“とうもろこし”は、

食卓でもよく見かける食材ですよね。

 

甘みがあり美味しいとうもろこしですが、

家族の一員であるペットの猫が

食べても問題ないのでしょうか?

 

そこで今回は、猫にとうもろこしを

与えても良いのかどうか?

また、とうもろこしを猫に与えるメリットや

注意点などを詳しくご紹介していきます。

 

猫にとうもろこしを食べさせるのは大丈夫なの?

 

そもそも、猫はとうもろこしを

食べても問題ないのでしょうか?

 

とうもろこしには、

猫の体に害となる成分は含まれていません。

 

よって、猫はとうもろこしを食べても

大丈夫ということになります。

 

しかし、猫は肉食性の生き物ですから、

とうもろこしを含む植物の消化は

得意ではないということは、

覚えておいてくださいね。

 

 

 

とうもろこしの栄養素は?

とうもろこしには猫の健康に良い成分が

たくさん含まれています。

 

続いて、とうもろこしの栄養素をそれぞれ

見ていきましょう。

 

炭水化物

とうもろこしに含まれる炭水化物』は、

動物のエネルギー源となる栄養素です。

 

動物はこの炭水化物に含まれる糖質が

不足してしまうと、

疲れやすくなるなどの症状を招きます。

 

 

食物繊維

続いて紹介するのが、

とうもろこしに含まれる『食物繊維』

 

主に野菜などに含まれており、

摂取すると整腸効果が期待できます。

 

腸内環境を改善してくれるので、

下痢や便秘の猫に良いでしょう。

 

また、腸内環境を改善するという点から、

猫の腸に詰まった毛玉の排出を

助ける働きもありますよ。

 

 

ビタミンB1

こちらの『ビタミンB1』

上で紹介した炭水化物の消化を助けます。

 

そのため、疲労回復に効果があります。

 

それ以外にも皮膚の状態を整えたり、

さまざまな面で体をサポートしてくれますよ。

 

ビタミンB1が足りないと

『ビタミンB欠乏症』に陥ることもあり、

最悪の場合死んでしまうこともあります。

 

 

ビタミンB6

続いてのとうもろこしに含まれる成分、

『ビタミンB6』は、タンパク質を

アミノ酸へと変える役割を持ちます。

 

ビタミンB6は、猫が正常に活動するために

欠かせない栄養素で、足りなくなると

食欲不振や皮膚炎につながることも。

 

 

カリウム

次に紹介するのが、

とうもろこしに含まれる『カリウム』です。

 

カリウムは、猫に不足してしまいがちな

栄養素の一つで、不要なナトリウム(塩分)を

排出する役割を持ちます。

 

 

マグネシウム

最後に紹介するのが、

この『マグネシウム』です。

 

マグネシウムは骨を構成する成分であるため、

健康を保つために欠かすことができません。

 

ただし、摂取し過ぎると

尿路結石の原因にもなります。

 

 

 

猫にとうもろこしを食べさせるとどんな効果があるの?

では、猫がとうもろこしを食べると、

具体的にどのような効果があるのでしょうか?

 

ここでは、猫がとうもろこしを食べると得られる

良い効果を三つご紹介していきます。

 

猫にとうもろこしを食べさせると炭水化物を摂取することができるおやつになる!

 

とうもろこしには糖質が含まれているため、

炭水化物(糖質)を効率よく

摂取できるおやつになります。

 

猫は基本的に肉食性の動物です。

 

肉はたんぱく質で構成されていますが、

猫が炭水化物を必要としない

生き物であるわけではありません。

 

市販のキャットフードを与えている場合、

フードに炭水化物が含まれているため

問題ありません。

 

しかしそうでない場合、

とうもろこしで炭水化物を

摂取することができますね。

 

ただし主食とするのではなく、

おやつとして少量与えることが望ましいでしょう。

 

また、必ずしも全ての猫が

とうもろこしを食べる訳でもありません。

 

猫が食べたがった場合にだけ、

おやつにすると良いですよ。

 

 

猫にとうもろこしを食べさせると腸内環境が良くなる!

