種類によっても異なりますが、

ハムスターの平均寿命は2年~3年程度。

 

歳をとっても可愛らしい外見のため、

死んだらどうするべきかという問題は

あまり現実味がないかもしれません。

 

何より飼い主さんにとっては、

天寿を全うしたものであっても

大切なハムスターが死んだら、とは

考えたくないことですよね。

 

しかし、いつか必ずやってくる別れに備えて

ハムスターが死んだらどのように見送るべきか

葬儀はどうするのかなどの知識は

予め知っておいた方が安心です。

 

そこで今回は、ハムスターが死んだら

葬儀や供養はどうするのかについて

紹介していきますね。

 

まずハムスターの状態を確認しよう

 

飼っているハムスターが

動かなくなってしまった場合、

本当に亡くなったのか

確認する必要があります。

 

特に冬などの寒い時期に

ハムスターが動かなくなった時は

冬眠状態に入っている可能性も。

 

もし、ハムスターがいる部屋の

気温が低い場合は冬眠を疑いましょう。

 

部屋の気温を20℃以上まで上げて

掌に載せてゆっくりと体を温めてあげると

ハムスターは冬眠から目を覚ましますよ。

 

この冬眠状態も自然なことではなく、

低体温症の症状として起きていることなので

一刻も早く対処してあげないと

死に至る原因になります。

 

生活している部屋の気温が10℃を下回ると

冬眠状態になるハムスターが増えてくるので

怪しいと感じたら、すぐに体を温めて

蘇生を試みるようにしましょう。

 

そしてハムスターが目を覚ました後も

不安に感じることがあれば

すぐに動物病院に連れて行ってくださいね。

 

 

 

ハムスターが死んだら遺体はどうすべきか

 

蘇生をしてみたけれど、

やはり亡くなっていた時は

ハムスターの遺体を

大切に安置しましょう。

 

ハムスターは、死んだら

あまり時間を空けずに

死後硬直が始まります。

 

そしてその後にゆっくりと硬直が溶けて

また体が柔らかくなります。

 

体も小さく、体臭も少ないため

犬や猫と違って死んだらすぐに対処しないと

硬直や腐敗が始まってしまう

という印象は少ないかもしれません。

 

しかしハムスターの腐敗は内臓から始まるため

死んだらお腹の部分が黒ずんでくる、

体から空気が抜けて薄くなってしまうなどの

外見上の変化が見られるようになります。

 

大切なハムスターが

生前の愛くるしい姿を保てるよう、

小さな体であっても、遺体の安置は

死亡が確認出来たら迅速に行うようにしましょう。

 

 

 

ハムスターの遺体安置で用意するもの

 

ハムスターが死んだら遺体を安置する際に

以下のものを用意します。

・棺となる箱

・保冷剤やドライアイス

・ハンカチ

・ガーゼ

棺として用意する箱は、

ダンボールや木箱など

丈夫なものを用意しましょう。

 

また当たり前のことですが、

ハムスターがきちんと収まるサイズの箱

選ぶことも大切ですよ。

 

 

 

ハムスターの遺体安置の流れ

①棺の底にガーゼやハンカチを敷く

 

まずハムスターの棺となる箱の底に

ハンカチやガーゼなどを敷きましょう。

 

体の小さなハムスターも、死んだら

遺体から体液が出てくることがあります。

 

これはその体液を受け止めるための

処置になりますので、使用するものは

新聞紙やティッシュでも大丈夫ですよ。

 

 

②棺の中に保冷剤を置く

 

棺の底に敷いたハンカチの上に

ハムスターの遺体をそっと入れて、

脇やお腹に袋に入れた氷やドライアイス、

保冷剤を置いていきます。

 

ドライアイスを使用した場合、

季節や棺のある部屋の温度にもよりますが

ハムスターの死後3週間程度は

遺体の腐敗を防ぐことができるでしょう。

 

そのため、死んだらどうするか

ゆっくり考える時間が欲しい際には

ドライアイスで保冷することを

おすすめします。

 

タッパーなどの密閉できる容器を

棺として使用している場合は、

蓋に空気穴を開けて

ドライアイスの爆発を防いでくださいね。

 

 

ハムスターの遺体安置は冷蔵庫でも大丈夫?

