存在感のある中型の大きさと

美しい姿が魅力のエンゼルフィッシュ

 

最もメジャーな熱帯魚のひとつである

エンゼルフィッシュですが、

実は飼育には気を付ける点が多く

混泳できる魚を選ぶ性格を持ちます。

 

この記事ではエンゼルフィッシュと混泳できる

魚やエビ、貝の種類とともに、

相性が悪い種類も紹介していきます。

 

エンゼルフィッシュと混泳させる魚選びのポイントは?

エンゼルフィッシュは優雅な外見に反して

攻撃的な性格を持つため、

混泳させる魚を選ぶには注意が必要です。

 

以下にエンゼルフィッシュと混泳させる

魚を選ぶポイントを3つ紹介していきますので

参考にしてくださいね。

 

小型の熱帯魚やエビは避ける!

 

エンゼルフィッシュは、

口に入る大きさの生物を

餌として認識してしまう習性があります。

 

そのため小型カラシン類や小型のエビは

食べられてしまう可能性が高いので

混泳は避けるようにしましょう。

 

また貝も突きまわしてしまう恐れがあるので

やはり小型のものは避けた方が無難です。

 

 

エンゼルフィッシュを攻撃しない種を選ぶ!

 

エンゼルフィッシュ自身が他の魚に

危害を与えることもありますが、

より攻撃的な性格の種や

大型肉食魚などと混泳させてしまうと、

攻撃されて弱ってしまう恐れもあります。

 

特にヒレを狙う習性のある熱帯魚などは

相性が良くないため

混泳させないように注意が必要ですよ。

 

 

エンゼルフィッシュ同士を混泳させるには注意が必要!

エンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュは、

同種同士でも争うことがあるんです。

 

なので、極端に体の大きさが違ったり

片方が一方的にいじめられる関係にある場合は

別の水槽で飼育する必要がありますよ。

 

特に国内で繁殖されたものと

東南アジアから輸入されたものでは

個体の強さや病気のかかりやすさが

全く異なってきます。

 

そのためエンゼルフィッシュを

購入する場合は

日本国内で繁殖されたもの

選ぶようにしましょう。

 

 

 

エンゼルフィッシュと混泳させるおすすめ種類は?

エンゼルフィッシュは

弱酸性~中性の水質に

対応することが可能なため、

弱酸性の水質にのみ適応可能な種とは

混泳させることができません。

 

それでは、同じ水質で生活できる魚の中から

どのようなものを選べば共生できるのでしょうか?

 

以下に、エンゼルフィッシュと混泳させる

のにおすすめの魚を7種紹介していきます。

 

エンゼルフィッシュと混泳させるのはコリドラスがおすすめ!

コリドラス

最初に紹介するエンゼルフィッシュとの

混泳におすすめな魚はコリドラスです。

 

小型のナマズであるコリドラスは

水底を生活の場とするために

エンゼルフィッシュとは

互いに干渉することなく

生活することができる種類です。

 

また餌も他の魚の食べ残しを好むことから

餌をめぐって他の魚と争うことも少なく

様々な魚との混泳に適しています。

 

 

エンゼルフィッシュと混泳させるのはプラティがおすすめ!

プラティ

 

2番目に紹介するエンゼルフィッシュとの

混泳におすすめな魚はプラティです。

 

プラティは成長すると

4cm~6cmの大きさになるため

エンゼルフィッシュが餌と間違えて

食べてしまう心配がありません。

 

また、体も比較的丈夫で飼育しやすく

性格も穏やかで

他の魚を攻撃することがないため、

多種の魚が混泳する環境でも

問題なく生活することができるでしょう。

 

カラーバリエーションが豊富で

外見が可愛らしいのもプラティの魅力です。

 

 

エンゼルフィッシュと混泳させるのはブラックファントム・テトラがおすすめ!

ブラックファントムテトラ

 

3番目に紹介するエンゼルフィッシュとの

混泳におすすめな魚は

ブラックファントム・テトラです。

 

ブラックファントム・テトラは

カラシンですが、体高があり

エンゼルフィッシュの口に入る危険が無いため、

混泳させることが可能ですよ。

 

温和な性格で群泳する姿が美しく

初心者でも飼育がしやすい種類でもあります。

 

 

エンゼルフィッシュと混泳させるのはドワーフグラミーがおすすめ!

