猫のおやつにはカニ風味のものも多く

カニの味を好む猫ちゃんも

少なくはないかと思います。

 

また、家でカニ鍋などをしていると

興味津々でやってきて

お裾分けをねだってくる子もいるでしょう。

 

しかし、カニ風味のおやつではなく

本物のカニというのは

猫に与えても大丈夫な食材なのでしょうか?

 

以下に猫にカニを与える場合の注意点や効果

カニを使ったおすすめのレシピを紹介していきます。

 

猫にカニを食べさせるのは大丈夫なの?

猫は刺身も好んで食べるため、

カニも与えて大丈夫だろうと

思われがちですが、

生のカニは絶対与えないようにしてください。

 

生のままカニを食べると、

猫はビタミンB1欠乏症になってしまい

ふらつきや歩行困難などを

引き起こす危険があります。

 

そのため、猫にカニを与える場合は

茹でるなどして加熱したもの

与えてくださいね。

 

 

 

カニの栄養素は?

私達人間にとっては栄養がなくても

食べたいほど美味しいカニですが、

どんな栄養素を持つ食材なのでしょうか?

 

以下に、食用のカニの中でもメジャーな

ズワイガニに含まれる

代表的な栄養素を紹介していきます。

 

アスタキチンサン

スワイガニにはβカロチンや

リコピンと同じ、カロチノイドである

アスタキチンサンが多く含まれています。

 

アスタキチンサンは

高い抗酸化作用を持ち、

活性化酸素の増加を防いで

血管を丈夫にする効果

免疫力を高める効果が期待できます。

 

また、目や被毛の機能の改善にも

役立ってくれますよ。

 

 

ビタミンB12

ズワイガニは

ビタミンB12を豊富に含む食材です。

 

ビタミンB12には赤血球を作るのに欠かせない

ヘモグロビンの生成を促す効果があるため

貧血の予防や改善に役立ってくれます。

 

また、神経機能を正常に整える効果もあるため

痺れや眼精疲労などの改善にも効果的です。

タンパク質

肉食の猫にとってタンパク質

欠かすことのできない栄養素です。

 

カニの身には脂肪がほとんどなく

筋肉で構成されているため

効率的に良質なタンパク質を

とることができますよ。

 

 

カリウム

体内のphバランスを整えて

余分な塩分の排出に役立ち、

血圧の上昇を抑えてくれるカリウム

カニには含まれています。

 

またカリウムには利尿作用があるため、

体内の新陳代謝を促す効果も期待できますよ。

 

 

 

猫にカニを食べさせるとどんな効果があるの?

カニには猫にとっても役立つ栄養素が

含まれていることをお伝えしましたが、

具体的には猫にカニを与えると

どのような効果があのでしょうか?

 

以下に、猫にカニを食べさせることで

期待できる効果を2つ紹介していきます。

 

猫にカニを与えると老化防止が期待できる!

 

カニに含まれるアスタキチンサンには

ビタミンEの1000倍もの抗酸化作用が

認められています。

 

そのため、猫の免疫力の向上に役立ち

抗ストレス作用なども期待できます。

 

アスタキチンサンの持つ抗酸化作用は

関節の強化や目の健康維持にも効果的なため

シニア猫ちゃんだけではなく、

若い猫にとってもメリットがありますよ。

 

 

猫にカニを与えるとカリウム不足が防げる!

 

猫は体内でミネラルを生成できないため

食事から十分な量のカリウムを

取れなかった場合に、

低カリウム血症”を発症することがあります。

 

抵カリウム血症になった猫は

体重の減少や食欲の減少、

ふらつきや嘔吐、四肢の筋肉痛といった

様々な症状が見られます。

 

健康で若い猫であれば、

キャットフードなどの通常の食事から

十分なカリウムが取れますが、

高齢の猫の場合は

カリウムが不足することもあります。

 

そのため、どうしてもフードを

食べてくれない場合などに

茹でたカニを少量与えるのも効果的でしょう。

 

 

猫にカニを食べさせる時に注意することは?

猫にカニを食べさせる時には

必ず加熱する必要がある

お伝えしましたが、

他にはどのようなことに

注意すれば良いのでしょうか?

 

以下に猫にカニを食べさせる際の注意点を

5つ紹介していきます。

 

猫にカニを食べさせる時は甲羅に注意!

 

猫にカニを食べさせる場合、

甲羅などの硬い部分は

しっかり取り除いてから

与えるようにしましょう。

 

殻だけではなく腱などの硬い部分も

猫にとっては食べるのが困難なうえ、

無理に猫が食べようとすると

口内や口の周りに

怪我を負ってしまう可能性もあります。

 

また、細かいものでも

体内に入ってしまうと

消化不良を起こして

下痢や嘔吐を起こす危険もあるので、

猫にカニを食べさせる場合は

必ず身だけをほぐして与えてくださいね。

 

 

猫にカニを食べさせる時はアレルギーに注意!

 

どんな食材でも初めて猫に与える場合は

ごく少量ずつ時間を空けて与えて

アレルギー反応が出ないか

確認する必要があります。

 

特にカニは、

甲殻類アレルギーと呼ばれるほど

アレルギーを持つ人が多い食材ですので

猫に与える場合も注意が必要ですよ。

 

そのため猫にカニを初めて与える場合は

下痢や嘔吐といった症状はもちろん

痒がる、目の粘膜の充血といった

変化がないか確認をしながら

食べさせるようにしましょう。

 

少しでも異変が見られた場合は

カニを食べさせるのを辞めて、

必要と感じたら

動物病院を受診してくださいね。

 

また人間の場合は

エビにアレルギーを持っている場合

65%の確率でカニにも

アレルギー反応が出るとされています。

 

そのため、過去に猫専用のおやつとして

販売されている干しエビなどを食べて

アレルギー反応が見られた場合は

カニも食べさせないほうが良いでしょう。

 

 

猫にカニを食べさせる時は人間用のものは与えない!

