのは?』 の記事でした。

 

スポンサーリンク