猫は本来肉食のうえ、

食べ物へのこだわりも強いため

決まったフード以外には反応しない!

という子も少なくないですよね。

 

ただ、中には飼い主さんの食べている

様々なものに興味を持つ猫もいるようで

りんごを食べる子も少なからずいるようです。

 

しかし、猫はりんごを食べても

大丈夫なのでしょうか?

 

そこで今回は、

猫にりんごを食べさせる効果注意点、

りんごを使ったおすすめのレシピなどを

ご紹介していきます。

 

猫にりんごを食べさせるのは大丈夫なの?

結論からお伝えすると

猫はりんごを食べても問題ありません。

 

りんごには猫にとって

有害な成分が含まれていないため

実の部分を少量与えるだけであれば

健康を害する心配はありませんよ。

 

 

 

りんごの栄養素は?

人間にとっては

医者いらずと言われるほど

健康食としても美容食としても

人気の高いりんご。

 

そんなりんごには、どのような栄養素が

含まれているのでしょうか?

 

以下にりんごの主な栄養素を

紹介していきますので

猫ちゃんだけではなく飼い主さんも

参考にしてみてくださいね。

 

ビタミンC

私達人間にとっては美肌や美白の効果で

知られるビタミンCですが、

コラーゲンの生成を助けて

筋肉や皮膚、骨や歯を

強化する役目もあります。

 

また免疫機能をサポートし、

感染症にかかりにくい

強い体を作るのにも役立ってくれますよ。

 

その他にも、近年は体内の

発ガン性物質の合成を抑制し

細胞に侵入するのを防ぐ

抗ガン作用も期待できる

栄養素として注目されています。

 

 

ポリフェノール

りんごにはリンゴポリフェノールという

強い抗酸化作用を持つ栄養素

含まれています。

 

リンゴポリフェノールには

体内のコレステロール値を下げて

血液をサラサラにする効果がありますよ。

 

特に皮に近い部分に多く含まれています。

 

 

カリウム

カリウムには細胞内にナトリウムが増えると

排出を促しバランスを保つ効果があります。

 

カリウムが不足すると、

細胞内にナトリウムが蓄えられ

高血圧症を引き起こすほかにも

下痢や嘔吐など低カリウム血症に

かかる可能性もあります。

 

 

ペクチン

腸内の有毒物質の排出に役立つ

食物繊維の一種であるペクチン

りんごには豊富に含まれています。

 

ペクチンは食物繊維の中でも

コレステロール値を低下させる作用

脂肪の吸収を抑える作用が高いため

ダイエットに効果的な

栄養素とされているんです。

 

また、腸内の善玉菌を増やして、

腸内環境を良好なものにする効果も

期待できますよ。

 

 

 

猫にりんごを食べさせるとどんな効果があるの?

りんご3

りんごは猫にとっても役立つ栄養素が

含まれる果物ですが、

具体的にりんごを猫に食べさせると

どんなメリットがあるのでしょうか?

 

以下に猫にりんごを食べさせる効果を3つ

紹介していきます。

 

猫にりんごを食べさせると便秘解消になる!

 

りんごにはペクチンの他にも

有機酸が豊富に含まれており、

腸内環境の改善に役立ってくれます。

 

猫は肉食の食性を持つため

どうしても便秘気味になりやすく

腸内環境が改善される

栄養素を摂取することは

便秘予防に効果的ですよ。

 

また便秘予防と一緒に下痢の予防も

期待できるのでお腹が弱い猫ちゃんにも

りんごはおすすめの食材といえるでしょう。

 

 

猫にりんごを食べさせると尿路疾患を予防できる!

 

りんごに含まれるクエン酸には

疲労回復の効果とともに、

余分なカルシウムを

体の外に排出する作用もあります。

 

シュウ酸と結合する前のカルシウムを

除去できることから、

特にシュウ酸カルシウム結石を

予防してくれる効果が期待できますよ。

 

 

猫にりんごを食べさせると老化防止が期待できる!

