キャベツというと、

意外な組み合わせにも感じられますが

猫草感覚なのか、キャベツを食べる

猫ちゃんは少なくない様子です。

 

しかし、肉食の猫がキャベツを食べても

問題はないのでしょうか?

 

そこで今回は猫にキャベツを食べさせる効果

注意点、キャベツを使った

おすすめのレシピなどを紹介していきます。

 

猫はキャベツを食べさせるのは大丈夫なの?

 

結論からお伝えすると、

猫にキャベツを食べさせても問題ありません。

 

そのためキャベツをつまみ食いしてしまった

ということがあっても、

焦って病院に連れていく必要はありませんよ。

 

また、最近は犬だけではなく猫も

手作りご飯をつくる飼い主さんが増えています。

 

キャベツは1年を通して価格も安定していますし

もしキャベツを食べられる子であれば

手作りご飯の材料としてもおすすめですよ。

 

 

 

キャベツの栄養素は?

キャベツというと、食物繊維が豊富で

整腸作用のある食材という印象が強いですよね。

 

しかし、実はキャベツには食物繊維以上に

含有量の多い栄養素がたくさんあるんです。

 

以下にキャベツに含まれる代表的な栄養素を

紹介していきますので、愛猫のためだけではなく

飼い主さんも参考にしてくださいね。

 

ビタミンU

整腸剤の名前にもなっている

キャベジン”という別名を持つビタミンU

キャベツに含まれる代表的な栄養素です。

 

ビタミンUには胃腸に対する

抗腫瘍作用が認められており、

胃腸に腫瘍をできづらくする効果が

期待できます。

 

また、胃酸の過剰分泌を抑える効果や

胃の粘膜を補修する効果もありますよ。

 

 

ビタミンK

キャベツはビタミンKを豊富に含む野菜で

特に赤キャベツは通常のキャベツの

1.5倍ものビタミンKが含まれます。

 

ビタミンKは血液の凝固を助ける役割

カルシウムを取り込むのを助ける効果を持ち

骨の形成に役立ってくれます。

 

 

ビタミンC

優れた抗酸化作用を持ち

人間にとっては美肌のビタミンとして知られる

ビタミンCもキャベツには豊富に含まれます。

 

最近では抗ストレス作用

抗がん作用も持つ食材として、

ビタミンCは注目を浴びています。

 

またビタミンCには

コラーゲンを生成する作用があるため

健康な関節の形成にも必要な栄養素です。

 

 

葉酸

DNAと結合することで

赤血球を生成する作用のある葉酸

キャベツに含まれる代表的な栄養素です。

 

葉酸は不足すると貧血や口内炎などの

原因にもなるため、特に貧血気味の猫には

取らせてあげたい栄養素ですよ。

 

 

カルシウム

健康な歯や骨の形成に欠かせないカルシウム

キャベツには多く含まれます。

 

カルシウムは特にビタミンCやビタミンKと

合わせて摂取すると効果的なので

全てが取れるキャベツは理想的な食材です。

 

キャベツのカルシウムは外側の葉と芯に

多く含まれていますが

芯には農薬が残留している恐れもあるうえ

加熱しても硬さが残るので

猫に与えるには避けた方が良いでしょう。

 

そのため、猫にカルシウムを

取らせたい場合は、外側の葉を

使用するのがおすすめですよ。

 

 

 

猫にキャベツを食べさせるとどんな効果があるの?

キャベツには多くの栄養素が

含まれていることをお伝えしましたが、

猫にキャベツを食べさせると

どのような効果があるのでしょうか?

 

以下に猫にキャベツを食べさせることで

期待できる効果を3つ紹介していきます。

 

猫にキャベツを食べさせるとダイエットになる!

 

低カロリーで満腹感があるため、

人間にとってもダイエットの

味方として知られるキャベツは、

猫の体重管理にも最適な食材です。

 

とはいえ、猫は肉食の動物で

多くのタンパク質を必要とするため

キャベツに含まれる栄養だけでは

体を維持することはできません。

 

そのため、ダイエット目的で

猫にキャベツを与える場合も

かさまし程度に食べさせるようにしてくださいね。

 

 

猫にキャベツを食べさせると腸内環境がよくなる!