 

とうもろこしは野菜であるため、

食物繊維が含まれています。

 

そして食物繊維には、腸内環境を整えて

下痢や便秘を改善してくれる効果があります。

 

その理由は、食物繊維は腸内で膨らみ、

便の量を増やしてくれるから。

 

日頃のお通じに問題のある猫には、

とうもろこしを与えると

改善するかもしれませんね。

 

 

猫にとうもろこしを食べさせると毛球症予防になる!

 

とうもろこしに含まれる食物繊維は、

下痢などを改善すると同時に

毛球症予防にも良いんですよ。

 

猫は綺麗好きな生き物ですから、

よく毛づくろいをしますよね。

 

特に毛の長い猫の場合、

毛づくろいの時に毛を飲み込んでしまい、

それがお腹の中に溜まってしまうことがあります。

 

先ほどお伝えしたように、

とうもろこしに含まれる食物繊維には、

腸内環境を整え便通を良くする作用があります。

 

猫の場合、お腹に溜まった毛玉は

便と共に排出されることも多いため、

食物繊維を摂ることで

毛球症を予防することができますよ。

 

猫にとうもろこしを食べさせる時に注意することは?

実は、猫にとうもろこしを食べさせる際は

注意してほしいことがいくつかあります。

 

ここでは、猫にとうもろこしを与える際の

注意点をご紹介していきますね。

 

猫にとうもろこしを食べさせる時は薄皮は取り除く!

 

とうもろこしの粒には薄皮がついていますが、

猫に与えるときはその薄皮はとってあげましょう。

 

とうもろこしの薄皮自体に

害がある訳ではありませんが、

薄皮が猫の喉に詰まってしまう、

などのトラブルが考えられます。

 

また、薄皮は実よりも堅く

消化しにくいことから、

猫にとって良い食材ではないのです。

 

猫にとうもろこしを与える時は、

少々手間ですが薄皮を剥いてから与えましょう。

 

 

猫にとうもろこしを食べさせる時は調味料を加えない!

 

猫にとうもろこしを食べさせるときは

塩などの調味料は加えないようにしましょう。

 

実はとうもろこしは

もともと塩分が多く含まれる食べ物。

 

人間は茹であがったとうもろこしに

塩をかけて食べることが多いですが、

猫にそれはNGです。

 

猫は人間よりも体が小さいため、

当然必要な塩分量も異なります。

 

人間にはちょうど良い塩気も、

猫にとっては命の危険となってしまうことも。

 

猫が塩分を摂り過ぎると、

腎臓にとても負担がかかってしまいます。

 

猫にとうもろこしを与える時は、

塩分を加えず茹でたまま与えましょう。

 

そのため、人間用に用意した

とうもろこしを猫にあげるというのも

避けた方が良いですね。

 

 

猫にとうもろこしを食べさせる時は量に注意!

 

猫にとうもろこしを食べさせるときは

一度にたくさんの量を

与えないようにしましょう。

 

お伝えしましたように、

猫は食物繊維の消化が得意ではありません。

 

とうもろこしにも食物繊維は含まれており、

とうもろこしは猫にとって

消化しずらい食べ物なんですよ。

 

猫がとうもろこしを食べ過ぎると

胃腸に負担がかかってしまいます。

 

とうもろこしの粒が

そのまま便に混ざってしまうことも。

 

猫にとってとうもろこしは、

本来食べるべきものではないことを

把握しておいてください。

 

 

 

猫にとうもろこしを食べさせる目安の量は?

では猫に与えても良いとうもろこしの量は

どのくらいなのでしょうか?

 

もちろん猫の大きさや

歳によっても変わりますが、

多くても数粒程度にとどめておくと

良いでしょう。

 

子猫や高齢猫は特に消化器官が弱いですから、

とうもろこしは与えない方が良いですね。

 

 

 

猫におすすめなとうもろこしは?