 

猫にカニを与える場合は、

茹でたものをそのまま

味付けせずに与えるようにしましょう

 

また、油で炒めたカニも

猫にとっては脂肪過多になってしまい

有害なので避けてくださいね。

 

 

猫にカニを食べさせる時はカニカマは与えない!

 

手ごろな価格で

カニの風味が味わえるカニカマ

私達人間にとっては嬉しい食材ですよね。

 

しかし、猫にとっては生のカニ同様に

危険な食材ですので

決して与えないようにしてください。

 

カニカマには食塩や砂糖の他にも

添加物が使用されており

猫の内臓にダメージを

与える可能性があります。

 

もし愛猫が食べたそうにしていて

どうしても食べさせてあげたい場合は

猫専用に作られたものを与えてくださいね。

 

 

猫にカニを食べさせる時は量に注意!

 

猫にカニを与える場合、

ビタミンB1を破壊する

酸素チアミターゼを壊すために

加熱したから与える必要があるのですが

火を通してものであっても

大量に与えるのは危険です。

 

そのため、猫にカニを与える場合は

ごく少量にとどめるようにしてくださいね。

 

 

 

猫にカニを食べさせる目安の量は?

 

猫にカニを与える量は

1日に3g~5g程度

とどめるようにしましょう。

 

カニにはタウリンが含まれ

これは猫にとって必要な栄養素なのですが

キャットフードにも十分な量が含まれています。

 

そのため、食事以外のおやつから

タウリンを過剰に摂取してしまうと

消化不良を起こして

下痢や嘔吐の原因にもなりますので

与え過ぎには注意してくださいね。

 

 

 

猫におすすめなカニは?

猫に人間用のカニカマや

加工品は禁物とお伝えしましたが

どのようなものを与えるのが

良いのでしょうか?

 

以下に猫に安心して食べさせられる

おすすめのカニを3つ紹介していきます。

 

猫におすすめなカニ1

最初に紹介するのは

猫用のカニカマです。

 

人間用のカニカマと違って

食塩を含む添加物が使われていないため

安心して与えることができますよ。

 

猫はおやつやフードの香りが落ちると

食いつきが悪くなる傾向があるので

短期間に与え切れる量

ジッパーがついた袋に入っているのも

嬉しいですよね。

 

細かく裂いてあげれば

フードのトッピングとしても使えますよ。

 

 

猫におすすめなカニ2

2番目に紹介するのは

鶏ささみとカニが原材料のちゅーる

 

多くの猫が大好きなちゅーるにも

カニの栄養がとれる商品が存在します。

 

ピューレ状になっているため

歯が弱い猫ちゃんでも食べやすく、

しっかり材料にカニが使われているので

カニの栄養もしっかり取ることができますよ。

 

猫のおやつのために

少量のカニを茹でるのは

現実的ではありませんが

こちらのような専用のおやつなら

いつでも手軽に与えられますね。

 

 

猫におすすめなカニ3


3番目に紹介するのは

ズワイガニのポーションです。

 

生でも食べられることができる

鮮度の高いズワイガニのむき身

 

飼い主さんはお刺身やお鍋に、

愛猫には少しだけ茹でて

お裾分けといったように

分け合って食べることができますよ。

 

冷凍で届くので、来客時など

特別な日に合わせて食べるのにも

おすすめです。

 

殻がついていないむき身タイプなので

捌く必要がないのも嬉しいですね。

 

 

猫にカニを食べさせるおすすめレシピは?

猫にとっては茹でただけのカニでも

十分食べ応えのあるおやつなのですが

ひと手間加えて

手作りごはんを作るのもおすすめです。

 

以下に、カニを使った猫に

おすすめのレシピを

2つ紹介していきますので、

参考にしてみてくださいね。

 

猫用カニカマを使ったヘルシーご飯

◎材料

ジャガイモ 1/4個

キャベツ 1/2枚

猫用カニカマ 3g

水 25cc

①ジャガイモは芽を取り除いてから

皮をむいてラップにくるみ

電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。

 

②加熱したジャガイモを

フォークなどで潰して冷まします。

 

③沸騰したお湯に

一口大に刻んだキャベツを入れて茹で、

柔らかくなったら

カニカマも入れてサッと火を通します。

 

④火を消してからジャガイモを加えて完成です。

 

猫用のカニカマを使った

簡単に作れるご飯ですが、

与える際はよく冷ましてあげてくださいね。

 

 

鶏ささみとカニのスープ

◎材料

鶏のササミ 1/3本

カニ(猫用のカニカマでもOK) 3g

にんじん 3g

大根 6g

わかめ 少量

材料を全て一口大にカットします。

 

②鍋に水を入れて野菜を茹でていきます。

 

③野菜が柔らかくなったら、鶏のササミ、

カニ、わかめをいれてさらに加熱。

 

④材料全てが火が通ったら完成です。

 

こちらも先ほどと同様に、

しっかり冷ましてから与えましょう。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

猫は海産物が好きという印象があるため

カニも食べられるのではないかと思われがち。

 

しかし与え方を間違ってしまうと

カニは猫にとって

とても危険な食材でもありますので、

愛猫と一緒にカニを楽しむ場合が

与え方や量を守ってくださいね。

 

以上、『猫にカニを食べさせるのは大丈夫?注意点や効果、おすすめなレシピも!』の記事でした!