 

キャベツにはビタミンUやの他にも

消化を助ける効果がある酵素、

ジアスターゼも豊富に含まれています。

 

ジアスターゼには

胃酸の過剰分泌を抑える効果

消化を促進して、

胃もたれを軽減する効果があるとされます。

 

そのため、便秘ぎみの猫に

少量のキャベツを与えると

腸内環境の改善や胃もたれの軽減など

嬉しい効果が期待できますよ。

 

 

猫にキャベツを食べさせると老化防止が期待できる!

 

キャベツにはビタミンC以外にも

ビタミンEが含まれており、

ビタミンEも高い抗酸化作用を持つ栄養素です。

 

これらの栄養素は

体内で活性化酸素が発生するのを防ぎ

細胞が老化するのを防ぐ効果が期待できます。

 

また血液中のコレステロールを

下げる効果もあるため、

動脈硬化や心筋梗塞といった病気の予防にも

役立ってくれるでしょう。

 

 

猫にキャベツを食べさせる時に注意することは?

キャベツには豊富な栄養素が含まれますが

猫に与える際には注意する点も多くあります。

 

以下に猫にキャベツを与える場合の注意点を

3つ紹介していきますので、

しっかり確認してくださいね。

 

猫にキャベツを食べさせる時は与え方に注意!

 

猫草感覚で生のキャベツを食べたがる猫も

いるようですが、生のキャベツは猫にとって

消化に負担が掛かる食材です。

 

そのため猫に食べさせるには

柔らかく茹でたものを与えるのが良いでしょう。

 

キャベツに含まれるビタミンは、

ビタミンUを含め水溶性のものが少なくないため

飲んでくれるようであればゆで汁も

一緒に与えると栄養が取れますよ。

 

また、茹でたキャベツを与えることは

水をあまり飲まない猫にとっては水分補給にも

なりますので、キャベツは茹でたものを

食べやすい大きさにみじん切りにして

与えるようにしましょう。

 

 

猫にキャベツを食べさせる時は尿路結石に注意!

 

キャベツにはシュウ酸が含まれているため

多量に摂取した場合、体内のカルシウムと結合して

尿路結石を発症するリスクがあるとされています。

 

犬ではキャベツの与え過ぎは尿路疾患を招く

恐れがあるとされていますが、

猫の場合はどの程度の期間、どの程度の量の

キャベツを食べると尿路疾患のリスクがあがる、

というはっきりとしたデータはありません。

 

しかし、キャベツは与えすぎると

尿路結石を招く危険があるということは

頭に入れて置いた方が良いでしょう。

 

キャベツを食べさせてから、

トイレに行く回数が減った

トイレに行く度に大声で鳴くようになった、

という場合は、尿路トラブルの可能性もあります。

 

このような異変が見られた場合は

キャベツを与えるのをストップして

症状によっては動物病院を受診するようにしましょう。

 

 

猫にキャベツを食べさせる時は量に注意!

 

キャベツには

ゴイトロゲンという成分が含まれており、

過剰摂取をすることでヨウ素の吸収が妨げられて

甲状腺機能が低下する恐れがあるとされています。

 

そのため、甲状腺の治療をしている猫ちゃんには

キャベツを与えないように注意が必要です。

 

また、健康な猫であっても過剰摂取することで

消化不良による下痢や嘔吐を

起こす危険がありますので

猫にキャベツを食べさせる時には

適量を守るようにしてくださいね。

 

 

 

猫にキャベツを食べさせる目安の量は?

 

キャベツを食べさえる適量は

4kg程度の猫で体重で小さじ1杯程度とされています。

 

これは健康で犬種の平均的な運動量を

維持している猫の目安となります。

 

療養中の猫や運動量の少ないシニア猫には

多めの量となりますので、

調節しながら与えてくださいね。

 

 

 

猫におすすめなキャベツは?

