小さな体で、精いっぱい

愛情表現をしてくれるフェレット

 

飼っている可愛いフェレットが

死んだらどうするかを考えるなんて、

怖くてできないという飼い主さんも

多いでしょう。

 

しかし、葬儀や

遺体安置の方法などの知識を

予めつけておくことは、

後悔のないお別れをするために

大切なことでもあります。

 

そこで今回は、

フェレットが死んだらどうするのか

葬儀の方法や供養の仕方について

ご紹介していきます。

 

フェレットが死んだら遺体はどうすべきか

非常に悲しいことですが、

フェレットの死亡が確認されたら

悲しい気持ちをひとまずこらえて

遺体を安置してあげる必要があります。

 

フェレットが死んだら

早ければ死後数十分~2時間で

死後硬直が始まります。

 

更に別れを惜しんで

遺体をそのままにしてしまうと

体から虫がわいてしまったり

腐敗が始まったりという事態も起こります。

 

こういったことを避け、

フェレットを生前の愛くるしい

姿で送り出してあげるために

正しい遺体安置の方法を

理解しておきましょう。

 

 

 

フェレットの遺体安置で用意するもの

愛するフェレットが死んだら、

遺体を安置するために

以下のものを用意しましょう。

 

・棺となる箱

・保冷剤やドライアイス

・タオル

・ガーゼ

 

棺として用意する箱は、

ダンボールや木箱、衣装ケースなど

丈夫なものを用意しましょう。

 

また当たり前のことですが、

フェレットがきちんと収まるサイズの箱

選ぶことも大切ですよ。

 

 

 

フェレットの遺体安置の流れ

①フェレットの体を丸めてあげる

 

愛するフェレットが死んだら、

遺体の前脚と後ろ脚を内側に折りたたんで

体を丸める姿勢にしてあげましょう。

 

また尻尾の毛などを整えてあげて

よく頑張ったね、いままでありがとう

とお礼を言ってあげるのも良いと思います。

 

もし死後硬直が始まっていて

体をうまく丸めてあげられない時は

無理に足を触ることで遺体を傷つけてしまう

恐れもあるため、そのままの姿勢で

瞼だけでも降ろしてあげると良いでしょう。

 

生前と同じように愛情を持って

フェレットの遺体を扱ってくださいね。

 

 

②棺の底にタオルを敷く

 

体の小さなフェレットですが

死んだら人間や犬、猫などと同様に

耳や鼻などから体液がにじむことがあります。

 

それを受け止めるために棺の下には

タオルを敷きましょう。

 

これは汚れてしまったら取り換えるものなので

新聞紙やビニールシートでも問題ありません。

 

 

③タオルの上に保冷剤を置く

 

棺に敷いたタオルの上に

そっとフェレットの遺体を横たえます。

 

そしてお腹や脇の下などに

保冷剤や氷を入れたビニール袋、

ドライアイスを当ててあげましょう。

 

これは、フェレットが死んだら

葬儀までの時間、

遺体が傷まないように行う処置です。

 

特に梅雨や夏には

遺体が腐敗する速度もあがるため、

フェレットの棺を置いてある部屋は

エアコンで温度や湿度を

低めに保つようにしましょう。

 

フェレットが死んだら、

必ず葬儀を頼まなくては

いけないわけではなく、

飼い主さん自身で

どうするのか決めることになります。

 

しっかりと遺体安置をすることで

死後3日~4日は

生前の姿を保つことができますので、

その間に葬儀や埋葬をどうするのかを決めて

悔いのないようなお別れをしてくださいね。

 

 

④フェレットの上からタオルを掛ける

 

最後にフェレットの遺体の上から

タオルを掛けてあげましょう。

 

フェレットが死んだら体温が急激に下がり

そのことが切っ掛けで体の中や体表の

寄生虫が出てくることがあります。

 

このタオルは寄生虫を取るために

使用するものですので、

棺の下に敷いたタオル同様に汚れたら

取り換えましょう。

 

体液が気になるようでしたら

遺体の目や鼻、耳に小さく切ったガーゼを

当ててあげるのも良いですよ。

 

 

フェレットの遺体安置は冷蔵庫でも大丈夫?

