を飼うのにケージは必要なの?

という疑問を持つ人も少なくないでしょう。

 

もちろんケージの中に閉じ込めて飼うのは

猫にとって好ましくないですが、

常に部屋で放し飼いというのも

決して猫に良いわけではありません。

 

来客の時や猫にとって危険なことをする場合

ケージの中に入ってもらえば安全ですし、

猫にとって安心できるプライベートスペース

としてもケージは役立ってくれます。

 

そんな猫の飼育グッズとして必須のケージですが

実はすのこを使って簡単に手作りできるんです。

 

そこで今回は、すのこを使って猫のケージを

手作りする方法について紹介していきます。

 

すのこの猫のケージを手作りする時に必要な道具は?

猫用の市販のケージはデザインが味気ない、

大きさにバリエーションがない、と

感じる飼い主さんも少なくないでしょう。

 

すのこで手作りする猫のケージは

市販のものと違って

温かみのあるデザインに仕上がり、

また、簡単に完成することが特徴です。

 

必要なものも少ないので、思い立ったら

すぐに挑戦することができますよ。

 

以下に猫のケージをすのこで手作りする時に

用意する基本の道具を紹介していきます。

 

すのこの猫のケージを手作りする時はすのこを!

すのこで作る犬用ゲージ

猫のケージをすのこで手作りするのに

最初に用意する道具は、

ケージの壁として使用するすのこです。

 

猫のケージというと留守番中などでも

上下運動ができるように

2階~3階建て以上のものが主流ですよね。

 

しかしすのこで手作りをする場合は

上階を作ってしまうと猫が暴れた時に

ケージが壊れてしまう危険性があるため

1階建てにするのが安心です。

 

そのため、猫に圧迫感を与えないように

なるべく長さのあるすのこを用意しましょう。

 

押し入れすのこ』として売られているものが

大きさとしては扱いやすく、便利ですよ。

 

勿論すのこは

100円均一などでも購入可能です。

 

しかし安価なものは

サイズが小さめであったり

猫のケージに使うには薄かったりするので

ヒノキを使った厚めのすのこを使うと

強度の面でも安心ですよ。

 

 

すのこの猫のケージを手作りする時は蝶番を!

蝶番

猫のケージをすのこで手作りするのに

2番目に用意する道具は

ケージの扉部分に使用する蝶番です。

 

蝶番は片方の扉の上下に最低でも2個ずつ

合計4個は用意しましょう。

 

アンティーク調のデザインのものなど

蝶番は種類が豊富ですが

こちらの商品のように

ステンレス製のものを選ぶと

錆や劣化が少なくて長持ちしますよ。

 

 

すのこの猫のケージを手作りする時は留め金を!

かんぬき イメージ画像

猫のケージをすのこで手作りするのに

3番目に用意する道具は

扉の鍵となる留め金です。

 

猫は器用な動物ですのでケージの扉に

鍵を付けておくのは必須です。

 

蝶番同様、様々なデザインのものが

ありますので、

手作りするケージのイメージに合ったものを

選んでくださいね。

 

 

すのこの猫のケージを手作りする時はジョイントマットを!

猫のケージをすのこで手作りするのに

4番目に用意する道具は

床として使用するジョイントマットです。

 

100均にも、売っています。

 

ばらして水洗いができるジョイントマットは

猫の脚にも優しいため

手作りケージの床材としておすすめですよ。

 

とは言え、中にはジョイントマットを掘るのが

好きな子もいますので、木材やペットシーツなど

床材は猫の性格に合ったもの

用意してあげてくださいね。

 

 

すのこの猫のケージを手作りする時はワイヤーネットを!

100均のワイヤーネット

猫のケージをすのこで手作りするのに

5番目に用意する道具は

ケージの扉部分にはめ込むワイヤーネットです。

 

ケージ全てをすのこで手作りしてしまうと

中にいる猫は外の様子が

見えづらくなってしまいます。

 

外の様子が分からなと、不安や不快感から

猫もケージに入りたがらなくなってしまうので

扉の一部をワイヤーネットにして

視界を確保してあげるのがおすすめですよ。

 

今回は、100均のワイヤーネットを使い

猫ちゃん専用ゲージを作りました。

 

すのこの猫のケージを手作りする時はネット固定用のフックを!

猫のケージをすのこで手作りするのに

6番目に用意する道具は

ワイヤーネットを引っかけるフックです。

 

ケージの壁にワイヤーネットを使用した場合

タッカーなどを使用して

すのこに固定することもできるのですが

工具が無い場合はフックに引っかけて

固定するのもおすすめですよ。

 

タッカーとは?

DIYなどで、木材に使うホッチキスのような物です。

板を固定したり、木材に布を貼り付ける時など

留めたい部分の上部から、パチンパチンと簡単に留める

事ができるとても便利な道具です。

 

また、フックを使う際は

両面テープで固定できるため、

手軽に使えて強度もバッチリです。

 

もちろんワイヤーネットに

フックが付属している場合は

そちらを使っても問題ありませんよ。

 

 

すのこの猫のケージを手作りする時の手順は?