続いて、猫に与えると良い

おすすめなとうもろこしをご紹介します。

 

猫におすすめなとうもろこし1

まずはじめに紹介するのが、

レトルトとうもろこしです。

 

もちろん人間も食べることができ、

温めるだけで調理終了なレトルト食品。

 

レトルトならではのお手軽さが

嬉しい商品です。

 

レトルトのとうもろこしを

猫に食べさせることで、

これまで紹介したような、

さまざまな効果を期待できますよ。

 

スイートコーンのレトルトを

数粒だけ猫に与え、

残りは飼い主さんが塩を振って食べる、

ということもできるでしょう。

 

 

猫におすすめなとうもろこし2

続いてご紹介するのが

焼きとうもろこしの商品です。

 

無添加・無着色、なので安心して

猫のおやつとして食べさせる事ができます。

 

袋を開けると、あの独特な、とうもろこしの

香りが広がり、猫ちゃんの食欲をそそりますょ。

 

食感は、ポン菓子を作る機会で製造されているので

想像しやすいと思いますが、柔らかくてサクサク

してます。

 

甘いとうもろこしの素材そのものなので

安心ですね。

 

猫にとうもろこしのおやつを与えたい方は、

ぜひこの商品をチェックしてみてください。

 

 

猫におすすめなとうもろこし3

最後に紹介するのが、

とうもろこしの種です

 

もちろん種を猫に与えるのではなく、

種からとうもろこしを育て、

自家製のものを猫のおやつにできます。

 

市販されている

とうもろこしも良いのですが、

可愛い猫には安心安全な

とうもろこしを与えたいですよね。

 

自宅で育てたとうもろこしであれば、

農薬などを使用せずに安全なおやつを

猫に用意することが可能ですよ。

 

特におすすめなのが、

“e-たねや”から販売されている

『野菜の種 ピュアホワイト』です。

 

この種からできるとうもろこしは

実が柔らかいため、

猫も食べやすいのがポイント。

 

甘いとうもろこしであることから、

人間にとっても

美味しいおやつになりますよ。

 

200粒ものとうもろこしの種が

入っているため、

たくさんのとうもろこしを

収穫できるでしょう。

 

家庭菜園が好きな方にもおすすめですよ。

 

 

猫にとうもろこしを食べさせるおすすめレシピは?

ここまで猫にスイカを与えるメリットと、

注意点について見ていきました。

 

それでは最後に、

簡単に作れるとうもろこしのレシピを

見ていきましょう。

 

猫だけでなく、味を調えれば飼い主さんも

一緒に食べることができますよ。

 

茹でとうもろこし

◎材料

・とうもろこし 一本

・お湯 鍋一杯分

①まずはとうもろこしの下処理として

はじめにとうもろこしの皮を

少しだけ(1、2枚)剥きましょう。

 

②続いてとうもろこしの

茎部分をカットします。

(これで下処理は終了)

 

③次にお湯を沸かします。

 

水量は、とうもろこしが

ちょうど浸るくらいが良いでしょう。

 

④お湯が沸いてから、

下処理を終えたとうもろこしを投入します。

 

⑤そのままとうもろこしを

10分ほど茹でていきます。

 

⑥時間が経ったらとうもろこしをあげ、

皮を剥いたら完成です。

 

茹でとうもろこしは

非常にシンプルな調理法ですが、

あえて皮を残して茹でることで、

仕上がりがみずみずしくなりますよ。

 

猫に与えた後は、

味付けをして飼い主さんのおやつになりますね。

 

 

冷製コーンスープ

◎材料

・とうもろこし(粒) 60g

・猫用ミルク 100g

①まず、とうもろこしを茹でておきます。

※今回は茹で上がったとうもろこしの

60g分の粒を使用します。

 

② とうもろこしと猫用ミルクを合わせ、

フードプロセッサーなどで

ピューレ状にしていきます。

 

③とうもろこしの粒がなくなったら完成です。

 

このレシピでの注意点は、

使用するミルクは猫用のものにすること。

 

普通の牛乳だと、

猫がお腹を壊してしまう恐れがあるためです。

 

また、子猫用のミルクではなく

成猫用のものがおすすめで、

粉末状ではなく液体タイプのミルクを

使用すると良いでしょう。

 

簡単に作れて水分補給にもなる、

夏におすすめなとうもろこしレシピでした。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

 

いかがでしたでしょうか?

 

猫はとうもろこしを

食べることができますが、

与えすぎはよくありません。

 

おやつとして時々与えるくらいが

ちょうど良いですね。

 

今回は猫におすすめなとうもろこしレシピも

ご紹介していきましたので、

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

以上、『猫にとうもろこしを食べさせるのは大丈夫?注意点や効果、おすすめなレシピも!』の記事でした!