 

フェレットが死んだのが深夜であったり

ドライアイスや保冷剤が家にない場合、

冷蔵庫で遺体安置をすることも可能です。

 

冷蔵庫で遺体安置をする場合は

棺はタッパーなどの密閉できるものを

使うようにしましょう。

 

タッパーの底にタオルや

ビニールシートを敷いて、

その上にフェレットの遺体を横たえ

上からタオルやハンカチをかけて

しっかりと蓋をしてください。

 

このまま冷蔵庫で棺を保管すれば

死後3日~4日は生前の可愛らしい姿を

保つことができますよ。

 

しかし、いくら大切な家族のものと言っても

食品を管理している冷蔵庫に長い間

フェレットの棺を入れて置くことは

衛生面であまり好ましいことではありません。

 

どんな方法で遺体を安置するにしても

フェレットが死んだら、なるべく早く

葬儀をどうするか決定するようにしましょう。

 

 

 

葬儀をどのように行うのか決める

フェレットの遺体の安置が完了したら

葬儀や埋葬をどうするのかについて

考えなければいけません。

 

フェレットなどの動物は死んだらどうする、

といったように葬儀や埋葬に明確なルールが

あるわけではありません。

 

そのため、飼い主さん自身が考える

愛するフェレットに合う葬儀を選べるのですが、

現在はペット葬儀の選択肢も多いため

余裕のあるうちに

どのうような葬儀ができるのか

知っておくと安心ですよ。

 

フェレットの葬儀の方法の中から

代表的なものを4つ紹介していきますので

参考にしてくださいね。

 

自宅の庭やプランターに埋葬する

フェレットが死んだら、遺体を自宅の庭や

プランターに埋葬するプランター葬を選ぶ

飼い主さんも多くいます。

 

フェレットの飼い主さんの中には

1人暮らしの方や

集合住宅に住んでいるという方も

少なくないかと思います。

 

プランター葬は引っ越しの際にも

プランターごとフェレットのお墓を

移動させることができるため

小動物の埋葬としては人気があるんですよ。

 

プランター葬で注意したいのが

プランターの選び方です。

 

材質は雨や風でも劣化しないような

陶器製の頑丈なものを選びましょう。

 

日当たりなどの条件にもよりますが

フェレットが死んだら自然に土に還るまで

数年単位の時間が必要となります。

 

プラスチック製などの

経年劣化の激しいものは避け

耐久性のあるプランターを選んでくださいね。

 

また、プランターの大きさも重要で

あまりに浅いものだと

遺体が埋まらなかったり、

虫がわいてしまったりといったことが

起こります。

 

またカラスなどに

お墓を掘り返されてしまう

恐れもあるでしょう。

 

そのため、フェレットを

プランター葬にする場合は

深さが30cm以上あるプランターを選んで

しっかりと埋めてあげてくださいね。

 

 

ペットの火葬会社に火葬を依頼をする

愛するフェレットが死んだら

人間同様に火葬をしたいという場合は

ペットの火葬業者に

依頼をする必要があります。

 

フェレットの火葬には、移動火葬車で

自宅近辺まで来てもらう個別火葬

遺体を引き取りに来てもらって

火葬場で行う合同火葬があります。

 

合同火葬は個別火葬より

費用を抑えることができますが、

どれが誰の骨か分からなくなるため

お骨を返してもらえないという

デメリットも存在します。

 

ペットの火葬業者として

国内最大手でもあるペット葬儀110番も、

移動火葬車を使用した個別火葬から

フェレットの遺体を自宅まで引き取りに行き

合同火葬をするものまで、

多くのプランを用意しています。

 

ペット葬儀110番は

24時間365日対応の相談窓口

設けているうえ、

深夜や早朝の葬儀にも対応しています。

 

そのため1人暮らしの飼い主さんや

初めてペットの葬儀を行う飼い主さんでも

安心して火葬をお願いできますよ。

 

