肉食の猫が、キュウリを食べても

大丈夫なのか?気になりますよね。

 

そこで今回は、

猫にキュウリを食べさせる効果注意点

キュウリを使ったおすすめのレシピ

ご紹介していきます。

 

猫にキュウリを食べさせるのは大丈夫なの?

 

結論からお伝えすると

猫にキュウリを食べさせても問題ありません。

 

キュウリは成分の95%が水分という程

水分含有量が高く、

猫にとって有害な成分を

含まない野菜です。

 

しかし当然キュウリだけを

食べさせていては

猫の体が必要とする栄養を

取ることはできません。

 

例え愛猫がキュウリを喜んで食べていても

食事の代わりに与える、といったことは

避けるようにしましょう。

 

 

 

キュウリの栄養素は?

水分含有量が多く、

カロリーも低いことから

キュウリには栄養が無い

思っている方もいるでしょう。

 

しかしキュウリにも私達人間にはもちろん

猫にも嬉しい栄養が含まれています。

 

以下にキュウリに含まれる栄養の中から

代表的なものを紹介していきます。

 

βカロテン

体内でビタミンAを生成できる

βカロテンは、

被毛や皮膚、粘膜の健康維持に

役立ってくれる栄養素です。

 

またβカロテンそのものにも、

抗酸化作用や

免疫アップの効果が期待できるため

細胞の老化防止にも効果的ですよ。

 

キュウリの場合は、特に皮の付近に

βカロテンが多く含まれています。

 

 

ビタミンK

血液を凝固させ、外傷の治癒に貢献する

ビタミンKもキュウリには含まれています。

 

他にもビタミンKには骨を形成する

たんぱく質を活性化して

健康な骨を維持、生成する効果もあります。

 

骨粗しょう症を予防する働き

期待できるため、シニアの猫には

積極的に取らせたい栄養素です。

 

 

ビタミンC

コラーゲンの生成に役立ち

健康な関節の形成にも必要な栄養素である

ビタミンCもキュウリには含まれています。

 

またビタミンCは、最近では

抗ストレス作用を持つ

副腎皮質ホルモンの合成を促す効果

抗がん作用も持つ栄養素としても

注目を浴びています。

 

 

カリウム

カリウムには細胞内にナトリウムが増えると

尿とともに排出を促し

体内のphのバランスを保つ効果があります。

 

また不足すると

細胞内にナトリウムが蓄えられ

高血圧症を引き起こすリスクが上る他、

下痢や嘔吐など低カリウム血症に

かかる可能性もあります。

 

 

 

猫にキュウリを食べさせるとどんな効果があるの?

栄養が最もない野菜と

紹介されることもあるキュウリですが

実は他の野菜に負けないくらい

豊富な栄養素を含む食材です。

 

私達人間と同じように

猫がキュウリの栄養すべてを

役立てられるわけではないのですが

それでも猫にキュウリを食べさせる

メリットが無いわけではありません。

 

以下に、猫にキュウリを食べさせることで

期待できる効果を3つ紹介していきます。

 

猫にキュウリを食べさせるとダイエットになる!

 

キュウリのカロリーは可食部分100gあたり

14キロカロリー。

 

世界で最もカロリーも低い果実として

ギネスブックに載ったこともある程

ヘルシーな野菜です。

 

また近年発見されたホスホリパーゼという

キュウリに含まれる酵素には

脂肪を分解する効果があることが

判明しています。

 

そのため肥満気味の猫ちゃんにとっては

毎日のフードの一部を

キュウリに置き換えることで

ダイエットの効果が狙えるでしょう。

 

とは言え、キュウリからだけでは

猫にとって必須な栄養素が

全て取れるわけではありません。

 

フードの量を減らし過ぎてしまうと

タンパク質などが不足してしまいますので

あくまでも一部を置き換え程度の量の

キュウリを与えるようにしましょう。

 

 

猫にキュウリを食べさせると水分補給になる!

