いちごは、老若男女問わず

人気が高い食べ物ですよね。

 

そんな美味しいいちごを

飼い猫にも食べさせたい!

思う飼い主さんも多いはず。

 

そこで今回の記事では

猫にいちごを食べさせても良いのか、

また食べさせる際の注意点

おすすめレシピなどをご紹介していきます。

 

猫にいちごを食べさせるのは大丈夫なの?

 

ではまず、

「猫はいちごを食べても良いの?」

という疑問への解答です。

 

猫はいちごを食べても問題ありません。

 

それどころか、いちごに含まれる

さまざまな栄養素のおかげで、

猫の体を健康にする効果まであるんですよ。

 

ただし、猫は本来いちごのような

植物性の食べ物は食べない動物。

 

いくら健康に良いからと言って

いちごを猫の主食にしてしまうような、

偏った与え方はいけません。

 

あくまでも、いちごはおやつとして

猫に食べさせてあげてくださいね。

 

 

 

いちごの栄養素は?

フルーツというイメージの強いながらも、

実は分類上は野菜に該当する”いちご”。

 

そんないちごには、

どのような栄養素が

含まれているのでしょうか?

 

ビタミンC

いちごに豊富に含まれている栄養素として

真っ先に挙げられるのが、

この『ビタミンC』。

 

ビタミンCの働きは体の免疫力アップ、

傷の治癒を早める、老化防止など

多岐にわたります。

 

また、がん予防にも

効果があるとされていますよ。

 

 

食物繊維

いちごには『食物繊維』も含まれています。

 

猫が食物繊維を

消化・吸収することはできませんが

猫の腸内環境を良くする効果があります。

 

 

カリウム

続いて紹介する『カリウム』は、

体内の余分な塩分を排出する役割を持ちます。

 

塩分過多による

体のむくみ解消に役立ちますよ。

 

 

マグネシウム

こちらの『マグネシウム』は、

骨の構成に関わったり、

神経伝達にも関係する栄養素。

 

不足すると欠乏症を引き起こしますが、

多すぎても尿路結石などの病気を招き、

バランスが難しい栄養素です。

 

 

葉酸(ビタミンB9)

最後に紹介するのが、

『葉酸(ビタミンB9)』です。

 

葉酸は胎児の成長に

大きくかかわる栄養素であり、

妊娠前・妊娠期の猫は

特に多く摂取する必要があります。

 

 

 

猫にいちごを食べさせるとどんな効果があるの?

では、具体的に猫がいちごを食べると

どのような効果があるのでしょうか?

 

猫にいちごを食べさせるとお腹の調子を整えてくれる!

 

いちごには食物繊維が含まれていますね。

 

この食物繊維は、猫の腸内環境を

整えてくれる効果がありますよ。

 

食物繊維自体を、

猫は消化吸収することはできません。

 

しかし、腸内で食物繊維は

腸の内容物を増やす役目を果たします。

 

すると便の量が増え、

便秘などの改善をしてくれるといわれています。

 

日頃お腹が緩かったり、

便秘気味の猫には

いちごを与えてみると良いかもしれませんね。

 

 

猫にいちごを食べさせると健康な体作りに役立つ!

 

いちごに多く含まれるビタミンCは、

風邪やストレスに対する抵抗力を

アップさせてくれる効果があります。

 

おまけに、ビタミンCには

病気の感染を防いだり、細胞に働きかけて

ケガの治癒を早めてくれる効果もあるんですよ。

 

つまり猫がいちごを食べると

健康な体を作るのに役立つんです。

 

ビタミンCは

猫にとって必須のビタミンですから、

おやつとしていちごを与え、

効率良く摂取させられると良いですね。

 

 

猫にいちごを食べさせるとダイエットに効果的!