ゴールデン・ハニードワーフ・グラミー

4番目に紹介するエンゼルフィッシュとの

混泳におすすめな魚は

ハニードワーフ・グラミーです。

ハニードワーフ・グラミーは

同種間で小競り合いを起こすことはありますが

基本的に温和な性格のため

しつこく他の魚にちょっかいを出すといった

心配がありません。

 

また、丈夫で体力があるため

エンゼルフィッシュに

追いかけられることがあっても

突かれて弱ってしまうといった

心配もないでしょう。

 

 

エンゼルフィッシュと混泳させるのはソードテールがおすすめ!

ソードテール

 

5番目に紹介するエンゼルフィッシュとの

混泳におすすめな魚はソードテールです。

 

成長すると最大で8cmにもなる

ソードテールは、動きも機敏なことから

エンゼルフィッシュと混泳しても

攻撃を受けて弱る心配がありません。

 

ただ雄は気性が荒い個体が存在し、

同種の雄同士では

激しく争う姿も見られることから

多種の魚と混泳させるには

雌を選ぶと無難でしょう。

 

 

エンゼルフィッシュと混泳させるのはモーリーがおすすめ!

ブラックモーリー

6番目に紹介するエンゼルフィッシュとの

混泳におすすめな魚はモーリーです。

 

プラティに近い生態を持つモーリーも

エンゼルフィッシュに負ける心配のない

パワーの持ち主です。

 

初心者にも育てやすい熱帯魚ですので

体も丈夫で世話も楽ですが

稚魚はエンゼルフィッシュの餌に

なってしまうので、

繁殖を考えている場合は

隔離などの対策をとってくださいね。

 

 

エンゼルフィッシュと混泳させるのはゼブラ・ダニオがおすすめ!

ゼブラダニオ

 

7番目に紹介するエンゼルフィッシュとの

混泳におすすめな魚はゼブラ・ダニオです。

 

ゼブラ・ダニオは

5cm程度まで成長する熱帯魚で

遊泳能力が高いことから

エンゼルフィッシュに狙われることがあっても

上手くかわせることができます。

 

 

 

エンゼルフィッシュと混泳させるのに向かない種類は?

小型の魚を食べてしまうことがある

エンゼルフィッシュですが

中にはエンゼルフィッシュのヒレを

狙う魚なども存在します。

 

以下にエンゼルフィッシュと混泳させるのに

向かない魚の中から代表的なものを

4種類紹介していきます。

 

スマトラはエンゼルフィッシュと混泳させない!

スマトラ

 

最初に紹介する

エンゼルフィッシュとの混泳に

向かない魚はスマトラです。

 

スマトラは丈夫で育てやすいことから

熱帯魚初心者にもおすすめの種類ですが

ヒレをかじる習性があることから

エンゼルフィッシのような大きな尾ひれを持つ

魚との混泳は避けるべき魚です。

 

 

プレコはエンゼルフィッシュと混泳させない!

タイガープレコ

2番目に紹介する

エンゼルフィッシュとの混泳に

向かない魚はプレコです。

 

水槽内の苔を掃除してくれるプレコは

丈夫で飼育しやすい熱帯魚ですが

成長すると最大で30cmを超す個体も存在するため、

混泳させるとエンゼルフィッシュが

ストレスを受けてしまいます。

 

どうしてもプレコを混泳させたい場合は

サッカープレコなどのメジャーで大きく育つ

種類は避けて、タイガープレコのような

小型のものを選ぶようにしましょう。

 

 

ネオンテトラはエンゼルフィッシュと混泳させない!

ネオンテトラ

3番目に紹介する

エンゼルフィッシュとの混泳に

向かない魚はネオンテトラです。

 

最大でも4cm程度にしか成長しないネオンテトラは

特に稚魚や小柄な個体の場合

エンゼルフィッシの餌にされてしまいます。

 

ただ、逃げ回るネオンテトラが

群泳する様子を見たいがために

エンゼルフィッシとネオンテトラを

わざと混泳させる方もいるそう。

 

しかしネオンテトラにとっては

命がけで逃げ回っている行為なので

ストレスも大きく、残酷です。

 

カラシンが群泳する様子が見たい場合は

もう少し大きいカージナルテトラ

ファントムテトラ

混泳させるようにしてくださいね。

 

 

ミナミヌマエビはエンゼルフィッシュと混泳させない!