 

キュウリは全体の95%が水分とされるほど

水分を多く含む野菜です。

 

そのため、水をあまり飲んでくれない猫に

水分補給として与えるのにも

適している野菜でもあります。

 

人間でも夏場の熱中症対策として

キュウリを食べることが

効果的とされますが、

猫にとっても熱中症予防や乾燥対策に

効果のある野菜ですので

水を飲んでくれない時には

キュウリをおやつとして

与えると良いでしょう。

 

 

猫にキュウリを食べさせると老化防止になる!

 

キュウリには、

ビタミンCやβカロテンといった

抗酸化作用を持つ栄養素の他にも

シリカというミネラルが含まれています。

 

このシリカには人間の髪や爪を修復し

肌の老化を防止する作用があるとされます。

 

そのため猫にとっても

キュウリを食べることで

細胞の老化を防ぐとともに

被毛を健康に保ち、外見を若々しく見せる

効果が期待できるでしょう。

 

 

猫にキュウリを食べさせる時に注意することは?

低カロリーで栄養が豊富、と

美容や健康に嬉しいキュウリですが

猫に食べさせる時には

注意したい点も存在します。

 

以下に猫にキュウリを食べさせる時に

注意するポイントを4つ紹介していきます。

 

猫にキュウリを食べさせる時は与え方に注意!

 

猫にキュウリを与える時には、

必ず皮を剥いてから

食べさせるようにしましょう。

 

キュウリの表面にある小さなイボには

雑菌が付いており、水洗いをしても

完全に取り除くことができません。

 

そのため、猫に皮ごとキュウリを

与えてしまうと

お腹を壊してしまう恐れがあるのです。

 

また与える大きさも、薄くスライスしたり

すりおろしたりといったように

猫が食べやすく、消化しやすいような

形状にしてあげましょう。

 

大きなものを与えてしまうと

猫がのどに詰まらせてしまう恐れもあるため

注意してくださいね。

 

 

猫にキュウリを食べさせる時はアレルギーに注意!

 

キュウリやスイカといったウリ科の植物に

アレルギーを持つ猫ちゃんも存在します。

 

そのため、初めて猫にキュウリを与える場合は

ごく少量ずつ、様子を見ながら

食べさせるようにしましょう。

 

食べている途中に、突然体を痒がる

目や口の粘膜に充血が見られる

下痢や嘔吐といった

アレルギー反応が見られた場合は

すぐにキュウリを与えるのを中止てくださいね。

 

 

猫にキュウリを食べさせる時は量に注意!

 

水分含有量が多いため、

水をあまり飲んでくれない猫にとっては

水分補給に役立ってくれるキュウリですが

食べ過ぎると下痢をする恐れもある野菜です。

 

また、カリウムを多く含むことから

腎臓病の猫にキュウリを与えると

高カリウム血症になってしまう恐れがあります。

 

高カリウム血症は

カリウムが体外に排出されず

体内に溜まり続けることで起こる症状で、

不整脈の原因にもなります。

 

また、正常にカリウムを

ろ過することができない腎臓病の猫には、

キュウリを与えないように

注意してくださいね。

 

 

猫にキュウリを食べさせる時は加工品を与えないように注意!

 

キュウリは生野菜以外に

浅漬けやピクルスといった加工品

多く出回っていますよね。

 

これらの加工品は賞味期限も長く

私達人間にとっては重宝する食材ですが

猫にとってはどれも塩分が強すぎるため

非常に有害な食品となります。

 

また、ドレッシングがかかっているものも

猫にとっては塩分過多ですので

猫にキュウリを与える場合は

生のままで味付けもしていないものにするよう

注意してくださいね。

 

 

 

猫にキュウリを食べさせる目安の量は?

 

猫に与えるキュウリの量は、

体重4kgあたり15gを目安にしましょう。

 

これは健康で平均的な運動量を

維持している猫の目安となります。

 

療養中の猫や運動量の少ないシニア猫には

多めの量となりますので、

調節しながら与えてくださいね。

 

また上でも紹介したように

腎臓病の猫にとってはキュウリのカリウムは

有害ですので、体重に関係なく

与えないようにしましょう。

 

 

 

猫におすすめなキュウリは?

