青と赤の体色が美しいカージナルテトラ

体が丈夫で飼育しやすいこともあって

人気の高い熱帯魚です。

 

穏やかな性格を持つうえに

水質への適応能力も高いことから

様々な生物と混泳が可能な

カージナルテトラですが、

特に相性が良い生物には

どんなものがいるのでしょう?

 

この記事ではカージナルテトラとの混泳に

おすすめの魚、エビ、貝

相性の悪い種類を紹介していきます。

 

カージナルテトラと混泳させる魚選びのポイントは?

カージナルテトラ

温厚な性格のカージナルテトラですが

混泳させる魚を選ぶためには

注意することもあります。

 

以下にカージナルテトラと混泳させる

魚を選ぶポイントを3つ紹介していきます。

 

対格差がない魚を選ぶ!

 

 

中型~大型の魚のように、

体格差がある魚を入れてしまうと

カージナルテトラが苛められてしまったり

食べられてしまう危険性があります。

 

そのためカージナルテトラと混泳させる魚は、

同じように小型のものを選ぶようにしましょう。

 

 

穏やかな性格の魚を選ぶ!

カージナルテトラは

穏やかな性格を持つため、

他の魚から攻撃された場合に

一方的にやられっ放しになってしまうことが

多く見られます。

 

また、縄張りに対するこだわりもないため

縄張り意識の強い魚と混泳させてしまうと

知らずのうちに縄張りを侵害してしまい、

攻撃を受けてしまう可能性もあります。

 

そのため、混泳させる魚は

カージナルテトラ同様に温和な性格のものを

選ぶとうまくいくでしょう。

 

 

活発過ぎない魚を選ぶ!

カージナルテトラは

群泳させると美しい魚のため

複数飼育をすることが多いでしょう。

 

しかし、あまりに活発で素早い魚を混泳させると

カージナルテトラはパニックを起こして

バラバラに泳ぐようになってしまいます。

 

そのため、群泳する様子が見たい場合は

活発過ぎる魚は避けた方がよいでしょう。

 

 

 

カージナルテトラと混泳させるおすすめ種類は?

カージナルテトラと混泳させることができる

魚は多く、肉食性など一部の生物を除けば

実に様々な生物と同居することが可能です。

 

以下に、カージナルテトラと混泳させる

おすすめの生物を7種紹介していきますので

参考にしてくださいね。

 

カージナルテトラとの混泳はラスボラ・エスペイがおすすめ!

ラスボラエスベイ

 

最初に紹介するカージナルテトラとの混泳に

おすすめの魚はラスボラ・エスペイです。

 

小型のコイであるラスボラは

体長も4cm程度で性格も穏やかなため

カージナルテトラとの相性が

非常に良い魚です。

 

水質への対応力も高く、

初心者の方でも飼育しやすいですよ。

 

 

カージナルテトラとの混泳はコリドラスがおすすめ!

コリドラス

2番目に紹介する

カージナルテトラとの混泳に

おすすめの魚はコリドラスです。

 

小型のナマズであるコリドラスは

水槽の底を生活の拠点とするため

中層を泳ぎ回るカージナルテトラとは

生活域が被りません。

 

そのため、お互い干渉することがなく

問題なく混泳することができますよ。

 

 

カージナルテトラとの混泳はチェリー・バルブがおすすめ!

チェリーバルブ

 

3番目に紹介する

カージナルテトラとの混泳に

おすすめの魚はチェリー・バルブです。

 

体長4cm程度と

カージナルテトラと同等サイズで

性格が穏やかなチェリー・バルブも

様々な生物と混泳が可能な魚です。

 

カワコザラガイなどを食べてくれるので

スネール対策にもおすすめですよ。

 

 

カージナルテトラとの混泳はアフリカンランプアイがおすすめ!

アフリカンランプアイ

 

4番目に紹介する

カージナルテトラとの混泳に

おすすめの魚はアフリカンランプアイです。

 

体長3.5cm程度で温和な性格を持つ

アフリカンランプアイは

水槽の上層で生活をするため、

中層を拠点にするカージナルテトラとは

生活域が被りません。

 

そのため、お互い干渉することが無く

混泳することができますよ。

 

 

カージナルテトラとの混泳はオトシンクルスがおすすめ!

