人間にとっては、美容食や健康食として

人気の高い野菜、トマト

 

犬の手作りご飯の材料にも

利用されるトマトですが、

より肉食の食性が強いにも

トマトは与えて大丈夫なのでしょうか?

 

この記事では猫にトマトを与える効果や注意点、

おすすめのレシピなどを紹介していきます。

 

猫にトマトを食べさせるのは大丈夫なの?

 

結論からお伝えすると、

猫にトマトを食べさせても問題はありません。

 

しかしトマトの可食部である実の部分には

猫にとって有毒な成分は含まれませんが、

葉や茎の部分には、

トマチンという有毒物質が含まれています。

 

トマチンはジャガイモの芽の毒として有名な

ソラニンと似た構造をしており、

多量に摂取することで下痢や嘔吐といった

症状を引き起こす危険性があります。

 

そのため猫にトマトを与える場合は

実のみを適量与えるように注意してください。

 

 

 

トマトの栄養素は?

トマトが赤くなると

医者が青くなると言われるほど、

トマトには豊富な栄養が含まれています。

 

以下にトマトに含まれる栄養の中から

代表的なものを紹介していきます。

 

リコピン

トマトに含まれるカロチノイドの一種

リコピンは、強い抗酸化作用を持つ栄養素です。

 

リコピンには体内の活性化酸素が増殖するのを

防ぐ効果があり、細胞の老化を防いでくれる

効果が期待できますよ。

 

また、悪玉コレステロールを

分解する作用も持つため、

コレステロールの酸化を防ぐだけではなく

血栓を分解する効果も望めます。

 

 

ビタミンC

ビタミンC

骨や関節の形成に不可欠なコラーゲンの

生成を助ける働きを持ちます。

 

また血管や歯、軟骨を

正常に機能させるのに役立ち、

近年では抗ストレス効果免疫力アップ

役立つ栄養素としても注目されています。

 

更に抗酸化作用も持つことから、

癌や動脈硬化の予防のためにも

積極的に摂取したい栄養素です。

 

 

ビタミンE

ビタミンE高い抗酸化作用を持つ栄養素

細胞の老化や血液中の

コレステロールの増加を防ぎ、

老化防止に役立ってくれますよ。

 

また不足すると細胞膜が損傷することから

神経の障害がみられるようになったり

血流が滞る恐れもあるため

摂取を心掛けたい栄養素です。

 

 

カリウム

細胞のphを整えて、

余分な塩分を排出する効果があるカリウム

トマトには豊富に含まれています。

 

この働きから、

カリウムは血圧の上昇を防ぐ

作用や、利尿作用も期待されます。

 

 

 

猫にトマトを食べさせるとどんな効果があるの?

トマトには

様々な栄養が含まれることを紹介しましたが、

猫に食べさせた場合は

どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

以下に猫にトマトを食べさることで期待できる

効果を3つ紹介していきます。

 

猫にトマトを食べさせるとダイエットに効果的!

 

トマトは低カロリーなだけでなく、

13-oxo-ODAという脂肪の燃焼を助ける効果のある

成分が含まれることが近年の研究で分かっています。

 

そのため、ダイエット中の猫ちゃんには

代謝の向上を期待できる嬉しい食材と

言えるでしょう。

 

またリコピンビタミンEなど、

血液中のコレステロールを分解する

栄養素も含まれているため

特に肥満気味の猫には、動脈硬化など

肥満が原因で起こる病気を予防する効果

期待できます。

 

 

猫にトマトを食べさせると水分補給になる!

 

トマトは実の部分の94%が水分と言われるほど

水分含有量の多い食材です。

 

そのため、なかなか水を飲んでくれない猫には

トマトを食べさせることで

水分補給をさせることができますよ。

 

またトマトには細胞の脱水症状を予防する

カリウムが含まれるため、

熱中症から体を回復させたり

熱中症を予防する効果もあります。

 

特に夏場に猫にトマトを食べさせると

水分補給と熱中症予防に役立ってくれますよ。

 

 

猫にトマトを食べさせると老化防止になる!

