最近は好きな野菜ランキングなどの

上位に登場するようになったにんじん

 

しかし、にんじんが好きなのは

人間だけではなく、猫の中にも

にんじん好きな子がいるそう。

 

とはいえ、本来は肉食の食性を持つ猫が

にんじんを食べても大丈夫なのでしょうか?

 

そこで今回は、

猫ににんじんを与えるメリットや

注意点、にんじんを使った

猫におすすめのレシピを紹介していきます。

 

猫はにんじんを食べても大丈夫?

結論からお伝えすると

猫がにんじんを食べても問題はありません。

 

猫用のおやつの原材料にも

にんじんが含まれていることがあるので

野菜そのものを食べたことが無くても

実はにんじんが好きという猫も

いるかもしれませんよ。

 

 

 

にんじんの栄養素は?

猫にも食べさせることができるにんじんですが

どのような栄養が含まれているのでしょうか?

 

以下に、にんじんに含まれる代表的な

栄養素を紹介してきます。

 

βカロテン

にんじんに含まれる代表的な栄養素として

真っ先に思いつくのが、βカロテン

 

βカロテンには免疫力を高める作用

抗がん作用が期待できます。

 

また皮膚や粘膜の状態を

改善する効果もあるため

被毛を健康に保つのにも役立つでしょう。

 

 

食物繊維

腸内環境を改善し、

便通をうながす食物繊維

にんじんには豊富に含まれます。

 

猫は人間に比べて

食物繊維の消化が得意ではないため、

過剰に取りすぎてしまうと

消化不良を起こす可能性もありますが

適量を守って摂取すれば、

便秘の予防に役立ってくれますよ。

 

 

カリウム

カリウムには細胞内のphや

浸透圧を維持する役割があり、

体内の塩分濃度を

調整してくれる作用があります。

 

また、血圧の上昇を防いでくれる効果

余分な老廃物を体外に出す

利尿作用も期待できますよ。

 

猫はカリウムが不足すると、

下痢や嘔吐などといった症状を引き起こす

低カリウム血症にかかる危険もあるため

特にシニアの猫は

摂取したい栄養素の一つです。

 

 

 

猫ににんじんを食べさせるとどんな効果があるの?

猫にとっても栄養が豊富なにんじんですが

食べさせることでどのようなメリットが

あるのでしょうか?

 

以下に、猫ににんじんを食べさせることで

期待できる効果を3つ紹介していきます。

 

猫ににんじんを食べさせると老化防止になる!

 

にんじんに含まれるβカロチン

またβカロチンを元に

体内で生成されるビタミンAは、

ともに強い抗酸化作用を持つ栄養素です。

 

猫は犬と違って

体内でビタミンAを生成するのが

得意ではありません。

 

しかし、にんじんに含まれる豊富な

βカロチンを摂取するだけでも

活性化酸素の増加を防ぎ、

細胞を若々しく保つ効果は期待できます。

 

アンチエイジング、というと

シニア猫にのみ必要な

栄養のように聞こえますが、

健康な体を維持するために

若い猫にとってもにんじんは

メリットのある食材と言えるでしょう。

 

 

猫ににんじんを食べさせると毛玉ケアになる!

 

にんじんには

食物繊維が多く含まれるうえ、

低カロリーなことから

私達人間にとっては

ダイエットに有効な食材として

知られていますよね。

 

便秘になりがちな猫にとっても

食物繊維は嬉しい栄養素なのですが

腸内環境を整えてあげれば

飲み込んだ毛を便と一緒に

排泄させる効果も期待できます。

 

そのため、特に換毛期に

毛玉がなかなか吐けず

餌付いている猫ちゃんには

にんじんはおすすめの野菜ですよ。

 

 

猫ににんじんを食べさせると体重管理に役立つ!

 

にんじんにはビタミンB2も含まれており

この栄養素には、摂取した栄養を効率よく

エネルギーに変換する作用があります。

 

そのため、脂肪がたまりにくい体を

作ることができ

猫の体重管理にも役立ってくれますよ。

 

ビタミンB2には水溶性のため

茹でたり煮たりすると

栄養が流れ出てしまいます。

 

とはいえ猫に生のにんじんを

食べさせると、消化不良を

起こしてしまう可能性もあるので

茹でた場合は茹で汁ごと与える、

または蒸したものを与えるようにして

ビタミンB2をしっかり

取らせるようにしましょう。

 

 

猫ににんじんを食べさせる時に注意することは?

食べても問題がないうえ、

栄養も豊富なにんじんですが

猫に与える時には注意すべきこともあります。

 

以下に猫ににんじんを食べさせる時に

注意することを3つ紹介していきます。

 

猫ににんじんを食べさせる時は与え方に注意!

 

猫ににんじんを食べさせる時は

茹でるなどして、柔らかくしてから

与えるようにしましょう。

 

生のにんじんをかじるのが好きな子も

いるかもしれませんが

生のにんじんは猫にとっては硬く

消化不良を起こす以外にも

飲み込んでしまった場合に

腸閉塞を起こす危険もあります。

 

水溶性のビタミンも摂取させたいけれど

スープを飲んでくれない場合は、

蒸して与えるか生のにんじんを

すりおろして与えてくださいね。

 

また油で焼いたにんじんを与えるのも

猫にとって食用油は有害な食材ですので

避けてください。

 

 

猫ににんじんを食べさせる時はアレルギーに注意!