またペット葬儀110番は

全国対応している会社ですので、

フェレットが死んだら火葬をしたいけれど

時間の都合が難しいという方にも

心強いですね。

 

無料で生前見積もりも行ってくれるので、

予め費用の目安を知りたいという飼い主さんは

問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ペット霊園に葬儀を依頼する

 

フェレットが死んだら火葬だけではなく

埋葬、供養までお願いしたい場合は、

ペット霊園に葬儀を依頼することになります。

 

ペット霊園というと

犬や猫のように体の大きな動物が

個別にお墓を建ててもらう場所、

といった印象がありますが

フェレットも火葬から納骨、

埋葬までお願いできます。

 

火葬後の骨壺をどうするのかも

個別にお墓を造る以外に

樹木層や合同墓地への埋葬

納骨堂に骨壺を納める方法などから

お好みのものを選べますよ。

 

初めて愛するペットの死に

直面した飼い主さんは、

死んだらどうするべきか

火葬業者や霊園は選びはどうするのか

悩んでしまうこともあるでしょう。

 

地域の情報を

どのように集めればよいのか

困ってしまった場合は、

フェレットのかかりつけの動物病院で

火葬業者やペット霊園の情報を

集めるのも良いですよ。

 

フェレットが死んだら

葬儀をどこに依頼するのか、

どうするのかなどしっかりと検討して

悔いの残らないお別れをしてくださいね。

 

 

住んでいる地区の行政に依頼する

 

フェレットが死んだら

住所地の行政に連絡をして

遺体の引き取りを

お願いすることもできます。

 

とは言え、全ての自治体で

格安で火葬や埋葬を

行ってくれるという訳ではありません。

 

お金を支払って引き取りに来た後、

どうするのかというのは

自治体ごとに異なりますが

ほとんどの場合は焼却場で焼くのみです。

 

そのため、あまり考えたくないことですが

ゴミと一緒に燃やされてしまうことも。

 

しかし少数ではありますが、

提携している火葬場で個別に火葬を行って

骨壺まで返してくれる自治体もあります。

 

この場合、発生する費用も

抑えめのことが多いので、

気になる方はお住いの自治体に

問い合わせてみても良いでしょう。

 

 

フェレットの供養はどう行うの?

 

愛するフェレットが死んだら

葬儀の他に供養についても

考えなければいけません。

 

プランターにお墓を作った場合は

季節のお花を植えて、

賑やかにしてあげるのも

陽気な性格のフェレットには

よく似合いますよね。

 

お花の世話をすることで、

飼い主さんもペットロスから

穏やかに立ち直れることでしょうし、

お花の世話をしながらフェレットに

話しかけてあげることも供養になりますよ。

 

個別火葬をお願いした場合は

手元に骨壺が戻ってきますよね。

 

その骨壺をいつも目に入る所に置いて

お花やフェレットの好物を供えてあげるのも

良い供養だと思います。

 

また火葬業者やペット霊園に

葬儀を頼んだ場合は、

お骨や遺髪をお守りや

ペンダントにしてくれる

メモリアルグッズの制作も頼めます。

 

フェレットが死んだらその後も

存在を身近に感じたいという飼い主さんは、

メモリアルグッズの種類などにも注目して

葬儀会社を選ぶのも良いでしょう。

 

ペットの場合は葬儀同様に供養の仕方も

どうするというルールがありません。

 

飼い主さんが考えるフェレットに合った

方法で供養をしてあげてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

フェレットなどの小動物が死んだら

葬儀の方法は庭や

プランターに埋めるのが一般的と

考える飼い主さんも少なくないでしょう。

 

しかし、近年では

犬などと同様の葬儀のプランを

用意している所も多くあります。

 

フェレットが死んだらどうするのか、

悔いの残らないお別れをずるためにも

飼い主さんの精神的余裕のあるうちから

葬儀の情報を集めておくと良いですよ。

 

ペット葬儀110番のサイトにも

葬儀の種類や流れが

詳しく載っていますので、

情報収集に役立ててくださいね。

 

以上『フェレットが死んだらどうする?亡くなった時にする事や供養の方法まで紹介!』の記事でした!