オトシンクルス

 

5番目に紹介する

カージナルテトラとの混泳に

おすすめの魚はオトシンクルスです。

 

水槽の壁面に付いた苔を

食べてくれるオトシンクルスは、

可愛らしい外見と

掃除に役立ってくれる性質から

人気の高い魚です。

 

体長も5cm程度で程度で温和な性格のため

カージナルテトラ以外にも様々な生物と

混泳可能な種類ですよ。

 

 

カージナルテトラとの混泳はミナミヌマエビがおすすめ!

ミナミヌマエビ

 

6番目に紹介する

カージナルテトラとの混泳に

おすすめの魚はミナミヌマエビです。

 

オトシンクルス同様、

水槽内の苔を食べてくれるミナミヌマエビも、

他種の生物を襲うことが無い

大人しい性格のためカージナルテトラとの

混泳におすすめですよ。

 

ただ、稚エビは他の魚に

食べられてしまう可能性があるため

繁殖を考えている場合は、隔離できる環境を

用意してあげてくださいね。

 

ミナミヌマエビ以外の小型のエビも

カージナルテトラとの混泳が可能です。

 

 

カージナルテトラとの混泳はラムズホーンがおすすめ!

レッドラムズホーン

 

7番目に紹介する

カージナルテトラとの混泳に

おすすめの魚はラムズホーンです。

 

カージナルテトラは

貝を突いて食べたりすることもないので、

ラムズホーンや石巻貝といった

水質の浄化に役立ってくれる貝との混泳も

可能ですよ。

 

ラムズホーンは丈夫ではありますが

繁殖力もあるため、適度に間引いて

増えすぎないよう調整してくださいね。

 

 

 

カージナルテトラと混泳させるのに向かない種類は?

様々な生物と共生できる

カージナルテトラですが、

混泳を避けるべき生物ももちろん存在します。

 

以下に、カージナルテトラとの混泳に

向かない種類を4つ紹介していきます。

 

キッシング・グラミーはカージナルテトラとの混泳に向かない!

キッシンググラミー

 

最初に紹介する

カージナルテトラとの混泳に向かない魚は

キッシング・グラミーです。

 

キスをするような仕草が一見可愛らしく

感じられるキッシング・グラミーですが

実はこれは攻撃の手段で

縄張りを侵害された時などにみられる動作です。

 

成長すると体長が20cm程度になるうえ

気性が荒いことから、混泳が難しい魚として

知られる魚ですが、カージナルテトラとの

相性も良くないため、混泳は避けましょう。

 

 

ブルーテトラはカージナルテトラとの混泳に向かない!

ブルーテトラ

 

2番目に紹介する

カージナルテトラとの混泳に向かない魚は

ブルーテトラです。

 

同じカラシンと混泳させることも多い

カージナルテトラですが、カラシンの中にも

ブルーテトラのように縄張り意識が強く

気性が荒い種もいるので注意が必要ですよ。

 

他にもエンペラーテトラ

レインボーテトラ

気性が荒い面が見られるため、

混泳は避けた方が無難でしょう。

 

 

スマトラはカージナルテトラとの混泳に向かない!

スマトラ

 

3番目に紹介する

カージナルテトラとの混泳に向かない魚は

スマトラです。

 

丈夫で水質に対する適応力も高いことから

初心者にも育てやすいスマトラですが

縄張り意識が強いため

カージナルテトラとの相性は良くありません。

 

近年は穏やかな個体が

増えているとされますが

攻撃をしてこないとはいえないため

混泳させたい場合は、

まずセパレーターなどを

使って慣らしてからの方がおすすめですよ。

 

 

ディスカスはカージナルテトラとの混泳に向かない!