 

ミナミヌマエビ

4番目に紹介する

エンゼルフィッシュとの混泳に

向かない魚はミナミヌマエビです。

 

水槽内の苔や残った餌を

食べてくれることから

掃除屋さんとして人気が高いミナミヌマエビ。

 

ですが、エンゼルフィッシュにとっては

本種のような小型のエビは餌に見えてしまうため

混泳は避けるようにしましょう。

 

同じ理由からヤマトヌマエビ

レッドファイアーシュリンプなども

エンゼルフィッシュとの混泳には向きません。

 

 

エンゼルフィッシュと混泳させる時におすすめな商品は?

エンゼルフィッシュと

多種の魚を混泳させたい場合

用意すべき飼育用品には

どのようなものがあるのでしょうか?

 

以下にエンゼルフィッシュを混泳させる時に

おすすめの飼育用品を5つ紹介していきます。

 

60cm以上の幅の水槽

最初に紹介する

エンゼルフィッシュの混泳で

おすすめの飼育用品は60cm幅の水槽

 

通常エンゼルフィッシュのみを飼育する場合

水槽の大きさは45cm程度あれば十分ですが

他の魚と混泳させる際には

もう少し大きなものを

用意した方が安心でしょう。

 

とはいえ、大き過ぎても

水換えの手間が掛かったり

置き場所に苦労してしまいますので、

こちらの商品のように

60cm程度のものがおすすめですよ。

 

 

エアーポンプを用意

2番目に紹介する

エンゼルフィッシュの混泳で

おすすめの飼育用品はエアーポンプです。

 

エンゼルフィッシュは

あまり強い水流を好まず

エアレーションが強い環境では

ストレスを感じてしまうこともあります。

 

お勧めは

エアーの強弱が調節できる

エアーポンプですよ。

 

また

静音性に優れているポンプがお勧め

夜間であっても音が気にならないポンプを

選びましょう

 

 

ヒーターを用意

3番目に紹介する

エンゼルフィッシュの混泳で

おすすめの飼育用品はヒーターです。

 

エンゼルフィッシュは

適応水温が24℃~30℃

高めであるため、ヒーターを活用して

水温を保ってやる必要があります。

 

お勧めは

ヒーターとサーモスタッドが

セットになっているものです。

 

例えば

温度を15℃~35℃に設定したりできる

ヒータなどは、温度の上がりすぎを防いだり

混泳している全ての魚にあった水温を

保つことが可能です。

 

 

産卵箱を用意

4番目に紹介する

エンゼルフィッシュの混泳で

おすすめの飼育用品は産卵箱です。

 

産卵箱は混泳している魚が

卵を産んだ時はもちろん

病気の魚の隔離にも

使用することができます。

 

エンゼルフィッシュを

隔離する可能性もあるので

できるだけ、大きめのものを

選んでおくとよいですよ。

 

 

赤虫を用意

5番目に紹介する

エンゼルフィッシュの混泳で

おすすめの飼育用品は乾燥赤虫です。

 

赤虫はエンゼルフィッシュを含む

多くの熱帯魚が好む餌のため

これひとつで混泳している多種の魚の

餌をまかなうことも可能です。

 

冷凍の赤虫などもありますが

乾燥した赤虫であれば

保存も楽で扱いやすいですよ。

 

水に沈まないため、コリドラスなどを

飼育している場合は

沈下性のタブレットを別に用意するか

網などを使って沈めてあげてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

エンゼルフィッシュは成長すると

10cm程度になる中型の熱帯魚ですが

同程度の熱帯魚からは攻撃をされやすく

小さすぎるものは餌にしてしまうため

多種との混泳が難しい魚です。

 

もちろん個体の相性もありますので

意外な魚と共存できることもありますが

初心者の方は今回紹介した

おすすめの種類から

混泳させる魚を選ぶと安心ですよ。

 

以上、『エンゼルフィッシュと混泳できる魚やエビ、貝の種類って?相性が悪い種類もご紹介!』の記事でした!