 

りんごに含まれるポリフェノールには

同じく抗酸化作用を持つゴマに含まれる栄養素

“セサミン”の15倍以上の

抗酸化作用があるとされています。

 

抗酸化作用のある栄養素を取ることで

細胞の働きが活性化されて、

猫の老化防止の効果も期待できることから

特にシニアの猫ちゃんにとっては

りんごは役立つ食材であるといえるでしょう。

 

 

猫にりんごを食べさせる時に注意することは?

適切に与えれば、猫にとっても

役立つ食材であるりんごですが

与え方を間違うと危険な果物でもあります。

 

以下に猫にりんごを食べさせる時に

注意することを3つ紹介していきますので

よく確認してくださいね。

 

猫にりんごを食べさせる時は種を与えない!

 

りんごの種には、

シアン化水素と呼ばれる毒が

含まれています。

 

人間であれば、1度に

100個程度のりんごを食べない限り

体に影響はないと言われていますが

人間より体が小さいうえに、

食べ物の消化も不得意な

猫が種を摂取するのは危険です。

 

毒性がなかったとしても

りんごの種は硬いため、

喉に詰まる、腸に詰まるなどの

トラブルも起こしかねませんので、

猫にりんごを与える時は

種を取り除いてあげてくださいね。

 

 

猫にりんごを食べさせる時はアレルギーに気を付ける!

 

猫に初めて食べる食材を与える時は

アレルギー反応がないか確かめながら

少しずつ与える必要があります。

 

もしリンゴを食べた後に

痒がる様子眼の充血

嘔吐や下痢といった異変が見られた場合は

すぐに与えるのをやめてくださいね。

 

特にりんごはシラカバの

アレルゲンと似た構造を持つため、

シラカバの花粉にアレルギーのある

猫ちゃんは食べるのを控えた方が安心でしょう。

 

 

猫にりんごを食べさせる時は量に気を付ける!

 

猫にりんごを与える場合は、

みじん切りにしたものや

すりおろしたものなどをごく少量

食べさせるようにしましょう。

 

りんごは好き嫌いがはっきりと分かれる食材で

酸味が嫌で全く食べてくれない子もいれば

美味しそうにシャリシャリかじる子もいます。

 

猫にとっても嬉しい栄養素の多い果物とはいえ

りんごは糖分も多いため、取りすぎた場合は

肥満などの他の症状を招く可能性も高いです。

 

本来は食べなくても問題のない

嗜好品ですので、りんごを与える時は

適量を守るようにしましょう。

 

 

 

猫にりんごを食べさせる目安の量は?

りんご4

 

猫が1日に食べるりんごの量の目安は

体重が4kgの猫の場合、

すりおろしたものを大さじ1杯程度です。

 

人間からすると驚くほど少ない量ですが

これ以上与えると

糖分を取りすぎてしまったり、

主食であるフードを

食べなくなる恐れがあるため

この量を守るように注意してくださいね。

 

また、この量は健康で

一般的な活動量のある

猫にとっての目安となりますので

愛猫の年齢に応じて調整が必要となります。

 

りんごにはカリウムが含まれますので

カリウム補助の治療を受けている腎臓病の

猫には食べさせないようにしてくださいね。

 

 

 

猫におすすめなりんごは?

猫にりんごを食べさせる場合は

1度にごく少量をとお伝えしましたが

それだと猫のために

りんごを買った場合などは

使い切る前に傷んでしまいますよね。

 

では、猫に安心して与えられるような

りんごを使ったおやつなどはあるのでしょうか?