 

『いちごは甘いからカロリーが高い』

 

そう思っている方も

多いかもしれませんが、実は違います。

 

いちご100gにつき、

含まれるカロリーは

たったの34kcalなんだとか。

 

この数字は、ブロッコリーや

にんじんとあまり変わらないんです。

 

このため、猫にいちごを

おやつとして食べさせると

ダイエットに繋がりますよ。

 

いちごが大好きな猫には

おやつとしていちごを与え、

低カロリーな食事にしてあげてください。

 

 

猫にいちごを食べさせる時に注意することは?

猫にいちごを与える際に

注意してもらいたいポイントがいくつかあります。

 

続いて、猫にいちごを食べさせる際の

気を付けてもらいたい点をいくつかご紹介しますね。

 

猫にいちごを食べさせる時は何もつけない!

 

人間の場合、いちごに練乳などをかけて

食べることも多いですよね。

 

人であれば問題ないのですが、

猫に練乳のような調味料を加えると

糖分過多となってしまいます。

 

特に猫の場合、甘みを感じる

味覚がないとされています。

 

飼い主さんにとってはおいしい

練乳をかけたいちごも、

甘味を感じることができません。

 

そのため、普通のいちごと味は変わらないのに

糖質だけ多く摂取させることになってしまいます。

 

そもそも、猫はもともと調味料で味を調える

習慣はありませんよね。

 

ですから、猫にいちごを食べさせるときは、

何もつけずそのまま与えましょう。

 

 

猫にいちごを食べさせる時は『キシリトール』に注意!

 

いちごには、微量ですが

『キシリトール』という成分が含まれています。

 

このキシリトールは

虫歯になりにくい糖分として知られていますが、

猫にとって有害な成分なんです。

 

いちごに含まれる量は少ないため、

一粒食べたくらいで

体に悪影響が出ることはありません。

 

しかし、猫にいちごを

たくさん食べさせてしまうと、

キシリトール中毒を

引き起こす可能性がありますよ。

 

また、猫によって

中毒を起こしてしまう量も変わります。

 

猫にいちごを食べさせた後、

嘔吐するなどの異常を発見したら、

ただちに動物病院へ連れて行きましょう。

 

ちなみに、いちごのほかに

キシリトールが含まれるものとして、

人間の歯磨き粉やキシリトールガムがあります。

 

これらにはいちごよりも

多量のキシリトールが含まれていますから、

絶対に猫には与えないでください。

 

 

猫にいちごを食べさせる時は量に注意!

 

いちごは食物繊維やビタミンCなどを多く含む、

猫の健康に良い食材です。

 

しかし、だからといって

与えすぎてはいけません。

 

先ほどお伝えしたように、

いちごには猫に有害な成分、

キシリトールが入っています。

 

キシリトール中毒を防ぐためには、

食べさせる量を抑える以外に方法はありません。

 

また、食物繊維は猫にとって消化しにくいもの。

 

与えすぎは逆に

下痢などを引き起こす原因になります。

 

このような理由から、

猫にいちごを食べさせるときは必ず量を決めて

それ以上は与えないようにしましょう。

 

 

 

猫にいちごを食べさせる目安の量は?

では猫が食べても大丈夫な

いちごの量はどのくらいなのでしょうか?

 

猫は人間よりも体が小さな生き物ですから、

一度に与えるいちごの量は

粒ほどが良いでしょう。

 

また、毎日ではなく週に一度ほどの頻度で、

おやつとして食べさせるのが最も良い方法ですね。

 

 

 

猫におすすめないちごは?

続いて、猫に食べさせるのに

おすすめないちごの商品を見ていきましょう。

 

猫におすすめないちご1

まず初めにご紹介するのが

ピューレ状のいちごの商品です。

 

ピューレであれば水分を多く含むため

水をあまり飲まない猫にもぴったり。

 

おやつとしてそのまま与えたり

フードにトッピングすることもでき、

とても便利です。

 

その中でもおすすめなのが、

上記の”ネスレ”から販売されている

『ピューレキッス 

つぶつぶいちご入りささみピューレ』です。

 

こちらは猫用に作られた、

いちごを含んだおやつの商品。

 