 

トマトにはリコピンやビタミンC、ビタミンEと

抗酸化作用に優れた栄養素が豊富に含まれます。

 

これらの栄養素は細胞の老化

ガンや生活習慣病を予防する効果が期待され、

人間だけではなく猫にとっても

健康な被毛や目の維持のために

トマトは役立つ食材でしょう。

 

特に実の赤いトマト程リコピンを多く含むため

店頭でトマトを選ぶときには

赤いく熟したものを選ぶと良いですよ。

 

また一般的に普通のトマトより

ミニトマトの方がリコピンの含有量が高く

同じ量を食べた場合、摂取できるリコピンの量には

およそ2倍の差があるとされています。

 

リコピンは過熱した方が

体内に吸収されやすくなるため、

猫にリコピンを摂取させる場合は

加熱調理してスープごと

食べさせることがおすすめです。

 

 

猫にトマトを食べさせる時に注意することは?

私達人間にとっても、猫にとっても

嬉しい効果のあるトマトですが、

本来肉食である猫に食べさせる場合には

注意をしたい点もあります。

 

以下に猫にトマトを食べさせる時に

注意することを4つ紹介していきます。

 

猫にトマトを食べさせる時は与え方に注意!

 

トマトの葉や茎にはトマチンが含まれるため

猫には実だけを与えるということをお伝えしましたが

トマトの茎にはナルコチンという成分も含まれています。

 

このナルコチンは経口摂取以外に、

接触するだけでも皮膚のかぶれなどを

起こす危険性があるため、

特に家庭菜園でミニトマトなどを栽培している場合は

猫を近づかせないよう注意が必要です。

 

また熟していない実にも

トマチンが含まれているため、

猫だけではなく飼い主さんも

トマトを食べる場合は熟しているものを

選ぶようにしましょう。

 

トマチンを過剰摂取した場合には

心拍数や呼吸の異常が見られることもあります。

 

このような症状が見られた場合は

中毒を起こしている可能性が高いため

速やかに動物病院を受診するようにしましょう。

 

 

猫にトマトを食べさせる時はアレルギーに注意!

猫に初めてトマトを与える場合は、

目や口の粘膜の充血はないか

体を痒がることはないか

下痢や嘔吐は見られないか、といった

アレルギー反応が無いかどうか注意しながら

一口ずつ時間をかけて食べさせましょう。

 

また、トマトはシラカバやブタクサ、スギの

アレルゲンと近い構造を持つため、

これらの植物にアレルギーがある猫が食べた場合

アレルギー反応を起こす可能性があります。

 

そのためシラカバ等にアレルギーを持つ猫に

初めてトマトを食べさせる場合は、

様子を観察しながら与えるように特に注意し、

少しでもおかしな症状が見られたら

食べさせるのを中止するよう気を付けてください。

 

 

猫にトマトを食べさせる時は量に注意!

 

トマトは豊富な栄養素が含まれるうえ

低カロリーでヘルシーな食材です。

 

そのため特にトマトが好きな猫には

たくさん食べさせても大丈夫と

思ってしまいがちですが、

食べた分だけトマトの栄養を

摂取できるわけではありません。

 

また、猫は元々肉食の動物ですので

体を作る栄養素の全てを植物であるトマトから

取ることもできません。

 

いくら体に良くてもトマト中心の食事では

猫の栄養が偏ってしまいますので、

トマトを与える際には適量を守るようにしましょう。

 

 

猫にトマトを食べさせる時は加工品は与えない!

 

猫にトマトを与える際には、ケチャップや

トマトソースといった加工品は避け

生のトマトを与えるように注意しましょう。

 

ケチャップやトマトソースには

タマネギや香辛料など、

猫の体にとって有毒な成分が多く含まれています。

 

場合によっては少し舐めた程度でも

命に危険が生じることもありますので、

トマトを加工した商品は

決して猫に与えないようにしてくださいね。

 

 

 

猫にトマトを食べさせる目安の量は?