 

どんな食材でも、

初めて猫に与える場合は

アレルギー反応が出ないか

少しずつ様子を見ながら

与える必要があります。

 

にんじんそのものにアレルギーを持つ猫は

多くはないと思われますが

にんじんはヨモギの持つアレルゲンと

似た構造を持つので、

ヨモギにアレルギーがある猫は

特に注意が必要ですよ。

 

初めてにんじんを食べさせる場合は

痒がる、目や粘膜が充血する、

嘔吐や下痢といったアレルギー反応

ないかどうかしっかりと確認しながら

与えるようにしてくださいね。

 

また、与えた際に異変が見られたら、

すぐに食べさせるのを中止しましょう。

 

 

猫ににんじんを食べさせる時は量に注意!

 

猫は食物繊維の消化が

あまり得意ではないため

にんじんのような食材を過剰に摂取すると

消化不良を起こして下痢や嘔吐といった

症状を起こす危険があります。

 

また、にんじんに含まれるβカロチン

取りすぎてしまうと肝臓に悪い影響を与える

危険性がありますので、

猫ににんじんを与える時には

適量を守るようにしましょう。

 

 

 

猫ににんじんを食べさせる量の目安は?

 

猫ににんじんを与える場合はは

1日に小さじ1杯程度の量にとどめるのが

好ましいでしょう。

 

これは体重4kg程度の

健康な猫にとっての適量となりますので

愛猫の体重や年齢によって

増減させるようにしてくださいね。

 

また、腎臓病の治療中の猫の場合は

にんじんに含まれるカリウムを摂取することが

病状の悪化に繋がることもあるため

どうしても与えたいという場合は

かかりつけの動物病院で

相談してからにしましょう。

 

 

 

猫におすすめなにんじんは?

にんじんにも色々な種類があり、

漢方薬の材料として知られる朝鮮ニンジンなど

猫に与えるのは避けた方が良いものも

中には存在します。

 

以下に、猫に食べさせるのに

おすすめのにんじんを使った商品を3つ

紹介していきますので

参考にしてみてくださいね。

 

猫におすすめなにんじん1

最初に紹介するのは

にんじんのふりかけです。

 

犬のおやつとして

販売されている商品ですが、

国産のにんじんだけを使用しており

余計なものが含まれていないため

猫にも安心して与えることができますよ。

 

そのままおやつとしてはもちろん、

フードのトッピングとしても使えるので

使い勝手が良い商品です。

 

 

猫におすすめなにんじん2

2番目に紹介するのは

にんじんフレークです。

 

赤ちゃんの離乳食にも使える

北海道産のにんじんが

そのまま使われたフレークですので、

猫にも食べさせることができますよ。

 

お湯をかけてペースト状にしたり

スープにして与えたりと

幅広く使用できるのも嬉しいポイント。

 

猫におやつとして与えるだけの量の

にんじんを蒸したり

すりおろしたりするのは大変ですが、

これなら手軽に与えられますね。

 

 

猫におすすめなにんじん3


3番目に紹介するのは

無農薬の訳ありにんじんです。

 

猫ににんじんを与える場合、

その栄養を無駄なく取ってもらえるよう

皮付きのまま与えるのが好ましいです。

 

しかし、農薬のことを考えると

皮付きのまま与えるのは過熱しても

不安が残ってしまいますよね。

 

にんじんを選ぶポイントとしては、

やはり無農薬のものを選びましょう。

市場には出せないような傷があったり

するのが、訳あり人参になります。

 

たとえ、形が不揃いであったとしても

普通に購入するよりも、手ごろな価格で購入

することも可能です。

 

ちなみに、上記の訳あり無農薬にんじんは

送料無料で、とてもお得感があるので、お勧めですょ

 

愛猫はもちろん、飼い主さんも

皮ごと調理したりジュースのしたりと

楽しむことができます。

 

 

猫ににんじんを食べさせるおすすめレシピは?

にんじんを蒸したものをそのまま与えても

猫にとっては美味しいおやつになりますが

ひと手間加えて手作りご飯を作ってみるのは

いかがでしょうか?

 

にんじん以外にも猫が食べられる野菜と

組み合わせて食べることで

より効果的に栄養を取ることができますよ。

 

以下に、にんじんを使った

猫におすすめのレシピを2つ紹介していきます。

 

鶏肉とにんじんのスープ

◎材料

鶏のササミ

白菜

にんじん

①白菜とにんじんはみじん切りにします。

 

②鍋に水と野菜を入れて火にかけ

沸騰したら鶏のササミもいれましょう。

 

③再度沸騰したら弱火にして

鍋に蓋をして30分程じっくり火を通します。

 

④食材が柔らかくなったら鍋を火からおろし

ササミを取り出して、食べやすい大きさに

切っていきます。

 

⑤細かくしたササミを鍋に戻して完成です。

しっかり冷ましてから食べさせてくださいね。

 

多めに作って、小分けにして食べさせたり

アレンジをして与えるのにもおすすめの

ヘルシーなスープですよ。

 

 

3色野菜のトッピング

◎材料

にんじん 1cm

さつまいも 1cm

アスパラガス 1/4本

①アスパラガスは皮を剥きます。

 

②沸騰したお湯の中に全ての野菜をいれ

柔らかくなるまで茹でます。

 

③火が通ったら、

野菜を一口大の大きさに切って

よく冷ましてから

フードの上にトッピングして完成です。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

猫がにんじんを食べるというのは

意外な気もしますが

にんじんに対してまたたびのような

反応をする猫も多く、

にんじんが好きな猫は少なくありません。

 

注意するポイントや与える量さえ守れば

猫にとっても役立つ食材ですので

ぜひ毎日の食事に

にんじんを活用してみてくださいね。

 

以上『猫ににんじんを食べさせるのは大丈夫?注意点や効果、おすすめなレシピも!』の記事でした!