ささみが入っているため、

初めて猫にいちごを食べさせるときに

おすすめなおやつです。

 

容器からそのまま猫に

なめさせるように与えることもでき、

猫とのスキンシップが取れることも特徴ですね。

 

 

猫におすすめないちご2

続いて紹介するのが、

いちごの”あまおう”です。

 

いちごといえばいくつかの種類がありますが、

その中でも”あまおう”は代表格の品種ですよね。

 

”あまおう”のいちごは粒が大きいことが特徴で、

大きいものだと一粒50gを超すものもあるのだそう。

 

大きいいちごのため他の種類と比べれば

カロリーは多くなりがち。

 

しかし”あまおう”は

糖度が低めのいちごであるため、

実は甘味を感じない猫には

もってこいのいちごなんですよ

 

”あまおう”は糖度が低めながらも

酸味もあまりないことから、

人間が食べるとしっかり甘みを

感じることができます。

 

ぜひ、飼い主さんと猫が

仲良く一緒に食べてもらいたいですね。

 

 

猫におすすめないちご3

最後にご紹介するのが、

いちごの苗です。

 

いちごの苗は

初心者でも育てやすいことから

気軽にできる家庭菜園として

人気があるんですよ。

 

いちごを苗から育てて、

愛情込めて育ったいちごを

猫に食べさせるのも良いのではないでしょうか?

 

自家栽培なら農薬などを使用していない、

安心安全ないちごを用意することもできますね。

 

いちごの苗は

品種ごとにさまざまですから、

気に入ったいちごを

ぜひ苗から育ててみてくださいね。

 

 

猫にいちごを食べさせるおすすめレシピは?

いちごをそのままおやつにするのも良いのですが

ぜひ試してもらいたいのが、アレンジレシピ。

 

ここでは、猫にも食べさせられる

おすすめないちごレシピをご紹介します。

 

いちごスムージー

 

◎材料

・いちご 1粒

・ 猫用ミルク or 豆乳 50cc

①あらかじめいちごのヘタはとっておき、

よく洗います。

 

②材料を全てミキサーにかけます。

 

③いちごの粒が無くなったら、完成です。

 

こちらのいちごスムージーは

材料を混ぜ合わせるだけで

できることが魅力的ですね。

 

飼い主さんも一緒に楽しみたい場合は

更に砂糖などを加えると良いでしょう。

 

このレシピでは豆乳もおすすめなのですが、

猫によっては豆乳を好きでない場合もあるので、

注意してください

 

 

いちごヨーグルト

 

◎材料

いちご 1粒

無糖ヨーグルト 15g

①まずはいちごのヘタを取っておき、

よく洗いましょう。

 

②続いていちごを猫が

食べやすいサイズに切ります。

 

③カットしたいちごと

ヨーグルトを混ぜ合わせれば、完成です。

 

このレシピで使用するヨーグルトは、

絶対に無糖タイプのものを使用してください。

 

加糖タイプのものは、

猫が糖質を多く摂りすぎてしまう

原因にもなります。

 

また、ヨーグルトは

低脂肪タイプのものがおすすめ。

 

ヨーグルトには乳酸菌が含まれますから

いちごの食物繊維とともに

猫の腸内環境を整えてくれますよ。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

さて、今回は猫にいちごを与えても良いのか、

また与える際の注意点などについて

触れていきました。

 

猫といちご、といえばどちらも

可愛いものの代表格ですよね。

 

いちごには猫によい成分も含まれるため

猫といちごはとても良い組み合わせなんです。

 

しかし一方で、

いちごには猫に有害な『キシリトール』

微量ながら含まれることから、

食べすぎには注意が必要です。

 

栄養満点でおまけに低カロリーな

いちごをおやつとして与え、

飼っている猫を

健康に長生きさせてあげて下さいね!

 

以上、『猫にいちごを食べさせるのは大丈夫?注意点や効果、おすすめなレシピも!』の記事でした!