水槽のレイアウトを作る際に

よく使用される石組

 

石の形や数によって

作成できる石組は異なるため、

あなた好みの水槽レイアウトを

楽しむことができるんです。

 

そこで今回は、そんな石組を使った

水槽レイアウトを見ていきましょう。

 

石組を使った水槽のおすすめレイアウトは?

石を組み合わせると言っても、

デザイン性を意識するのであれば

やはり配置などに

気を配らなければいけませんよね。

 

ここからは、石組水槽を作る際に

参考になるような画像を9点ご紹介していきます。

 

石組を使った水槽のおすすめレイアウト1

参照元:youtube/さぼりch

まず初めに紹介するのが、

こちらのシンプルな石組水槽。

 

ごつごつした石を組み合わせた、

石の魅力を最大限に味わえる

レイアウトですね。

 

水草などと石組を合わせるのも良いのですが、

このように石組のみでレイアウトしてみても、

個性的な水槽が出来上がります。

 

石組水槽の楽しさは

絶妙なバランスで石を組み合わせること。

 

組み合わせる石が異なるのですから、

世界に一つだけの、

唯一無二のレイアウトができるんです。

 

こちらの水槽レイアウトのように、

個性を発揮した石組水槽を

作り上げてみてください。

 

 

石組を使った水槽のおすすめレイアウト2

参照元:youtube/水草動画

続いて紹介するのが、

大小さまざまな石と水草で構成された

こちらの水槽です。

 

石はコケが活着しており、

自然の趣を感じられる

素敵な水槽レイアウトですよね。

 

多くの石を使用する石組水槽は

色味が地味になりがちです。

 

こちらの水槽のように

水草などと合わせると、

水槽内が華やかになるでしょう。

 

 

石組を使った水槽のおすすめレイアウト3

参照元:youtube/もずく

続いて紹介するのが、

背景のウォールロックが特徴的なこちら。

 

平たい形の岩を積み重ねることで、

石組を壁のようにしたレイアウトです。

 

ウォールロックは水槽に

シックな印象を与えてくれるため、

大人っぽい雰囲気の水槽を作りたい方に

おすすめですよ。

 

また、この水槽レイアウトでは

ウォールロックを背景とし、

前面に流木と水草が配置されています。

 

このように、ウォールロックは存在感がありつつ、

背景として水槽を彩ってくれるもの。

 

石組水槽で水草を目立たせたい方に

ピッタリですね。

 

 

石組を使った水槽のおすすめレイアウト4

参照元:youtube/Makotsu Aqua

こちらは丸い石を組み合わせて作られた

石組水槽です。

 

丸く角がない石は

川の底などに多いイメージですよね。

 

そのため、このような丸い石の石組は

淡水魚のアクアリウムにおすすめなんです。

 

底材には明るい色の砂を採用されているため、

黒い石を使用しても

明るい雰囲気の水槽になりますよ。

 

また、木の根のような

流木も設置されており、

まさに日本の渓流の底を

覗いてみたような水槽です。

 

石組水槽では

角ばった石が多く使用されていますが、

このように角が少ない石も

使ってみてくださいね。

 

 

石組を使った水槽のおすすめレイアウト5

石組み水槽レイアウト1

参照元:youtube/秀峰ch

次に紹介するのが、

宙に浮いたように見える流木と

石組が上手に組み合わせられたこちら。

 

大きな流木ですが、水槽の側面でしっかり磁石

で固定されています。

 

裏側の磁石を外す事で、流木も外れる試用

になっています。

 

実に、面白みのある、あまり類を見ない

遊び心たっぷりの、レイアウトになっています。

見ていて楽しいですね。

 

石組は自然を感じられるものであるため、

流木や植物と相性が良いという

特徴があります。

 

流木と石が、お互いの存在を邪魔せず、

神秘的な世界観を演出しています。

石組みと流木の調和が、実に上手に取れています。

 

流木と石組を合わせるときは、

このように風合いが似たものを選ぶと、

統一感が出ますよ。

 