1年を通して

安定した価格で購入できるキュウリは、

食べてくれるのであれば

猫にとっても役立ってくれる食材です。

 

以下に猫にとっても食べやすい

キュウリを含むおやつや酵素、

飼い主さんも一緒に楽しめる

美味しいキュウリなど、

猫におすすめのキュウリを3つ紹介していきます。

 

猫におすすめなキュウリ1


最初に紹介する猫におすすめのキュウリは

犬、猫用の発酵パウダーです。

 

キュウリを含む50品目以上の野菜や果物

熟成発酵させてパウダー状にした

こちらの酵素パウダーは、免疫力の向上や

被毛の健康、代謝の向上など

猫の健康維持に効果が期待できます。

 

そのままフードにトッピングすることは勿論、

お湯に溶かしてスープとしても与えられるので

生のキュウリを嫌がる子や

シニア猫ちゃんにもおすすめですよ。

 

猫におすすめなキュウリ2

2番目に紹介する

猫におすすめのキュウリは

キュウリパウダーを使用した

猫用のふりかけです。

 

こちらの商品は、

燻製にした鮭をメインに

キュウリなどの野菜の酵素パウダーを

ブレンドしているため、

嗜好性の高さが特徴。

 

鮭の香りが食欲をそそるため

野菜を食べない猫ちゃんでも

完食が期待できますよ。

 

写真家の岩合光昭さんによる可愛らしい

パッケージも嬉しいですね。

 

 

猫におすすめのキュウリ3

3番目に紹介する猫におすすめのキュウリは

九州産のキュウリです。

 

1年を通してスーパーで手軽に購入できる

キュウリですが、細かったり鮮度が低かったりと

何もつけずに食べられる程

新鮮なものはなかなか手に入らないですよね。

 

こちらの九州産のキュウリは

新鮮なだけではなく、太さが均一で

水分がしっかり含まれたものだけを

選んで送ってもらえるため、

愛猫だけではなく飼い主さんも一緒に

生のキュウリを楽しむことができますよ。

 

 

猫にキュウリを食べさせるおすすめレシピは?

キュウリに含まれる栄養を取らせたいけれど

猫が嫌がって食べてくれない、という場合

ひと手間加えて手作りご飯を作ってあげては

いかがでしょうか?

 

猫におすすめのキュウリを使ったレシピを

2つ紹介していきますので、

参考にしてみてくださいね。

 

キュウリの棒棒鶏

◎材料

鶏肉のササミ 20g

キュウリ 10g

ごま ひとつまみ

①ササミは水を振りかけた後

ラップをかけてレンジで30秒程度温めてから

ラップを取って冷まします。

 

②キュウリは皮を剥いてからすりおろします。

 

③ササミが冷めたら細かく裂いてキュウリと和え

ゴマを散らして完成です。

 

 

キュウリと手羽先の冷や汁風

◎材料

アジ 50g

鰹節 1つまみ

きゅうり 10g

豆腐 30g

すりごま 小さじ1/2

①鰹節は水50ccにつけておきます。

 

②お皿にアジをのせてラップをかけ

2分程度加熱をします。

 

③キュウリは皮を剥いてから薄くスライスします。

 

④アジが冷めたら一口大にほぐして

鰹節を浸した水の中に、キュウリ、すりごまと

一緒にいれて混ぜ合わせます。

 

⑤最後に手で一口大にほぐした豆腐を加えて

完成です。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

あまり栄養がなさそうなキュウリですが

実は飼い主さんにとっても

猫ちゃんにとっても栄養価の高い

嬉しい食材です。

 

紹介した手作りご飯のレシピも、

味付けをすれば

飼い主さんも食べられるものですので

是非挑戦してみてくださいね。

 

以上『猫にキュウリを食べさせるのは大丈夫?注意点や効果、おすすめなレシピも!』の記事でした!