猫にキャベツを与えたいと思っても、

食べさせられる量が小さじ1杯となると

どんなものを与えればよいのか

悩んでしまいますよね。

 

以下に、猫に与えるのにおすすめのキャベツ

飼い主さんも一緒に楽しめる美味しいキャベツを

3つ紹介していきます。

 

猫におすすめのキャベツ1

最初に紹介する猫におすすめのキャベツは

乾燥キャベツのふりかけです。

 

こちらは犬用のものですが、

九州産のキャベツを

乾燥させただけのシンプルなふりかけですので

猫にも安心して与えることができます。

 

そのまま与えるのはもちろん、

お湯で少し戻してから使ったり

手作りご飯の材料としても便利ですよ。

 

猫には少し大きめですので、

手でちぎって与えてくださいね。

 

 

猫におすすめのキャベツ2

2番目に紹介する猫におすすめのキャベツは

キャベツパウダーが使われたおやつです。

 

キャベツの整腸作用は気になるけれど、

愛猫がキャベツを全く食べてくれない場合や

そのまま食べさせることに抵抗がある

という飼い主さんに特におすすめなのが

キャベツの栄養が取れる猫用のおやつです。

 

こちらの商品は小袋になっているので

あげすぎてしまう心配も、

食べきる前に香りが飛んでしまう心配もありません。

 

嗜好性も高いので、

キャベツの栄養素が気になる飼い主さんは

おやつから試してみてはいかがでしょうか?

 

 

猫におすすめのキャベツ3

最後に紹介する猫におすすめのキャベツは

千葉県産の無農薬キャベツです。

 

キャベツに含まれるカルシウムは

猫にとっても大切な栄養素ですが

芯はもちろん、外側の葉も残留農薬が気になって

体の小さな猫に与えるのはためらってしまう

という飼い主さんも少なくないでしょう。

 

こちらのキャベツのように

オーガニックのものであれば、

猫ちゃんだけではなく

飼い主さんも農薬の影響を気にすることなく

安心して食べることができますよ。

 

 

猫にキャベツを食べさせるおすすめのレシピは?

猫にキャベツを食べさせる時

茹でたものをそのまま与えるのも良いですが

ひと手間加えて手作りご飯を作ってみませんか?

 

以下にキャベツを使った

猫におすすめのレシピを2つ紹介していきます。

 

鶏肉とキャベツのトッピング

 

◎材料

・鶏の胸肉 適量

・キャベツ 小さじ1杯

①鶏肉は火が通るまで茹でてから

一口大に切ります。

 

②鶏肉を茹でた鍋にキャベツを入れて

柔らかくなるまで茹でてから

みじん切りにしましょう。

 

③鶏肉とキャベツを合わせて

最後にゆで汁をかけたら完成です。

 

普段食べているフードにのせてあげましょう。

 

よく冷ましてから食べさせてくださいね。

 

 

キャベツのお好み焼き

◎材料

・豚ひき肉 適量

・キャベツ 小さじ1杯

・卵 1/2個

・小麦粉 大さじ1杯半

・水 50cc

・青のり 少々

・鰹節 少々

①キャベツをみじん切りにします。

 

②小麦粉を水で溶き、そこに溶き卵

キャベツ、ひき肉、青のり、鰹節

を加えて混ぜあわせます。

 

油をひいていないフライパン

薄く生地を入れて片面ずつ焼いていきます。

 

④火が通ったら完成です。

よく冷ましてから与えましょう。

 

また、上記画像はイメージなので

ソースやマヨネーズはかけないでくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

猫は人間をよく観察していますので

特に飼い主さんの好物などには興味を持つ子も

少なくないようです。

 

しかし、キャベツを含む猫に有害ではない食材も

食べ過ぎてしまうと猫の体にとっては

危険なものとなりますので

適量を守って与えるようにしてくださいね。

 

以上『猫にキャベツを食べさせるのは大丈夫?注意点や効果、おすすめなレシピも!』の記事でした!