流木と石組をコラボさせるときに

参考にしてもらいたい水槽レイアウトです。

 

 

石組を使った水槽のおすすめレイアウト6

参照元:youtube/さぼりch

次にご紹介するのが、

まるで日本庭園かのような

雰囲気のこちらです。

 

中心に大きな石組を配置することで、

ひときわ目を引く

水槽レイアウトとなっています。

 

水槽の左側にはコケや水草を活着させて

緑が広がる空間を作り出しており、

とても水槽の中とは思えない風景です。

 

また、石組を目立たせるためには

この水槽のように

小さめの水草を使用すると良いでしょう。

 

 

石組を使った水槽のおすすめレイアウト7

参照元:youtube/さぼりch

こちらの石組水槽は、

川の風景を模したようなレイアウト。

 

特徴的なのは、石の積み方です。

 

底部分を平らにするのではなく、

場所によって盛ったり砂を少なくしているため

非常にリアルな仕上がりです。

 

また、遠近感もあり、

水槽が実際よりも広く見えますよね。

 

このようなテクニックは、

どんな石組水槽を作る際にも

応用できます。

 

また、丸い石と角張った石を

どちらも使用していることも特徴。

 

このため、丸い石のかわいらしさも

角張った石の荒々しさも味わえますね。

 

 

石組を使った水槽のおすすめレイアウト8

参照元:youtube/ITAGAKI .TV

続いての石組水槽は

真っ黒な岩肌がシックな

こちらのレイアウトです。

 

とがったような形をしている石は

一見石組には向いていないように

見えるかもしれません。

 

しかし、このように不規則に並べるだけで

険しい山々を思わせる雰囲気になりますよ。

 

また、手前に大きめの石を配置し、

後方に小さい石を置くことで、

見事に遠近感が表現されています。

 

特に小型水槽の場合は遠近感がないと、

どんなに立派な石組を作っても

迫力が出ないことがあります。

 

水槽内に遠近感を出すために、

小さな石は後方に設置してみると

良いでしょう。

 

 

石組を使った水槽のおすすめレイアウト9

石組み水槽レイアウト3

参照元:Pentax Photo & Aquarium & Portrate

最後にご紹介するのが、

底材が斜めに入れられている、

こちらの水槽です。

 

同じ種類の石で作る石組水槽は

迫力を感じることはできるものの、

単調になりがち。

 

そのため、このように

底材の入れ方に工夫してみるのも

良いかもしれません。

 

石組の良さを最大限に発揮させるには、

水槽内のレイアウトは

シンプルな方が良いですよね。

 

植物などを入れないことで、

和室などのインテリアにも

よく調和する仕上がりになっています。

 

お部屋のインテリアとして水槽を置くときは、

シンプルな石組に挑戦してみてくださいね。

 

 

水槽のレイアウトに使うおすすめな石組は?

水槽レイアウトに石組を採用するとき、

どのような石を用意すると

良いのでしょうか?

 

続いて、おすすめな石のアイテムについて

見ていきましょう。

 

水槽のレイアウトに使うおすすめな石組1

まず初めにご紹介するのが、

気孔石のアイテムです。

 

気孔石の特徴は、

表面がでこぼこしていること。

 

その見た目から、

荒々しい雰囲気のレイアウトを

作るのに役立ちますよ。

 

この気孔石は表面に

多くの穴が空いていることもあって、

とても簡単に割れます。

 

購入した気孔石が大きすぎるな、

と感じたらトンカチなどで割れば良く、

使い勝手がいいんです。

 

また、他の石に比べると軽いため、

女性でも扱いやすいでしょう。

 

でこぼこした表面には

コケを活着させやすく、

自然の風合いを出しやすい石ですね。

 

 

水槽のレイアウトに使うおすすめな石組2

 

続いて紹介するのが、

平たい形をした輝板石のアイテム。

 

この輝板石は積み重ねて接着すると、

簡単にウォールロックが作れます。

 

ウォールロックは平たい石を

積み上げるだけで作れ、

手が込んでいるように見えます。

 