材料が揃ったら、

さっそく猫の手作りケージに

挑戦していきましょう。

 

今回紹介するケージは1階建てで

上下運動ができる踊り場を設置したものです。

 

すのこの猫のケージ手作り手順1:壁を作る

すのこを、四角く固定していきます。

ゲージ作り方1

 

まず最初に、どのようにすのこを組んでいくか

確認しながらすのこを固定していきます。

 

外側にフラットな面がくるように

してケージを組んでいってくださいね。

 

すのこを固定するやり方は

色々な方法がありますが、

DIY初心者さんにおすすめなのが

結束バンドを使った方法です。

 

小動物のケージを手作りする場合にも

良く使われる結束バンドは、

連結させれば、すのことすのこを

固定させる長さにすることが可能になります。

 

もちろん強度は

弱くなってしまいますので、

固定する箇所を増やすなどして

対処してくださいね。

 

またせっかくの手作りなのだから

ケージに可愛いペイントをしたい場合は

すのこを固定する前にペイントをして

乾いてから組み立てるようにしましょう。

 

猫が舐めてしまう可能性もありますので

手作りケージに使用する塗料は、

自然由来のものを選ぶなど工夫すると安心ですよ。

 

また扉の部分はワイヤーネットをはめ込むため

この段階では、上記のように扉を抜かした3方の壁と

床、天井部分だけを固定させておきましょう。

 

 

すのこの猫のケージ手作り手順2:扉部分を作る

 

すのこゲージの作り方 扉部分

次に扉に使用するすのこを、上記のように

ノコギリでくり抜き窓部分を作ります。

 

木材のカット部分には、ワンちゃんがケガを

しないように、ヤスリがけも忘れずに・・

 

窓部分には、扉となるワイヤーネットを設置しますが

大き過ぎるワイヤーネットを選んでしまうと、

ワイヤーネットを外側から固定することになるため

見た目が悪くなってしまいます。

 

すのこはくり抜く範囲を

調整することが容易ですので、

ケージの内側から固定できるように

ワイヤーネットは

すのこより小さめのサイズを

選ぶようにしましょう。

 

固定方法は、タッカーや

市販のフック等に引っかけるなど

方法は、色々ありますが、

フックを使用する場合は

猫がいたずらをしないように

取り付け場所に気を付けてくださいね。

 

タッカーとは?

DIYなどで、木材に使うホッチキスのような物です。

板を固定したり、木材に布を貼り付ける時など

留めたい部分の上部から、パチンパチンと簡単に留める

事ができるとても便利な道具です。

 

すのこの猫のケージ手作り手順3:踊り場を作る

猫のケージでは

床面積はそれほど必要ありませんが、

上下運動ができるような高さのあるのもが

好ましいとされます。

 

しかし手作りのもので無理をして高さを出すと

どうしても不安定になってしまい

ケージそのものが倒壊してしまう危険性

ありますよね。

 

そのためDIY初心者の方が挑戦する場合は

1階建てのものが安心ですよ。

 

とは言え完全な平屋のケージでは

子猫ならともかく大人の猫には

退屈過ぎてつまらない場所になってしまいます。

 

すのこは裏側の足の部分に板などを

引っかけることが可能なため

これを利用するだけで簡単に

猫が上下運動をする踊り場を作ることができます。

 

ゲージに踊り場を作る

 

上記画像のように、ちょうど、すのこの足部分に

板をのせ、踊り場を作ってあげましょう。

 

ただし、

猫ちゃんが、板の上に乗った時に板がズレては危険なので

電動ドライバーやボンドなどで固定をして

昇っても安全な、猫の遊び場にしてあげましょう。

 

もちろん広めのケージを手作りしてあげて

子猫用の小さなキャットタワーを入れたり

木箱などを配置して階段を作ったりして

運動スペースを用意してあげるのもおすすめです。

 

 

すのこの猫のケージ手作り手順4:扉を取り付ける

 

手順2で作った扉を、ケージ本体に

取り付けていきましょう。

 

釘を打つ部分を確認したら、

蝶番をつける場所に

印を付けて歪まないように注意しながら

扉とケージ部分を固定していきます。

 

蝶番は高さ75cm、幅40cm程度の扉の場合で

上下2個は付けるようにします。

 

もっと大きなケージを手作りする場合や

扉の開閉時にがたつきが見られる場合などは

真ん中にもう一つ蝶番を増やして

補強をしましょう。

 

扉がしっかり付いたら、

続いて鍵となる留め金も取り付けます。

 

これだけで十分ケージの扉として機能しますが

雑貨屋などで売っている

小さな取っ手をつけるのも

可愛らしくて素敵ですよ。

 

細かい場所で自分の飼い猫のイメージや

部屋の雰囲気に合ったアレンジができるのも

手作りケージの楽しいところですよね。

 

 

すのこの猫のケージ手作り手順5:床材を配置する

 

ケージの外側が完成したら、

床材を設置しましょう。

 

天然木で作られたすのこも

猫の足に悪い床材ではないのですが、

猫が粗相をしてしまった場合を考えると

床材は取り外せるものを設置した方が安心です。

 

また隙間に毛が入り込んでしまうため

やはり手作りケージの床材は

隙間のないものがおすすめです。

 

特に子猫やシニアの猫には、

脚や関節に優しい

ジョイントマットが向いていますよ。

 

すのこが余ってしまった、という場合は

すのこをばらして1枚の板になるように接着して

床も手作りしてしまうのも良いでしょう。

 

見た目にも統一感が出ますし、

床を引っかいてしまう猫の場合には

爪とぎ代わりにもなりますよ。

 

その他にも、季節に応じて

柔らかいマットを敷いてあげたり、

ひんやりシートを敷いてあげたりと

猫が過ごしやすいようアレンジしてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

すのこを使った猫の手作りケージは

DIY上級者でないと

難しそうといった印象がありますが

結束バンドやボンドなどをうまく利用すれば

工具の出番も少なく、

簡単に作ることが可能です。

 

ぜひ愛猫の雰囲気に合ったケージ作りに

挑戦してみてくださいね。

 

以上『猫のケージを手作り!すのこを使ったおしゃれな小屋を作る方法や道具とは?』の記事でした!