 

ハムスターが亡くなったのが

深夜だった等の理由で

保冷剤が手元にない場合は、

遺体の安置を冷蔵庫で行う方法もあります。

 

冷蔵庫での遺体安置をする際には

棺はタッパーなどのきっちり密閉できるものを

選ぶようにしましょう。

 

そして底にハンカチやガーゼ、ティッシュを

敷いてからハムスターをそっと入れてあげて

上からもハンカチなどを掛けて

しっかり棺の蓋をしてから冷蔵庫で保管します。

 

ハムスターのように体の小さな動物であれば

1週間程度は冷蔵庫でも遺体の保管が可能ですが

死んだら体から虫がわくこともあります。

 

食品を保管している冷蔵庫に

例え愛する家族のものであっても

長期間遺体を入れておくというのは

衛生的に好ましい状態ではありません。

 

ハムスターが死んだら

遺体の安置方法にかかわらず

なるべく早く葬儀や埋葬をどうするか決めて

見送ってあげられるようにしましょう。

 

 

 

ハムスターの葬儀をどのように行うのか決める

ハムスターのように小さな動物の場合

死んだら自分の手でお墓を作って

埋葬するという方も少なくないでしょう。

 

しかし、現在はハムスターや

モルモットなどの小動物の火葬

依頼する飼い主さんも増えており、

死んだらどうするのかという選択肢も

増えてきています。

 

では以下にハムスターが死んだらどうするのか

葬儀の種類などを紹介していきましょう。

 

自宅の庭やプランターに埋葬する

 

愛するハムスターが死んだら、

いつでもお参りができるような場所に

自分でお墓を作ってあげたいという

飼い主さんも多いでしょう。

 

特にマンションなどで

ハムスターを飼育している飼い主さんが

埋葬方法として選ぶことが多いのが、

プランターや植木鉢にお墓を作る

プランター葬と呼ばれるものです。

 

プランター葬を選ぶ場合、注意したいのが

プランターや植木鉢の深さ

 

通常売られているような底の浅いものを選ぶと

腐敗が始まった時に悪臭がしたり

カラスや野良猫にお墓を掘り起こされてしまう

恐れもあります。

 

そのため、ハムスターの遺体を

プランターに埋める場合は

最低でも深さ30cmはある鉢を選んで

しっかりと穴を掘ってから埋葬しましょう。

 

日当たりなどの条件にもよりますが

ハムスターの遺体が自然に土に還るまでには

数年の時間を要することもあります。

 

その間に破損してしまうことのないよう

プランターはなるべく陶器製の

頑丈な作りのものを選んでくださいね。

 

 

ペットの火葬会社に火葬を依頼をする

 

ハムスターが死んだら火葬をしたい場合、

ペットの火葬を行っている業者を探して

依頼する必要があります。

 

ペットの火葬の方法はいくつかあり、

移動火葬車で自宅付近で火葬を行う方法や

ハムスターの遺体を引き取って

火葬場で合同火葬を行う方法などが代表的。

 

費用は掛かりますが

骨壺を返してもらうことができるのは

個別火葬のみです。

 

合同火葬では

他のペットと一緒に火葬されるため、

どれが誰のお骨かわからなくなってしまい

骨壺の返却ができません。

 

人間と違って、ペットの場合は

死んだらどうするという

明確な決まりがありません。

 

そのため飼い主さんが最良と考える

葬儀を選んでくださいね。

 

ペットの火葬業者として

最も大きな会社であるペット葬儀110番も、

移動火葬車を使用した個別火葬から

ハムスターの遺体を自宅まで引き取りに行き

合同火葬をするものまで、

多くのプランを用意しています。

 

ペット葬儀110番は深夜や早朝であっても

火葬をお願いすることができる会社です。

 