ディスカス

 

4番目に紹介する

カージナルテトラとの混泳に向かない魚は

ディスカスです。

 

成長すると15cm程度の大きさになる

ディスカスは、

体の小さなカージナルテトラを

捕食する可能性のある魚です。

 

ディスカス以外にも

中型~大型の熱帯魚は

カージナルテトラを

食べてしまう危険があるため

混泳は避けるようにしましょう。

 

食べてしまうこと自体も問題なのですが

中途半端に食べ残した死体が浮いていると

水質が悪化して、他の魚が弱ってしまう

という2次被害も引き起こしますので

注意してくださいね。

 

 

カージナルテトラと混泳させる時におすすめな用品は?

カージナルテトラは

水質にもうるさくなく丈夫な魚なので

飼育するために特別なアイテムを

必要としません。

 

しかし、多種の生物と混泳させる場合は

用意しておいた方が良いものもあります。

 

以下に、カージナルテトラを混泳させる場合に

用意したい飼育用品を5つ紹介していきます。

 

60cmサイズの水槽を用意!

最初に紹介するカージナルテトラの混泳で

おすすめの飼育用品は60cmサイズの水槽です。

 

カージナルテトラのみを

飼育するのであれば

30cmのキューブ水槽でも可能ですが、

多種の魚を混泳させる場合は

余裕を持って60cmくらいの水槽を

用意しておくと

泳がせる魚の選択肢も広がりますよ。

 

ガラス水槽は、

視界が遮られることなく

どこから見ても魚たちが眺められるのも

嬉しいですね。

 

 

ヒーターを用意!

2番目に紹介するカージナルテトラの混泳で

おすすめの飼育用品は水槽用ヒーターです。

 

カージナルテトラには22℃~27℃の水温が

適した水温とされています。

 

そのため、ヒーターを入れて

水温を保たないと弱ってしまう恐れが。

 

お勧めは、サーモスタット付きのヒーターです。

カージナルテトラに適した水温を

保つことができますよ。

 

また、小型なヒーターを選べば、目立ちにくく、

水槽の景観の邪魔になりません。。

 

 

パワーのあるフィルターを用意!

3番目に紹介するカージナルテトラの混泳で

おすすめの飼育用品は上部フィルターです。

 

様々な魚が混泳する環境では

餌の食べ残しも出やすく水も汚れやすいため、

フィルターを付けて置くことがおすすめ

 

フィルターには色々な種類がありますが

60cmサイズの外部フィルターは

高額なものが多く、水槽内の酸素の量も

不足しがちになります。

 

そのため、上部フィルターと

スポンジフィルターを合わせて

使うのがおすすめですよ。

 

 

産卵箱を用意!

4番目に紹介するカージナルテトラの混泳で

おすすめの飼育用品は産卵箱です。

 

産卵箱はカージナルテトラの産卵時には

もちろん、怪我をした魚や

病気になった魚の隔離にも使用できるので

 

様々な魚を混泳させる場合は

用意しておきたい飼育用品です。

 

また、一般的に攻撃性があるとされる種類を

混泳させたい場合などにも

まずは産卵箱に隔離した状態で生活をさせて

様子を見るといった使い方も可能ですよ。

 

 

餌を用意!

5番目に紹介するカージナルテトラの混泳で

おすすめの飼育用品は

小型熱帯魚用のフードです。

 

こちらの商品はカージナルテトラなどの

小型熱帯魚全般に与えられるフードのため

このフードひとつ用意しておけば

混泳させる魚に合わせた餌を

用意する必要がありません。

 

ゆっくりと沈むため、

水槽の上層~中層の魚も食べやすく

沈んだものもコリドラスなどが

食べることができますよ。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

カージナルテトラは

単体で複数匹飼育しても美しい魚ですが

やはり様々な魚との混泳を

楽しみたい種ですよね。

 

今回紹介した以外にも、カージナルテトラと

混泳できる魚やエビ、貝は多数いますので

ぜひお気に入りの組み合わせを探してみてくださいね。

 

以上『カージナルテトラと混泳できる魚やエビ、貝の種類って?相性が悪い種類もご紹介!』の記事でした!