 

以下に、猫におすすめの

りんごを使ったおやつ

猫と一緒に飼い主さんも楽しめるような

美味しいりんごを3つ紹介していきます。

 

猫におすすめなりんご1

最初に紹介する

猫におすすめのりんごは

乾燥りんごのおやつ

 

こちらは犬用に作られたものですが

超小型犬種でも食べやすいよう

細かくカットしたりんごを

乾燥させているため、

猫にも安心して与えることができますよ。

 

食感もふんわりと仕上がっているので

猫が咬み切れないといった心配もありません。

 

色々な種類のりんごが入っているのも

見た目が楽しくて良いですね。

 

 

猫におすすめなりんご2

2番目に紹介する

猫におすすめのりんごは

ペースト状のりんごのおやつです。

 

こちらも犬用のおやつなのですが

保存料や着色料が使用されておらず

猫にも安心して

与えることができる商品です。

 

1回1回猫に与えるだけ

りんごをすりおろすのは

大変な作業になってしまいますが、

こちらの商品なら

そのまま与えることができるので

手軽にりんごの栄養を

取らせることができますよ。

 

一本づつ、真空パックになっているので、

持ち運びにも便利で、猫ちゃんとお出かけする

時でも、気軽に与える事ができます。

 

元気がない時のエネルギー補給や、

暑い時期の熱中症対策にも

役に立ってくれそうです。

 

 

猫におすすめなりんご3

3番目に紹介する

猫におすすめのりんごは

完熟のサンふじです。

 

ネットで果物を購入する場合

味はもちろん気になるのですが、

送料がかかってしまうことや

食べきれないほどの量が届いてしまうこと

ネックになってしまいますよね。

 

こちらの商品は

食べきりやすい2kgのりんごが

蜜がたっぷりの完熟状態で届くうえ

送料も無料とお得です。

 

収穫するギリギリまで

樹に成らせた状態にすることから、

着日指定はできないのですが

甘いりんごが好き!という飼い主さんなら

愛猫と一緒に楽しむことができますよ。

 

 

猫にりんごを食べさせるおすすめのレシピは?

りんごに含まれる栄養素を取らせたくても

猫が食べてくれないこともありますよね。

 

りんごの酸味を嫌がる

猫も少なくないでしょうから

仕方のないことなのですが、

ひと手間加えて手作りご飯にしてあげれば

食べてくれるかもしれませんよ。

 

以下にりんごを使った

猫におすすめのレシピを2つ

紹介していきますので、

ぜひ参考にしてくださいね。

 

りんごのクリームチーズサラダ

◎材料

りんご 20g

さつまいも 20g

クリームチーズ 20g

豆乳 大さじ1杯

鶏のササミ 30g

①さつまいもとりんごを一口大に切ります。

 

②鶏のササミは茹でた後、

食べやすい大きさに裂きましょう。

 

③さつまいもはラップをかけて電子レンジへ。

柔らかくなるまで加熱してください。

 

④さつまいもが柔らかくなったら

クリームチーズに豆乳を足して電子レンジへ。

2分程加熱してなじませましょう。

 

⑤材料を全て混ぜて、完成です。

よく冷ましてから与えてくださいね。

 

 

りんごソースのポークステーキ

◎材料

豚肉 2切れ

りんご 1/16個

ジャガイモ 1/4個

①りんごは皮を剥いてみじん切りにし、

ジャガイモは細かめの千切りにします。

 

②温めたフライパンに

豚肉、りんご、ジャガイモを

入れて焼いていきます。

 

ジャガイモはまとめてフライパンに

押し付けるように焼いて、

ガレット状にしましょう。

 

③全てに火が通ったら

豚肉を一口大に切って

ジャガイモ、豚肉、りんごの順番に

盛り付けて完成です。

 

こちらも同様に、

よく冷ましてからあたえてくださいね。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

猫がりんごを食べられるというのは

意外な気がしますが、

食べたがるようであれば

与えても問題がない食材ですので、

適量を守って食べさせてあげてくださいね。

 

以上『猫にりんごを食べさせるのは大丈夫?注意点や効果、おすすめなレシピも!』の記事でした!