ハムスターの飼い主さんの中には

1人暮らしで日中は仕事のため時間が取れない

という方も少なくないでしょう。

 

ペット葬儀110番は

全国対応している会社ですので、

ハムスターが死んだら火葬をしたいけれど

都合がつかないかもしれないという方には

特に心強いですよね。

 

無料で生前見積もりも行ってくれるので、

気になる方は24時間365日対応している

相談窓口に問い合わせをしてみるのも

おすすめですよ。

 

 

ペット霊園に葬儀を依頼する

 

ハムスターが死んだら火葬から埋葬まで

全てをお願いしたい場合は、

ペット霊園に葬儀を依頼することになります。

 

ペット霊園というと、

犬や猫の葬儀を受け付けている場所

という印象が強いかもしれませんが、

ハムスターなどの小動物でも

納骨までお願いできますよ。

 

また火葬後のお骨をどうするのかも

合同墓地への埋葬や樹木層

納骨堂に骨壺を納めると様々な方法があるんです。

 

初めてハムスターの死に

対面した飼い主さんは、

死んだらどうするべきか

火葬業者や霊園は選びはどうするのか

悩んでしまうこともあるでしょう。

 

そういった際は

ハムスターのかかりつけの動物病院

近隣のペット火葬業者やペット霊園の

情報を集めるのも良いですよ。

 

ハムスターが死んだら

葬儀をどこに依頼するのか、

どうするのかなど悔いのないように

しっかりと考えてから決断してくださいね。

 

 

住んでいる地区の行政に依頼する

 

ハムスターが死んだら

行政に遺体の引き取りを

お願いすることもできます。

 

と言っても、格安や無料で火葬や埋葬を

行ってくれるという訳ではありません。

 

お金を支払って引き取りに来てもらい、

その後どうするのかというのは

自治体ごとに異なるものの、

ほとんどの場合は焼却場で焼くのみの処置です。

 

そのためゴミと一緒に

燃やされる可能性も。

 

しかし一方で、きちんと個別に火葬を行って

骨壺を返してくれる自治体もあります。

 

気になる方は、お住まいの自治体に

確認してみると良いでしょう。

 

 

ハムスターの供養はどう行うの?

 

ハムスターが死んだら、葬儀の後の

供養はどうするのがよいのでしょうか。

 

プランター葬を選んだ飼い主さんであれば

ハムスターの遺体とともに

たくさんの花を植えてあげて

お墓を綺麗に整えてあげるのも良いでしょう。

 

花の世話をする時にハムスターに

話しかけてあげれば、

素敵な供養になると思います。

 

個別火葬を頼んで骨壺を持ち帰った場合は

目に入る場所に骨壺を置いて、

花やハムスターの好物を供えて

生前と同じように話しかけてあげれば

立派な供養になります。

 

また、火葬業者やペット霊園に

葬儀を頼んだ場合は

ペットのお骨をお守りやペンダントに

してくれるメモリアルグッズの制作も頼めます。

 

ハムスターが死んだらさようならではなく

いつも身近に存在を感じたい飼い主さんは、

メモリアルグッズの種類などにも注目して

葬儀会社を選ぶのも良いでしょう。

 

ペットの場合は葬儀同様に供養の仕方も

どうするというルールがありません。

 

飼い主さんが考えるハムスターに合った

方法で供養をしてあげてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

以前はハムスターのような

小さな動物が死んだら

庭などに埋葬する方法が主流でしたが、

現在は葬儀も供養も選択肢が多くあります

 

ハムスターが死んだらどうするのか、

悔いのない決断をするためにも

飼い主さんの精神的余裕のあるうちから

葬儀の情報を集めておくと良いですよ。

 

上で紹介したペット葬儀110番

他の火葬業者を比較したい場合は

資料請求をお願いしてみてくださいね。

 

以上『ハムスターが死んだらどうする?亡くなった時にする事や供養の方法まで紹介!』の記事でした!