 

猫に与えるトマトの量は、

ミニトマトであれば1日に1個まで、

普通のトマトであれば1日に1/16までに

とどめるようにしましょう。

 

これは健康で平均的な運動量を

維持している猫の目安となります。

 

療養中の猫や運動量の少ないシニア猫には

多めの量となりますので、

調節しながら与えてくださいね。

 

また猫にとってトマトは消化しづらい

食材であるため、そのまま与えるより

すり潰したり、茹でで柔らかくして与える方が

好ましいでしょう。

 

 

 

猫におすすめなトマトは?

トマトは1年を通してスーパーで購入できるうえ

品種も豊富に存在しますよね。

 

では、どのようなものを選べば

猫にとって食べやすいのでしょうか?

 

以下に猫におすすめのトマトを3つ紹介

していきます。

 

猫におすすめなトマト1

最初に紹介する猫におすすめのトマトは

無添加トマトパウダーです。

 

100%トマトだけを材料に作られた

トマトパウダーは、

そのままフードのトッピングにしたり

ウエットフードに混ぜ込んだりと

猫に無理なくトマトの栄養を

取らせるのに役立ってくれます。

 

また水に溶かすだけで

簡単にジュースやペーストも作れるため

手作りご飯の材料としても便利ですよ。

 

 

猫におすすめなトマト2

 

2番目に紹介する猫におすすめのトマトは

トマトを使用したウェットフードです。

1缶90円と、値段もお手頃・・

 

トマトの栄養を取らせたいけれど、

そのままでは食べてくれない猫ちゃんに

特におすすめなのが、この

トマト入りウエットフードです。

 

中味はと言うと、ツナなメインになっていて、

とても、嗜好性の高いフードですので

トマトを食べてくれない猫でも

美味しく間食してくれますよ。

 

こちらの缶詰は総合栄養食ですので

これだけで猫に必要な栄養が取れるのも

嬉しいですよね。

 

 

猫におすすめなトマト3

3番目に紹介する猫におすすめのトマトは

アイコトマトです。

 

トマトの栄養を効率よく摂取できる

ミニトマトは、猫だけではなく飼い主さんにも

おすすめの食材です。

 

中でもアイコトマトは酸味が少なく

甘みが強めの品種ですので、

酸っぱいものが苦手な猫でも

比較的食べやすい品種となっています。

 

飼い主さんも一緒に楽しめる

おすすめの品種ですよ。

 

 

猫にトマトを食べさせるおすすめレシピは?

そのままではトマトを食べてくれない猫も

大好きな食材と一緒に手作りご飯にすると

残さず食べてくれるかもしれません。

 

以下に猫におすすめのトマトを使った

手作りご飯のレシピを2つ紹介しますので

参考にしてくださいね。

 

トマトとお肉のスープ

◎材料

鳥のゆで汁 大さじ2杯

豚ひき肉 大さじ2杯

トマト 1cm角を2個

①トマトは皮を剥いて、スプーンの背などで

荒く潰します。

 

②鍋に鳥のゆで汁、豚のひき肉、トマトを入れて

全体に火が通るまで加熱したら完成です。

よく冷ましてから与えましょう。

 

シニアの猫ちゃんに食べさせる場合は

ミキサーにかけてあげると食べやすくなりますよ。

 

 

トマトのファルシー

◎材料

トマト 小さめのものを1個

猫用のツナ缶やツナの水煮缶 1/2缶

とろけるチーズ 5g

①トマトはヘタから2cmほどを切り落とし

中の実と種をスプーンで取り出して

器状にします。

 

②取り出したトマトの実は細かく刻んで

水切りをしたツナと混ぜ合わせ、

トマトの器に入れます。

 

③上にチーズを散らしたら、

170℃に予熱したオーブンで15分焼いて完成。

よく冷ましてから与えてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

猫とトマトというと意外な組み合わせに

感じられますが、実はキャットフードの中には

原料にトマトを使っているものも多くあります。

 

トマトは猫にとっても役立つ食材ですので

ぜひ毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

 

以上『猫にトマトを食べさせるのは大丈夫?注意点や効果、おすすめなレシピも!』の記事でした!