このため、レイアウトに迷ったときに

おすすめなんですよ。

 

特に初心者の方の場合、

石組を作ろうと思っても

用意した石では

なかなか作れないこともあります。

 

ですが、平たいという特徴のある

輝板石であれば、

組み方に悩むこともありませんね。

 

 

水槽のレイアウトに使うおすすめな石組3

 

三つめにご紹介するのが、

溶岩石のアイテムです。

 

その名の通り、

溶岩石は溶岩が

冷え固まってできた石のこと。

 

色味が赤っぽいことが特徴で、

表面もでこぼこしています。

 

石は色味が薄いことが多いのですが、

この溶岩石を使えば、

鮮やかな石組水槽が作れるでしょう。

 

また溶岩石の大きな特徴の一つとして、

水のろ過効果が挙げられます。

 

溶岩石のデコボコした表面には、

バクテリアが住み着きやすいです。

 

すると、そのバクテリアたちが

生物ろ過としての役割を

果たしてくれますよ。

 

水槽レイアウトとしての機能に加え、

水質にも気を配りたい人は、

ぜひ溶岩石を使用してみてくださいね。

 

 

石組を使った水槽におすすめのインテリアは?

つぎに、石組を使った水槽に置くと良い、

おすすめなインテリアを

ご紹介していきます。

 

石組を使った水槽におすすめのインテリア1

まずはじめにご紹介するのが

コケのアイテム。

 

コケは鮮やかな緑で

私たちを楽しませてくれ、

石組水槽のアクセントとなるでしょう。

 

また、石組の表面にコケを活着させると、

趣のある姿にもなります。

 

石組水槽でコケを活着させたい場合は、

気孔石のような表面に

おうとつのある石がおすすめ。

ウイローモス

コケはウィローモスのような

アクアリウムに良いものから、

スナゴケのような

テラリウムに使用できるものもあります。

 

このように、一口にコケといっても

たくさん種類があるんですよ。

 

自分好みのコケを使用し、

石組水槽をワンランクアップさせてみて

くださいね。

 

 

石組を使った水槽におすすめのインテリア2

ヘアーグラスショート

石組水槽におすすめな

レイアウトは、水草です。

 

アクアリウムで

頻繁に使用される水草は、

石と相性が良いんですよ。

 

石は色味が地味になりがちですが、

水草の鮮やかな緑と合わせることで、

水槽が華やぎます。

 

どの水草が良いのかは、

導入する石や生体によっても変わってきます。

 

ここでおすすめするのは、

『ヘアーグラス ショート』です。

 

”ヘアーグラス”

細い葉を持つ水草です。

 

水槽内に入れると

芝生のような細長い葉が

水の流れに合わせ、ゆらゆらと揺れます。

 

シンプルであるため使いやすく、

自然の風合いを出したい石組水槽にも

よく合いますよ。

 

 

石組を使った水槽におすすめのインテリア3

シェルター1

三つめにご紹介するのが、

流木のアイテム。

 

流木はアクアリウムやテラリウムなど、

さまざまな水槽のインテリアとなります。

 

水槽に流木を入れると、

石組の存在感が無くなってしまうのでは、

と心配になる人もいるかもしれません。

 

しかし、ご安心ください。

 

小さめの流木を使用したり

上手に石組と配置すれば、

流木は名脇役として活躍してくれます。

 

石組のわきに小さめの流木を添えると、

より自然な風合いを

演出することができますね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

さて、今回は石組水槽のおすすめな

レイアウトやインテリアについて

見ていきました。

 

石を組み合わせて作る石組は

オリジナリティのある水槽を

作ることができます。

 

しかし、自分のセンスのみを

頼りに石組を作るため、

初心者には少し難易度が高いかもしれません。

 

さまざまな石組水槽を参考にして、

世界に一つだけの石組を使った

水槽レイアウトを作り上げてくださいね!

 

以上、『水槽に石組を使ったおすすめのレイアウトやおしゃれな配置、インテリアとは?』の記事でした!